1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

21年卒。全く違う畑から、システムエンジニアになります!

今年プロシードに内定をもらって来年入社が決まっている熊谷遥さん。大学では広報の勉強をしていた熊谷さんがどういった経緯でプロシードに入ることになったのかインタビューしてきました!


ー内定おめでとうございます!早速ですが、プロシードに入る決め手になったのはどういうところでしたか?


プロシードに入るきっかけになったのはプロシードが開催していたミートアップに参加したことでした!ミートアップでは会社の説明も聞けましたが、会社の代表も含め社員さん達にお逢いして実際の働いてる現場のお話を聞くことが出来ました。そこでは社員さん同士の仲の良さが伝わってきて上司とか後輩とか関係なく和気藹々とした雰囲気が自分に合うと思い就職を決める大きなきっかけになりました。

実は中学・高校生のときに、演劇部に所属し、役者と舞台スタッフの両方を経験したことがあり、その時に自分で何かを表現し、形のあるものを、チームで作り上げる楽しさを学びました。

なので、就職先は「 人 」重視で、チームで何かを作り上げることが出来る会社にしようと決めてました。


ー大学ではどんな勉強をしていたんですか?

大学では、広報という面で、表現力を磨きたいと思い、広報系の学科に入学しました。1年間ほどプロジェクトでテレビ番組制作を行い、カメラの扱い方、編集技術を学びました。授業では、地域に密着した広報や広告のノウハウを知り、CM制作という授業では、チームで1つの公共広告のCMを作り、広告で何を伝えたいかが重要であることを学びました。

ですが、一年くらいテレビ番組を作る勉強をしていて撮影はみんなでやるけど、その他の作業は一人作業が多く実際は一人で編集したり事務的な業務が多く、ちょっと違うなと思う部分もあり自分がやりたい仕事とはちょっと違うなぁと思っていました。


ーそこから、何故エンジニアになろうと思ったんですか?


大学の友達にエンジニア系の学科・学部の友達が多かったのと専門卒の子は既にエンジニアとして活躍している子もいたのでよく話を聞いていました。またミートアップの時にもチームで一つのプロジェクトを作っていくというお話も聞いていたので、自分の理想に近いなと思いました。あと、全く新しいことに挑戦してみたいという気持ちもありました。既にエンジニアになっている友達には困ったら相談させてもらえるので心強いです。(笑)


ー大学時代はバイトなどされていましたか?

はい、焼肉屋さんで大学1年の10月からバイトしています。今はバイトリーダーみたいな感じでホールとキッチン両方を担当しています。アルバイトを始めた時はわからなかったんですが、慣れてくると飲み放題のお客さんや宴会のお客さんなど状況によってお客さんの求めていることを把握するなど、連携を取りながらやっていくことの大事さがわかるようになってきました。バイトでもチームワークが重要とされているので、コミュニケーションを取りながらどうしたら効率よく動けるのか?考えて行動していました。

ー趣味はありますか?


趣味は、オシャレをすることです。毎日自分が一番輝きたいと思いながら、服を選んだり、新しいコスメを探したり、メイクしたり、髪をセットしたりしています。オシャレは、自分をキラキラさせたり、綺麗になることで、自分に自信を持つことのできる、魔法のようなものです。

趣味とは違いますが、その他にも大学時代は、ボランティアにも参加しました。生活保護受給世帯の子供を対象に、学習支援と居場所づくりを内容とするボランティアです。子供たちのいい居場所になればいいと思いながら、毎週参加しています。


ーこの先やってみたいことはありますか?

笑顔や感動あふれる街づくりを、チーム一丸となってやりたいと考えています。「誰かのために」頑張ることが大好きで、誰かが笑顔になったり、感動したりすることが、自分のやりがいにも繋がり、この人のために頑張って良かったと思えます。初心者ですがエンジニアとしてものづくりを楽しみながら頑張りたいです!他の人と共有しながら作っていく過程が楽しそうだなと思います。

プログラミングのプロになれるようにいっぱい努力したいと思ってます。資格も取って仕事に活かせたらいいなと思っています。

それと、IT業界の人材不足で業界的にも女の人は少ないと聞いているので、女の人のプログラマーとして格好良くやっていけたらなと思っています。

株式会社プロシードでは一緒に働く仲間を募集しています
14 いいね!
14 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう