1
/
5

インターンの私がAdd-Flowの凄腕先輩社員に話を聞いてみた!!

インターンで週3日働いている私が(遠藤)Add-Flowでトップ営業として活躍している岡田さんに就活時代の話からAddFlowでの仕事の事をインタビューしてみました!


遠藤)AddFlowはWEB系の会社ですが、前職はどのような仕事をしていましたか?

岡田)前職は人材派遣の営業をやってました。Web業界は初めてでしたね。


遠藤)岡田さんはなぜWEB業界に入ろうと思ったんですか?

岡田)営業職で探していた時に、AddFlowを見つけスタートアップの会社というところで、チャレンジしたいというのもあったし、ITについて未経験でも大歓迎と書いてあったので応募してみようかなと。


遠藤)AddFlowの求人内容を見つけたときに業務はイメージつきましたか?

岡田)SNSのInstagramやYouTubeの記載があったので、実際に普段から使っているのでイメージは湧きやすかったですね!


遠藤)入社してみてどんな雰囲気の会社ですか?意見は通りやすいですか?

岡田)社風としては仕事終わりに懇親会や達成会があったり、上司や社長は役職関係なく社員の意見を取り入れてくれる環境だと思うのでそこは良い事だと思います!

※余談ですが、仕事中によく岡田さんの鼻歌が聞こえてきます。(笑)

遠藤)逆にどんなギャップがありましたか?

岡田)商材はInstagram広告でわかりやすかったんですけど、新規商材の提案営業が初めてだったので、大変でした。お客様のリストを作ったり、電話をかけてニーズをヒアリングしたり、商談獲得が想像よりも難しく、営業でも業務の幅が大きいなと思いました。


遠藤)業務の幅というのは具体的にどんなお仕事をされているんですか?

岡田)具体的には新規のお客様のリスト作成や訪問させてもらう為の架電、訪問して課題をヒアリングしながら提案営業をし、受注後は動画の作成から納品まで一貫してやるって感じですね。部下ができれば人材育成も業務内に入りますね。


遠藤)聞いただけで大変そうなんですが、できるんですか?(苦笑)

岡田)できます!(笑)もちろん自分自身の努力も必要ですが、先輩社員がコツやノウハウを教えてくれますし、商材もお客様に受け入れられやすいので受注ができる達成感等も比較的他の業種や商材に比べて早く味わえます。なのでもっと頑張ろう!って思えるんです!





遠藤)うー、想像つきませんが、、岡田さんぐらいに活躍するにはどのくらい時間がかかるんですか?

岡田)そうですね、初めて自分のアポイントで受注が出来たのが入社して2週間くらいだったかなと思います。ただ、前後で同行はしてもらっていたので完全な独り立ちは1カ月から2カ月の間でしたね。


遠藤)2週間、、すごい!でもそれってAddFlowでは普通なんですか?そもそもどんな意識や勉強、練習をしたらそんな早く仕事ができるようになるんですか?

岡田)平均的な期間だと3ヶ月かかるようですよ!私は早い方だと言われましたが、意識していた事は上司からの指示やアドバイスは2回言われないようにメモを取るなり復習するなり、自分で努力はしました。


遠藤)努力をするって簡単ではないと思うんですけど、モチベーションって大事ですか?

岡田)大事だと思います!私の場合は目標や、なりたい自分像がありました。 仕事でいうと目標を達成してインセンティブをもらって稼ぎたい!とか3か月連続で達成すると昇給できると聞いていたので最速で主任になりたいというところを目標にやっていました!オンオフの切り替えも大事にしてます!自分で稼いだお金で休日は存分に遊んでます!今後は入社してくれた方の成長・教育にコミットして仕事をしていくのをモチベーションにしていきたいですね!



遠藤)仕事ばっかり。というわけではないんですね!今度は岡田さんが上司になる番だと思いますが、どんな人と一緒に働きたいですか?

岡田)やっぱりまず目標がある人。稼ぎたいとか役職つきたいとかなんでもいいですけど、どうなりたいっていう目標がある人かな?

あとはスタートアップなので人が少ない分、一人一人が試行錯誤しながら大きくしていかなければならないので、積極的に行動できる人。具体的には、疑問点だったりとか、こうしたほうが良いとかあるんだったら積極的に発言してくれる方が来てくれるとうれしいですね。

遠藤)詳しくありがとうございます!もっと岡田さんの話を聞きたい方には是非会社に来てもらいましょう!本日はありがとうございました(^^)

岡田さんの仕事への姿勢等は是非参考にしたいですね!


先輩社員ファイル①

【岡田 優衣】

①入社月から毎月目標達成中!

②趣味は海で遊ぶ!

株式会社Add Flowでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう