1
/
5

【Topic】我が社の「サ道バイザー」

開発エンジニアの仕事

株式会社obniz 創業者の佐藤雄紀と共に、共同創業者 兼 開発エンジニアとして第一線で活躍中している、木戸康平。木戸は、日頃から他のIT企業の方々やエンジニアたちと広く交流し、コンテストやハッカソンなどの各種イベントで『obniz』のテクニカル・サポーターや、作品の審査を依頼される機会がとても多いです。

例えば、業務の合間に時間を作りながら、木戸はこうしたことを行っています。

『Maker Faire Tokyo 2020』ベネッセ社のブースにて、優れた作品を制作した高校生たちへ企業賞を授与

ヒーローズ・リーグ 2021』応募予定者向けにテクニカル・サポーターたちが技術紹介も実施

このように開発業務以外でも引っ張りだこの木戸ですが、休日にはトレッキングやキャンプを楽しむごくごく健康的な青年です。しかし健康ぶりが行き過ぎたせいなのか、 ❝ 聞き逃せない資格 ❞ を持っていることが判明しました。

厚生労働省後援 サウナ・スパ健康アドバイザー

木戸の言葉を借りると「あなたはサウナの正しい知識をもってますよって言う資格です笑(各所サウナ施設の割引あり)」とのことでしたが、あいにく当方にはよく分かりませんでした。そこで、正式な情報を調べたうえで解説します。

なにをやっているのか
温浴施設の従業員やご利用者たちがサウナやスパに関する正しい知識を身に付け、従業員からお客様へのサービスの向上、またはサウナやスパを利用するご自身の健康増進に活用することを目指す。

なぜやるのか
サウナ・スパに関する正しい知識を身に付けて普及させるため。

どうやっているのか
公益社団法人 日本サウナ・スパ協会の 公式サイトに掲載されている手順 で学習後、所定の手続きで「サウナ・スパ健康アドバイザー」資格を取得。そこで得た知識に基づき、❝ お風呂やサウナで健康になる秘訣 ❞ を周りの方々へ啓蒙していくことが望まれる。また、授与された「特製ピンバッチ」を自慢する、協賛店で「資格証カード」をチラつかせ入浴料を割引させるなど、アドバイザーにしか許されないことも可能。

では、ここで、会員数1万人を超える日本最大級のモノづくりとIoTの コミュニティ「IoTLT」主催の勉強会での、木戸によるサウナ啓蒙活動をごらんください。(発表は、動画 1:42:00 あたりから視聴できます)

※2021年9月14日開催  IoTLTによる勉強会「IoTLT vol.79」IoTLT 公式YouTubeチャンネル         

ごらんになってみて、いかがでしたか。
開発エンジニアの思考はデスク上で完結しているわけでなく、生活や趣味からもヒントをあれこれ手に入れて開発や改良へ活かしています。

今回の木戸の発表を視聴しながら、
☑ 近場の銭湯やサウナ・健康ランドを思わず検索した方  ⇒この週末に心身をスッキリ整えましょう。
☑ 75度シャワーに心が動いた方  ⇒ご自宅のガス・水道設備と火災保険を確認してから頭をクールに。
☑ 他のアイデアや仕組みを思い描いてみた方  ⇒ただいま募集中の弊社の各求人へぜひエントリーを。
☑ 実は同じ資格を持っているエンジニアの方  ⇒弊社面接 または別の機会に木戸と「サ道トーク」を。

株式会社obnizでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう