1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「エンジニア社員インタビュー」成長できる環境での研究開発

皆さん、こんにちは!フィーチャの金です。

初の社員インタビュー記事を公開します!今回インタビューしたのは、開発部のTさんです。


Tさん、本日はよろしくお願いいたします。


ーーー前職でのお仕事は?

AI系の企業で働いてました。

主な仕事内容は、データ分析、予測AI の構築でした。


ーーー転職を決意した理由は?

主な理由は、会社の方針が自分に会わなかったためです。

私は先ほども申し上げたように、AIを使ったデータ分析をしていました。

しかし、AIでより正しい・正確なデータ分析を求めるより、どうすればお客さんにこの分析結果がすごいと思われるか、見せ方だけを気にしていると感じました。

こういう方針の元では、自分のやりたいことができない・自分の成長にも繋がらないと思い、転職を決意しました。


ーーーフィーチャに応募した理由&入社の決め手は?

応募した理由は、ディープラーニングを使った自社独自のAIシステム開発をしているところに興味を持ったからです。

入社の決め手は、CTOとの面接が大きかったです。CTOは名古屋大学大学院の博士課程を修了した後、理化学研究所や豊田中央研究所で物体認識に関する研究開発を長年している方です。

CTOと話しているうちに、自分が望んでいたAIの技術研究がフィーチャでなら叶えられると思い、入社を決めました。

入社した後もCTOと常にコミュニケーションが取れ、自分の成果に対するフィードバック・昇給もあり、満足して働いています。


ーーー現在の業務内容は?

当社は現在、自動車に搭載されるカメラやドライブレコーダー向けの画像認識ソフトウエア開発をメインの事業柱としています。

主にはこちらの2つのシステムを開発しています。

1.全方を走行する自動車・2輪車、歩行者を検知し、警告を出すなどより安全な運転を支援する「先進運転支援システム;ADAS」

2.車内を撮影するカメラで運転手の運転状態(居眠り・よそ見・電話など運転中の危険動作等)を検出し、事故を防ぐ「ドライバーモニタリングシステム;DMS」

開発部は、「アルゴリズム開発グループ」・「組み込み開発グループ」・「学習グループ」に分かれており、その中、私は「アルゴリズム開発グループ」に所属しています。

今は主にAIを使った画像処理システムの開発をしています。自動車・2輪車・歩行者の検知、ナンバープレート検知と識別など色々な研究開発をしています。


ーーー働いてみてのやりがいは?

色々な研究開発ができている点で満足しています。

この研究開発によって、自分の技術スキルもかなり成長したと思っています。


ーーー今後どんな人と一緒に働きたい?

やる気があり、色々なことを学びたい・研究したいと思っている人と一緒に働きたいです。

フィーチャ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう