1
/
5

足利デザイン・ビューティ専門学校様へ説明会に行って参りました!!!

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

ソーイングボックス採用担当です。

梅雨も明けて、最近館林は30℃を平気で超えてくる日々が続いております(^_^;)


本日は、館林の隣町(栃木県足利市)の

「足利デザイン・ビューティ専門学校」様

にお邪魔して、2021年度就職説明会を開催させて頂きました。


(足利市は、東武電車を使って特急で11分、各駅で18分のご近所様です。)


ファッション技術を学ばれている学生様向けの説明会でしたので、普段求職者対応をさせて頂いている黒岩・営業担当の菊地に加えて、パタンナーの倉上の計3名で訪問して参りました。

※パタンナー:デザイン画をもとに型紙(パターン)を起こす人


(学生様が少し早くお見えになったので、説明会本編の前に持参した弊社の商品を手に取って頂きました。)


コロナ禍で、オンラインでの学校説明会は開催させて頂いていたのですが、実際に学生の皆様と対面でお話する機会は中々御座いませんでしたので、弊社社員も少し緊張しておりました(笑)

普段営業職をしている菊地・黒岩は何かと人前で話す機会が多く、普段通りお話していたのですが、倉上は、普段社外の方々とお話する機会が多くないので、とても緊張したとのことです。


(大きな深呼吸をしてから、自分のパートに臨みました。)


学生の皆様も、メモを取りながら熱心に聞いて下さいました。

説明会が終わった後の質疑応答タイムでも積極的に質問頂き、学生の皆様に取っても有意義な時間となっていれば大変嬉しいです!


(こんなお洒落な教室で説明会を実施させて頂きました!流石デザイン・ビューティ専門学校様です。)


説明会後にも、担当教諭の方とお話させて頂いたのですが、

ファッション(縫製)の求人はよく頂くが、社員の平均年齢や採用担当として学生とやり取りする方々というのは、かなり歳上のケースが多い。

そんな中ソーイングボックス社は、若手の方が活躍されており、学生たちも社員と接しやすく、その点は非常に魅力的に感じた。

とありがたいお言葉も頂きました。


弊社の事業内容と学生様の専攻内容が合致している学校様は、近隣ではあまり多くはないので、1人でも2人でも弊社に興味を持って下さる学生様がいらっしゃれば、、、と思っております。

株式会社ソーイングボックスでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう