1
/
5

【2021年版】タイ就職/転職の最新事情(日本人現地採用の給料相場も公開)


これからタイ就職/転職を目指そうと考えている方が「ココは抑えておいた方がいいポイント」について、タイでの日本人紹介歴8年の人材紹介会社アデコタイランドの前田さんに話を聞きました。

これからタイ就職/転職を目指す方は、ぜひ最新の動向をキャッチしておきましょう!

                   今回インタビューした人

アデコタイランドの日本人部門マネージャー。タイでの日本人紹介1本で約8年間の経験を有し、アデコのグローバルアワードでも毎年表彰を受けるほどの実績を持つ。求職者一人一人に真正面から向き合うことをモットーとする。


  1. なぜタイ就職/転職は日本人に人気なの?
  2. タイで就職/転職したら、日本人現地採用の給料相場はどのくらい?
  3. 日本人がタイ就職/転職するなら、実際どんな仕事があるの?
  4. 実際タイで就職/転職できるの?(日本人現地採用の最新状況)

なぜタイ就職/転職は日本人に人気なの?

ー タイってずっと日本人に人気な国ですけど、これってなぜなんでしょうか?

前田:

現在タイ在住の日本人は7万5千人を超え、在留邦人数は世界で4位に位置しており、タイは長きにわたり日本人にとって住みやすい環境だといえます。(外務省:海外在留邦人数調査統計2019年版)

タイに住んでいる日本人と話をしていてる中で感じる理由は大きく二つあり、

一つ目は、文化/宗教の側面。

“微笑みの国” と言われる通り、おおらかでフレンドリーな国民性が最大の良さではないかと思います。外国人に対しても親切で、海外の文化にもオープンな国民性というのがあると思います。それに、ベースとしては親日国でもあり、日本に対しては良いイメージを持っている方が多いですね。

二つ目は、生活環境の良さ

近年のバンコクは、日本人が生活をしていく上で必要なインフラはほぼ整っていると言えます。生活に必要なものは基本何でもそろう、日本食含め食事のオプションも豊富。不便を感じるところは、交通渋滞と雨季の冠水といったところくらいではないかと思います。就職をする以前に、その国に住むわけですから、やはりこういった生活のしやすさをベースにタイを選ぶ人が多いのも頷けます。

ー なるほど。ちなみにタイに就職したい日本人ってどんな人が多いんですか?

前田:

シンプルに、「タイが好き、タイに住みたい」という方が多いですね。旅行などでタイに来たことがあり、国自体に魅力を感じている方が多いのではないかと感じます。

あとは、海外就職/海外キャリアの一歩目としてタイ就職を選ぶパターンも多いですよね。主に生活や文化面でのハードルの低いところもタイの魅力。漠然と海外で働きたい人が、まずは一歩目の起点をタイにし、海外キャリアを作っていくというのは良い選択だと思います。



タイで就職/転職したら、日本人現地採用の給料相場はどのくらい?

ー 海外で働く上で気になるのってやっぱり給与水準ですよね。ちゃんと生活していけるか不安な方は多いと思うんですよね。

前田:
日本からタイでの就職/転職となると、当然ながら給与というのは国の物価と比例するので、日本と比べると相場は落ちるのが一般的です。タイで日本人を雇用する際の最低給与額は5万バーツ(約18万円)というのが一般的です。

実際に見ていただくのがわかりやすいと思います。以下はアデコタイランドがまとめた日本人のサラリーガイド(2020年版)です。例えば営業や事務(バックオフィス)系のポジションだと、経験年数5年未満のスタッフレベルだとスタートは5〜6万バーツ(約18〜21万円)の求人が多く、そこに語学やプラスの経験やスキル、または会社の業態によって上乗せされていくイメージです。

続きは、こちら↓↓
https://asia-career-labo.com/thai-shushoku-trend/

          Adecco Thailand Japanese Division

私たちは、海外での就職を目指す日本人と
日本人の採用を考える企業のマッチングに専門特化した部門です。
タイにて情報を一元管理し、ワンストップでサービスを提供しております。
日本人のコンサルタントが対応させて頂きますので、
お気軽にお問い合わせください。

https://adeccojapanese.asia/

Adecco Recruitment Thailand Ltd.では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング