1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【社員インタビュー】良い人たちが損をしない世界をつくりたい。ビジョンに共感した僕がエンジニアとして示す”おてつたび愛”。

 おてつたびでは、現在、エンジニアを募集しています。

 二人目のエンジニアとして、日々ウェブサイトの開発に励む渡邉秀俊(わたなべ・ひでとし)さん。
 おてつたびのメンバーになりエンジニアへと転身した渡邉さんが淡々と仕事に打ち込む先に見ている、おてつたびに対する想いを伺いました。

ーこれまでの経歴を教えてください。

 現在はエンジニアとしてウェブサイトの開発を担当しています。前職はスマートフォンの部品などを扱うような半導体メーカーの開発職でしたが、本職の傍ら、趣味でアプリ開発もしていました。

 会社には技術系の職種で入って開発の部署に配属されたものの、カスタマーサポートや、お客さんのマーケティングなど、幅広い業務を担当していました。営業の人だけで技術系の話をすることは難しいので、そういうところのフォローなどですね。技術、営業の仕事、どちらもおもしろいなと思いながら働いていました。

 しかし、やることが多く、そのうちに働きすぎで体調を崩しかけてしまって......。思い切って会社を辞める決断をしました。
 それで、今後どうしていこうかなあと、色々考えたり迷ったりしていた時期に偶然、大学時代の共通の知り合いの結婚式で、代表取締役CEOの永岡里菜さん(以下・里菜さん)と再会しました。

 もともと里菜さんとは大学の同期で同じサークルに所属していたんですが、在学中からムードメーカーみたいな方でした。先頭に立ってぐいぐい引っ張っていくようなポジションではないけれど、里菜さんがいるだけで場が変わる、明るくなる雰囲気を持っていましたね。
 学部は違っていたし、僕が大学院まで進学して就職年もずれていたし、再会するまでは卒業後の話は特にしていなかったです。
 再会して、お互い、今はこんなことやっているんだと話したことをきっかけに、その後も何度かお話するようになりました。それで、ちょうどエンジニアを探しているというお話をもらったんです。


ーおてつたびに入社した理由を教えてください

 旅やサービス自体に興味があったという理由もあります。
 ただ、それよりも、これだけ言うとありきたりに聞こえてしまうかもしれませんが「ビジョンに共感した」というのがいちばん大きいかなと思います。

 以前務めていたのは大きめの企業だったので、色んな部署があって、本当に色んな人がいました。

 組織が大きいから、人によって、凄く懸命に働いている人もいれば、適当にやっている人もいたりして。そんな環境を見ていると、なんだか思うところがあったんですよね。何とかしたいと考えて頑張っているような人が報われなかったり損をするようではいけないな、頑張っている人や良い人が損してはいけないと強く感じるようになりました。

〈日本各地にある本当にいい人、いいもの、いい地域がしっかり評価される世界を創る。〉
 これがおてつたびの目指すビジョンです。

 良い人が損をしてはいけない。本当に良いもの、良い人は評価されるべき。

 自分の経験から”良い人を応援したい”という気持ちがあった僕にとって、おてつたびのビジョンには深く共感できるものがありました

 『おてつたび』は、「お手伝い」と「旅」のかけ合わせた新しい旅のかたちです。その魅力は、色んな方がおっしゃっていることかもしれないですけど、人と触れ合えるところだと思っています。おてつたびを使って地域に行くと、”お客さん”として行くときとは違って、その地域の人たちと一緒に仕事をします。

 普通に旅行でどこかに行っても”お客さん”と”お店の人”ってどうしても違う立場になってしまいます。でも、一緒に仕事をすれば違う関わり方ができる

 初めて知ったときは、「あったかいサービスだなあ」という印象でした。良いところを知ることができたり、地域の人手不足も解消出来たり、色んなことが一度に解決できると思いました。

 実際、僕も、静岡県の河津のホテルに4日ほど『おてつたび』しに行きました。聞いてはいたけど、お手伝い自体は体力もいるし、大変で......。でも凄く、いい経験になったなと思います。ウェブサイトを作りながら、最近の募集では温泉宿とか農業関係の『おてつたび』も素敵だなあと思って見ていますよ。


ーおてつたびの良いところはどんなところだと感じますか?

 エンジニアとしては新しい機能を出して、使いやすくしていくのが仕事です。その中で色々こうしたいな、という点が出てきたときも新しい提案に対してすぐに反応がもらえたり、皆で話し合いながらできるところがおてつたびの良いところです。

 アットホームでありつつ、やるところはちゃんとやる。皆、本当に全力なんです。それこそ働きすぎじゃないかと思うくらい本気なんです

 僕は前職からエンジニアだったわけではなく、趣味でウェブをつくっていたことが今につながっています。それこそ、お話をもらわなかったらやってなかったかもしれないですね。

 里菜さんからおてつたびの話を聞くなかでビジョンに共感し、そこに対して自分にもできることがあるというのがわかったのでエンジニアとして関わることになりました。でも、現場での実務経験があったと自信をもって言えないなという気持ちもあり、かなり迷いました。今でも、成果を出せているかな......と繰り返し自問しつつ、勉強しながらやっている感じかな。

 スタートアップという環境だと、タスクをもらっても、そのタスクの方向自体が変化していくことも日常的に起こりますし、色々なことを考えないといけない。そんなところもスタートアップの醍醐味ですね。

 おてつたびにジョインする前はフロント側しかやっていませんでした。でも最近は少しずつバックエンド側もやらせてもらえるようになってきました。勉強するのは大変ですけど、楽しいです。

 ......開発はやっぱり難しいです。たくさんの人が使うので、品質も考えていかないといけませんし。まだまだこうしたいなと思う部分もあるので、今後も勉強しながら、より良いものにしていこうと思っています。


ー未来の仲間に、メッセージをお願いします!

 目指す世界のビジョンに共感している仲間と走っていきたいです。トライアンドエラーへの柔軟な対応ができる方が向いているかなと思います。

 おてつたびには、なかなか言語化しづらいところもありますが、あったかくてほわほわした感じもありつつ、力強い情熱があると思います。地域を盛り上げていくぞ!......みたいな。

 僕は、学生時代、プログラミング系の勉強をしていました。
 パソコンは好きか嫌いかって言われたら好きでした。発電機とか、小さい部品とか、っていうよりはプログラミングかなーって。

 そうやって、これまでは何かと消去法で選んでいたかもしれません。
 でも、今回はおてつたびのビジョンに共感して関わることを決めました。今までと違って消去法ではありません。

 『おてつたび』は、旅に行きたいけどどうしようかな、って考えている人たちが行ってみてくれて、たくさんの人が使ってくれるようなサービスになったらいいと思っています。広がって、色んな人が使ってみたらいい。実際に一度地域に行ってみるとわかる感覚があるんですよね。

 そこに向けて今後も、僕はエンジニアとしてできることは貢献していきたいと考えています。

 おてつたびに関わっているメンバーは皆”おてつたび愛”がとても強いです。里菜さんみたいに、あんなにストレートに表現できるのは凄いなあと思いますけど......。

 僕も、成果で”おてつたび愛”を示せればいいなと思っています。

 おてつたびでエンジニアとして開発に携わることは、まさに、『おてつたび』で地域に行ってお手伝いをする時と一緒で、大変なこともある反面、良い人、素敵な人たちと働いて、色んなことを勉強して、ステップアップできる環境にいられるということでもあります。
 ビジョンに共感できる方は、きっと、楽しく働ける場所だと思います。

ー渡邉さん、ありがとうございました!
(インタビュー・執筆:田中沙季)

私たちはこれからも、引き続き地域とのご縁を紡げるサービスであり続けたいと思います。まだまだ、おてつたびの物語は序章です。これからおっきく壮大な世界を叶える為に、ぜひ一緒の船に乗ってくださると嬉しいです。ご連絡お待ちしています!

株式会社おてつたびでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう