1
/
5

ライフスタイルブランドLAKOLE /メンズMDとして活躍する先輩社員インタビュー

今回はLAKOLEでメンズMDとして活躍されている田中さんをインタビューしました!

田中 海渡(タナカ カイト)

■所属:LAKOLE営業部MDチーム
■出身地:東京都
■入社時期:2016年4月


今までのご経歴を教えてください。

新卒で百貨店向けの老舗アパレルメーカーに入社しました。
ジャケットやスーツをメインで取り扱うメンズブランドの営業を担当し、店舗の管理や、売上管理を2年半ほど行いました。のちにMDとして3年ほど勤務し、ちょうど転職を考えていたタイミングでLAKOLE立上げに向けたMDの求人をみて応募しました。

元々転職はアパレルに限らず広い視野で考えていたのですが、LAKOLEというブランドが新しくて、楽しそうだなと直感で思ったのと、面接官だった営業本部長のLAKOLEに対する熱意に惹かれて入社を決めました。前職は、新しいことにチャレンジするよりも顧客の方をどれだけ大切にするかという顧客ビジネスだったので、失敗を恐れず新しいブランドを立ち上げ、成功させる意気込みを持った環境にも魅力を感じました。また、チームメンバーがみなさん若い方が多いことも新鮮で、入社の決め手となりました。

スーツからカジュアルテイストのMDとなったことはどう感じましたか??

商材の他に、出店先が百貨店からSC(ショッピングセンター)に変わったので、価格帯や意識するマーケット、マスのお客さまに対するもの作りの視点に始めは抵抗感がありました。どんな商品がヒットするのかわからなかったので不安な気持ちもありましたが、ディレクターと相談しながら商品を作っていましたし、営業本部長に直接検討会で商品を見て頂いていたので、徐々に感覚をつかんでいきました。


現在の業務内容を教えてください。

■月曜日
前週の振り返りと今週の大枠の対策を部内全体で共有し、今週の戦い方を決めていきます。
売価変更をする商品を決めたり、VMDと店頭の打ち出し内容について相談し、部長に承認をもらいます。

■火曜日
社内のOTB会議があります。
毎週の売り上げで仕入れの適量が変動するので、売り上げ・仕入れ・在庫についての見通しと今後の仕入れ額について確認し、コントロールをしていきます。

■水曜日
デザイナーと前週の数字報告や、この先の企画に関する打ち合わせをし、夕方に控える検討会の準備をします。

検討会では、部長にサンプルをみせながら販売時期や仕入れ数等を伝え、商品化の承認をもらいます。検討に進む前に、戦略の共有を行うことで企画の方向性や販売戦略がズレてしまうことの無いように進めています。

■木曜日
定例会議がないので、商談や展示会周りをスケジュールしています。
展示会では商社・メーカーの方から製品サンプルや素材の提案をいただき、今後LAKOLEで展開する商品の方向性を定めていきます。

■金曜日
店舗巡回をメインで行っています。近隣店舗のららぽーとTOKYO-BAY、越谷レイクタウン、アリオ亀有、今年の5月にオープンした新店のミッテン府中に出向きます。店舗や、周りに並ぶブランドの状況をみながらマーケットリサーチをし、翌週の施策を考えていきます。

今までの経験の中で現在の業務に活きていることを教えてください。

前職で工場や生地メーカーと関わりがあったことが今の取引先企業との良い関係づくりに活きていると思います。商品がどのような工程を経て作られているのかを理解しているので、取引先企業の先にある工場や生地メーカーの動き方を想像しながら商談を進めることができています。

これから力をいれていきたいことは何ですか?

LAKOLEといえばこの商品!といわれるような、LAKOLEらしい定番商品を作ることが目標です。

チノパンやデニム等のボトム商品はいくつか定番商品が生まれてきているので、シャツやカットソーでも定番と呼ばれる商品を生み出したいです。

トレンドの商品を作ることももちろん大切ですが、リピートしたいと思える商品があることがお客さまのブランドへの安心感にもつながると考えています。

長く愛される商品を生み出すことは大変なので、定番を作ることはある意味チャレンジです。意図して定番を生みだすことにこだわっているわけではなく、売れたものが定番商品となることもあるので、一つ一つ丁寧にものづくりをしていきたいです。

チームや部署の雰囲気はどうですか?

みなさん明るく、和気あいあいとしています。雑談もあり、楽しい雰囲気で働けているなぁと日々感じています。他社から入社した方も多いので、いろんな話が飛び交いながらみんなでブランドを大きくしている実感があります。

僕は楽観的でプラス思考な性格なのですが部署の空気感にマッチしているなぁと感じていてとても働きやすいです。

アダストリア・LAKOLEで働き始めて感じたことを教えてください!

一番に感じるのはチャレンジすることを否定しないということです。
新しいことに抵抗がない企業文化なので、やりたいことを提案すると、ちゃんと議論して進めることができます。もちろん商品化しないこともありますが、 プラスの方向に向くことができるのでとてもいい環境だなと感じています。

未来の仲間へ一言!

前向きで物事をポジティブに考えられる方がMDに向いていると思います。売り上げが不調の時でもポジティブに次の施策を考えることが重要なので、マイナスを最小限に抑えるよりも、プラスを生み出していくことに意欲がある方と一緒に働きたいです。

もし応募することに悩まれているのであれば是非チャレンジしていただきたいなと思います! ご応募お待ちしております!

株式会社アダストリアでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう