This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

130社のベンチャー採用支援をして気づいたモヤモヤを解決すべく Potentialightが定めた「新ミッション」とは?

「ポテンシャライトは本質的なスタートアップ企業の支援、そして日本の成長の一躍を担えているのか?」

2019年1月頃でしょうか。ポテンシャライトを設立してちょうど2年ほど経過した頃、代表の山根は葛藤があったとのこと。

ポテンシャライトは2017年4月に設立をして、現在3年弱を迎える採用コンサルティング企業です。
設立当初からスタートアップ/ベンチャー企業の採用支援をしたい、というVisionをもとに事業を行なっています。

設立当初に立てたVisionはこちらをご参照ください。


申し遅れました。
私、Potentialightの採用広報担当の寶田です。いつもはお客様企業の採用支援/採用広報をしているのですが、今回は自社の採用広報の執筆をしております。




話を戻しまして、
山根は言います。

「ポテンシャライトの存在意義は、スタートアップ/ベンチャー企業を成長させることです。
これまで130社ほど支援をしたのですが、僕個人的には、自社の事業を考えさせられるある出来事が2018年末に起きたのです」

2018年末ということは私(寶田)は入社をしていないですね。山根さんの口からこの話を聞いたことはありませんでした(実際に聞いたのは2019年7月頃)。


山根は続けます。

「当時支援していた企業数は約25社ほど。そのうち3社の企業様がある1名の求職者に同時に内定を出したのです。その方はベンチャー志向でご経験も素晴らしく、どのベンチャーでも内定を獲得できそうな方でした。結果的にある1社様に入社決定したのですが、内定辞退となってしまっていた2社様はすごく落ち込んでいました。その方が入社をしたら会社も急成長ができていたかと思います。
「そこで感じたのです。その方はポテンシャライトがそのベンチャー企業を支援していても、していなくても、いずれかのベンチャー企業に入社をすることになったかと。
そして、内定辞退となった2社様はまた1から採用活動を再開しないとならない。もちろん、応募をすることになったキッカケはポテンシャライトが作れていることは確かです。ただ本質的にどうなんだろうと…。
つまり、ポテンシャライトがいてもいなくても、結果は変わっていなかったのではないか?現在行なっている採用コンサルティング/支援の存在意義を改めて見つめ直したほうが良いと。」



「少ないπ(ベンチャー志向の方々)を奪い合う採用活動になっている。これでは世界観を達成できない」

ポテンシャライトは常時40〜45社ほどの採用支援をしています。ほとんどが100名以下のベンチャー企業ですので、候補者様が並行応募することがあります。そうなると何が起きるのか。山根が話し続けます。

「少ないπ(ベンチャー志向の方々)を奪い合う採用活動になっているんですよね。
ポテンシャライトが “ベンチャー企業にスポットがあたる世の中を” というVisionを掲げて、ベンチャー支援をしているのですが、本質的に考えると、ベンチャー志向の方の人数を増やさなければ価値を感じることができないのではないか、と思い始めていました。」


IT業界において慢性的な人手不足であることと同じようなことが、ベンチャー企業の採用市場でも発生しているのです。ベンチャーにスポットが当たってはきていますが、日本はまだ大手志向文化が大きく残っています。

「アメリカでVCとして仕事をされている方とお話をする機会が何度かあったのですが、アメリカだと優秀な学生は皆スタートアップに入社をするか独立をするかのどちらかみたいです。
その次に人気なのはGoogleやFacebookのような大手企業。つまり、スタートアップに入社をすることが1st choiceなのです」
「皆さん、ご存知の通り、日本はGDPにおいて世界で第3位。アメリカと中国には大きく引き離されています。20年前のGDP Top20の国の中で、2019年現在最も成長率が低いのは日本です。
つまり日本は第二次産業で大きく成長をしたSonyさんやPanasonicさんなど大手製造メーカーが残してくれた遺産を食いつぶしてしまっているのです。
アメリカの就職/転職市場がスタートアップ志向になる中で、日本は変わっていない。このままで良いのか?と強く思っているのです」


確かに、本質的にスタートアップ/ベンチャー企業の採用支援をするためには、まず志望をするπを増やさないとならないと思います。ポテンシャライトは採用コンサルティング企業として何ができるのか?そしてどのような存在として世界観を構築していきたいのか?山根が話し始めました。

「そう考えたときに僕ができることとしては、
  - 成長産業/新たな産業にチャレンジをする企業にスポットを当てていきたい(toB)
  - ベンチャーが検討外だった方(求職者)にベンチャーの魅力を正確に伝えてたい(toC)

この2つだと思ったのです。toBだけだとポテンシャライトが目指している世界観を構築できないと思いましたし、toCにも取り組んでいかないとならない。そう思って明確に2つの事業を成り立たせることにしました」


※上の画像は2019年10月末に、山根から全メンバーに発表をした新Missionのスライド抜粋


2019年4月からスタートアップ/ベンチャー企業に特化したエージェント事業をスタートしており、Potentialightの思想が達成できるエージェント業の在り方を追うと同時に、「世の中にスタートアップ/ベンチャー志向の方を増やしたい」という想いを持って事業研鑽をしています。

「事業の数を1つ増やして、また今新規事業を1つ仕込んでいます。
2020年初くらいにはリリースできるかと思うのですが、ベンチャー企業の採用市場においては大いにインパクトを与えることができる事業です。合計3つの事業にて、Potentialightが達成していきたいMissionを整理したのです」



新しいMission:「Grow Up Ventures」

「約半年悩んだのですが、結果こちらのMissionになりました。
このMissionは僕を含めてメンバー6名でディスカッションを行い、決定しました。僕としてもモヤモヤしていた部分もあったのですが、メンバーから意見をもらい、確定をしていきました。」


ちなみに、私(寶田)もMisson決定の場にはいたのですが、貴重な機会でした。これからスタートアップ/ベンチャー企業のために仕事をしていくために、1つ指標ができたことはよかったと思っています。
ちなみに、山根さん、こちらの内容の解説もよろしくお願い致します。

「とにかく本質的にベンチャー企業の成長支援ができる存在としてありつづけたい。また求職者側の支援、先ほど申し上げた通り、ベンチャー志向の人数を増やすことで日本の成長にも寄与したい。
そして以前のVisionにあった ”人材業界の在り方を変えたい” この内容の意味合いも残したいと思っていたので2点目に記載をした内容も入れています。」


「こちらに記載がある通りですが、この3つですね。
メンバーと議論になったのは特に1点目。少し矛盾しているように聞こえてしまうかもしれませんが、スタートアップ/ベンチャー企業の採用支援を中心に行なっていきますが、ただ規模館/フェーズには拘りすぎないようにしました。
今もセブン銀行様やリンクアンドモチベーション様など大手企業様の採用支援をしておりますが、いずれも成長意欲がある、世の中に革新的なインパクトを残すことができる2社様です。そういった成長意欲がある/チャレンジ志向がある企業様には、是非お力になれればと思っております。」


今日は代表の山根にMissionについてお話をしてもらいました。
私(寶田)もポテンシャライトのメンバーとしてこのMission達成に向けて日々お客様に価値提供ができるように一生懸命…


「あの、このMissionを達成するために、Visionの話もしたいのですが、今からして良いですか?」


ということで、ポテンシャライトのVisionについの話に続きます。Visionについては下記をご覧ください!





<ポテンシャライトはMissionを共に達成するメンバーを募集しております!>

未経験歓迎!
ベンチャー企業の採用/人事の在り方 を変革していきませんか?
◆日本では稀?スタートアップ/ベンチャー企業向けの採用支援・転職支援に特化 ポテンシャライトは2017年3月の創業から、スタートアップ/ベンチャー企業向けに採用コンサルティングや採用支援を行なってきました。 さらに2019年4月のエージェント事業立ち上げに続き、現在は未リリースの新規サービスの企画開発を進めています。 (1)採用コンサルティング事業 シード期からシリーズA〜Cフェーズのベンチャーに特化し、採用コンサルティング/採用支援を行なっています。 経営課題から採用課題など課題のヒアリングからスタートし、採用計画立案・提案、採用手法選定、採用手法導入、実行、運用支援まで、一連に携わります。 (2)エージェント事業 スタートアップ/ベンチャー企業に特化したエージェント事業、また、また、スタートアップ/ベンチャーに興味がある求職者の方に向けたエージェント事業を行なっています。 これまで業界内でも成功を遂げた企業が非常に少ない、スタートアップ/ベンチャー企業領域に注力したチームを作っています。 また、日本のエージェント(人材紹介)において時に見受けられる、顧客最適でない非本質的なあり方に異を唱え、変革していきたいと考えています。 ※参考: ベンチャー特化のエージェントを開始する理由 | 100社のベンチャー採用支援をしたポテンシャライト https://amebaownd.potentialight.co/posts/6098770 (3)新規事業 第三の柱となる新規事業の企画開発を進めています。 採用市場において必要となるであろう事業(サービス)は日々変化しています。我々は採用の現場の最先端に常にいます。その中で、お客様の声や我々の現場感から生まれたサービスを開発中です。 ベンチャーの採用市場を牽引できる存在になれるよう、既存の枠組みや成功体験にとらわれず邁進し続けたいと考えています。 ◆顧客のニーズをすぐにサービス化!課題起点でサービスラインナップを拡充し続けています 採用支援の現場における課題や顧客ニーズ起点で、随時新規サービスラインナップを考案してきました。 - 採用ブランディング - エンジニア採用ブランディング - デザイナー採用ブランディング - 採用広報 - エンジニア採用広報 - スカウト1to1シート - TwitterなどSNS採用支援 - リファラル採用支援 - イベント企画運営支援 - 選考品質改善/選考官トレーニング - 入社者フォロー・オンボーディング支援 など など顧客のニーズに沿うことができない事は極力ないように、お客と一緒に思考をこらしながら新規サービスを随時生み出しております。 今後は「採用」のみならず、「人事領域全般」にも事業範囲を広げるつもりでおります。 参考: (前編)ポテンシャライト流 採用ブランディング手法を公開します! https://note.mu/potentialight/n/nee5f8f376e20 スタートアップ必見!戦略的採用広報に必要な『How』の部分、まとめました https://00m.in/eHHDN エンジニア以上に苦戦をする「UI/UXデザイナー採用」のブランディング構築を公開してみる https://amebaownd2.potentialight.co/posts/6657266 ◆ポテンシャライトを現す5つの数値 (1)130社 ポテンシャライトが採用支援に携わった企業数 (2)85% ポテンシャライトの累計採用支援社数のうち、社員数100名以内の企業比率 (3)70% ポテンシャライトの累計採用支援社数のうち、シード期/シリーズA,B,Cの企業比率 (4)250社 これまでお引き合いやお問い合わせをいただいた企業数 (5)200記事 ポテンシャライトが執筆したnote・ブログ・記事の総数 ◆取引企業例 株式会社プレイド、株式会社ヤプリ、Repro株式会社、株式会社エブリー、株式会社17 Media Japan、株式会社リブセンス、株式会社カケハシ、株式会社パネイル、株式会社BitStar、株式会社Cygames、株式会社bitFlyer、ユニファ株式会社、株式会社Gracia、Nature株式会社、株式会社Finatextホールディングス、株式会社助太刀、株式会社リンクアンドモチベーション、株式会社セブン銀行など多数
株式会社ポテンシャライト
株式会社ポテンシャライトでは一緒に働く仲間を募集しています
8 いいね!
8 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる