1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

福間(転職回数50回)、鎌倉のIT企業で働きます!

IT×ソフトウェア開発、中小企業コンサルなど、創立30年目の株式会社プロシード(以下、プロシード)。そんなプロシードに2020年4月に中途入社した福間さんは、プロシード初となる人事採用部専任のメンバーだ。これまで社内では人事採用の仕事は他部署の社員が兼任業務として行っており、人事採用に力を入れていく今年に新しい挑戦を始める。人事担当者からは、学生インターン募集のつもりが中途採用からの応募だった為、普段ならば面接しないはずだったと言われた彼女。プロシードにジョインするきっかけとなったのは!?


多くの職種を経験されたという福間さん。

ーー今回広報・採用の仕事を始めたきっかけはなんですか?

これまで仕事に関しては一つやっては次の職種と、模索している時期が長くて、新しいことに目が行きがちでした。そろそろ自分のこれまで経験してきたことを積み上げていける形にしていきたいなと思い、これまで自分が得意で好きだったことはなんだろうと考えていました。

ーープロシードに入社されるまでは何をされていたんですか?

プロシードに就職する前はカフェバーの店長を、その前はグラフィックデザイナー、起業コンサルの営業代行、FacebookでのSNS集客、 ゆるキャラの横で踊るお姉さん、ラジオのパーソナリティー、ホテルマンなど様々な仕事をしてきました。Facebookでの集客では一時的にですが、それなりに成果も出てFacebook投稿が日課の時期もありました。






一見全然繋がりがないように見える職種。

ーーどんなふうに仕事は決めてきたんですか?

本当に自分に向いていること、やるべきことを考えてトライアンドエラーしてきました。

ゆるキャラの横で踊る司会業をやったときは、もう少し制作に携わりたいなと思い、次は取材・制作に携われるラジオのパーソナリティーを選んで、その次はもっと制作をしてみたい!と思い、グラフィックデザイナーに挑戦したりしていました。

あとは集中すると仕事をし過ぎてしまうので、睡眠時間や食事なども大切にしようと生活と仕事、バランスよく働ける仕事を探していました。


自分の得意なことを認めてもらえない就職活動。

ーー福間さんのような経歴は企業によっては強みでもあり、弱みでもありますよね。

そうなんですよ。決して綺麗とは言えない履歴書で(笑)自分としては”経験”と捉えていることも企業からすると”一つの事が続けられない”と捉えられてしまうことも多く、自信を無くすこともありました。

広くたくさんのことが出来ることを評価してもらえた。

ーー株式会社プロシードを選んだきっかけはなんだったんですか?


11月の末にやっぱり生活も仕事も充実させたい!と神奈川に引っ越してから絶対に自分の力が発揮出来るところで絶対働きたい!と意気込んでいたので、なかなか就職も決められずにいました。何度もウォンデットリーは見ていましたが、その時はプロシードは採用・広報はまだ募集していなくて。思い出したようにウォンデットリーを開いた時にプロシードの記事を見て「湘南で私のやりたかった採用・広報の仕事がある!」そう思って思わず応募しました。よく見たら学生インターンの募集記事で。 「ああ、すでに応募してしまった。」と思ったんですけど(笑)。


他にも湘南に来てから面談は受けていたんですが、しっくり来なかったり、私みたいな経歴の人は採用しにくかったり。逆に、プロシードでは人事採用の専任の人を募集するのが初めてで、決められた仕事をやるより、自分で必要なことを考えられるという点で広く色んなことが出来ることを評価してもらいました。そういった意味でもここに来るべくして来たんだなぁという気持ちです。


即返事が来て、トントン拍子に。

ーーそこからどう今に繋がったんですか?

はい。学生インターンの募集にも関わらず、私のアクションに対してすぐにお返事頂けて、次の日に面談をすることになりました。元々はインターン募集とのことだったので心配もありつつ面談へ。人事の方は、はじめは面談の時点で断るつもりだったそうですが、Facebookのプロフィールや投稿をしていた内容も見て頂いていて、「面白そうな人だから逢ってみました!」と言われました。当日は役員の方も混じってアットホームで和気藹々とした雰囲気で迎えて頂きました。

自分のやりたいこと、働き方をしっかりと伝えられた。

ーー面談ではどんなことを話しましたか?

これまでたくさんの仕事をしてきた経験から、具体的にどういったところでプロシードと合致出来るのか?丁寧に聞いてもらいました。働き方についてもプライベートもしっかりと充実させて、仕事も頑張りたいということを伝えさせて頂きました。私のやってきたことを経験として見てくださったのがとても嬉しかったです。


ーー新しい部署が立ち上がったということですが、どういった仕事をされるんですか?

最終的に面接を受け、私が入社するのを機に人事部を本格的にスタートしました。もっと活性化した企業にしていくために会社のことを広く知ってもらえるよう、ネットも駆使し採用マーケティングをさせて頂くことになりました。

自分が仕事で悩んでいた分、寄り添える採用担当になりたい。

ーーこれからの意気込みを教えてください。

今回、プロシードに入社することが出来て、やりたいと思っていた仕事に挑戦する場を与えて頂き、年齢や経験は関係なくアクションしてみることが大事だな、と思いました。今回私が緊張して迎えた面接(笑)も、少しでも楽しんでもらえたり、会社のこと、面接に来られる方のことがお互いにより分かるように努力していきたいです。与えてもらった仕事で挑戦を忘れず、会社を盛り上げていく一員になっていきます。また、この記事を読んでいる方は就職や転職で悩んでいる人も多いかもしれません。私も転職経験者として気持ちがよくわかりますので(笑)まずはカジュアルに話を聞きに来てみてください(^_- )

株式会社プロシードでは一緒に働く仲間を募集しています
42 いいね!
42 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング