1
/
5

【ダンサーからドラマーに転身!?】ジャンルを問わないセッションドラマーとして活躍中の神田リョウさんへ“キャリアシェアアプリ”『shabell』についてインタビュー!

普段はなかなか会うことのできない自分の憧れの人から自分にあったアドバイスをもらえる ”キャリアシェアアプリ”『shabell』。

shabellでは、タレントやスポーツ選手、弁護士やインフルエンサーなど、”その道のプロ”からユーザーの 気になっていることを直接聞くことができます。

今回はその”プロ”の中から、ダンサーからドラマーに転身され、最近ではNissy、相川七瀬、EXILE TAKAHIRO、ORANGERANGE等の全国ツアードラマーとして参加するなど、ジャンルを問わないセッションドラマーとして活躍中の神田リョウさんにインタビューさせていただきました。

自分の好きなことを仕事にするという目標を幼いころから目標として持ち続け、自分の好きなことと向き 合い続け、それを実際に叶え現在は好きな仕事にしている神田リョウさん。

ドラマーを目指すまでの経緯や、その時の心境、これからのキャリアについてたくさんお話していただき ました。

ドラマーを目指している方や、自信のキャリアについて悩んでいる方にも、ぜひ読んでいただきたい内容 です。

自分の好きなことを仕事にしたい

まず、学生時代神田さんどんな夢をお持ちでしたか?

ー「自分の好きなことを仕事にする」っていうのがあって、それを実現したいっていうのが夢という か目標でした。

その好きなことっていうのは当時は何だったんでしょうか?

ー僕がドラム始めたのが高校の時で、業界的に言うと比較的遅いほうかもしれないんですよ。例えばピアニストとかは幼少期からやっているイメージがあるじゃないですか。それで言うと始めた 時期は人より遅かったのかもって思いますね。

で、それまで小学校6年生からダンスやってたんですよ。中学に上がってもまだ続けていて、その間に芸能事務所に入ったりとかして。結構色んな所で、いろんな舞台に立って踊ってたっていう時期を過ごしたこともあって、なのでそういう世界になんとなくいて、それで半分プロみたいな状態でやってたんです。

もともと好きで始めたものだったりもして、仕事っていう概念もあんまりわかっていなかった年頃でもあるんですが、なんかその自分の好きなことを自分のライフワークにしていきたいというか、漠然とそういう自己実現についてはイメージしていた記憶がありますね。

ダンスをやられていたっていうことなんですが、そのままダンスを続けずにドラムに切り替えられ たのはなぜなのでしょうか。

ーそうですね。話がそれるんですけど小学校5年生のときにすごいハイパーヨーヨーって流行って たんですよ。一大ブームになっていて。それで僕が、小学校のときににハイパーヨーヨーのプロとして活動しようになったときに、ブーム が去ってしまったんですね。そうなると何が起こるかって言うと、大会を受けれる会場がどんどん少なくなっていくんですよ。

パフォーマーとして食っていくっていう意識は小学生ながらにしてちょっとあったので、そのときに初めて挫折というか、ムーブメントってこういうものなんだって知りました。時流に逆らえなくて、ヨーヨーは諦めてしまったんですけど、そこから新しい趣味みたいなものを見つけたいなって思って始めたのがダンスで。

ダンスをやっていくうちにオーディションを受けて、事務所に入って、舞台に立って活動していたんですが、中学3年生のときにちょうど受験期とかぶってしまったんですね。そして進学した高校が地元のダンスレッスン場から離れた場所にあったので、物理的に通えなくなってしまったんですね。
で、ダンスをやめざるを得ないなと思ってその事務所を抜けたんです。

このままダンスをやってて、いろんな活動に広げていければいいなって漠然と考えていた時期で もあったんですね。その時期にダンスの一流ってなんだろうって考えてもいて。 考えていく中で、今ほど情報もなく、テレビで入ってくる情報が一番分かりやすい情報だったので、 そのときにジャニーズってやっぱり一流だよなって考えてた時があって、その流れでTOKIOの松岡くんに憧れてたんです。TOKIOだからすごくバンド色が強くて。みんな踊らないけどかっこいいなってなったんです。 TOKIOを見ると、松岡くんがやってる楽器かっこいいって思うようになって、これドラムっていうん だって思うようになって。そこから憧れはずっと抱いてました。

そこからダンスをやめて、次になにか新しいこと探したいなーって思ってるときに、楽器を弾ける部活が高校にあるっていうのを聞いたんです。そこで、入部したのがジャズのビッグバンド部で、そこで初めてドラムを触る機会があって、そこからドラムを本格的にはじめました。

やりたいことを先に見つけて進むっていう学生だったので、ダンサーからドラマーに変わったきっかけはそこですかね。

憧れから入ったドラムですが、実際に叩いてみてドラムならではの面白さみたいなのは感じましたか?

ーもちろんありましたし、部活自体がジャズだったので、全然TOKIOがやってるものじゃなかったんですよ。これじゃないって思いつつ、これもドラムの一面なんだっていう落とし所で続けてたんです。高校生なりにコピーバンド組んだり文化祭やったりしてて、すごく楽しかったのを覚えていま す。好奇心が強くて、興味があるものに対してすごく貪欲で素直なタイプだったので、ハマったらとことんなんです。

そして、やればやるほどうまくなるからそれがシンプルに何やっても楽しいっていうゾーンに入っ てる感じがしました。

そのくらいの時期にはドラムをもっと極めて食べていけるようになりたいって思い始めてたんです か?

ー高校生だからある程度精神的にも大人になり始めて、将来的な話も家族だったり先生とする機 会が増えてきて、なんとかして食っていかなきゃいけないんだ。こういう意識を持たなきゃいけないんだっていう自覚を持ちはじめてました。

でも、通っていた高校が寮だったんですね。地元が兵庫だったんですが、大学進学のために千葉 の高校に行くことを決めて寮生活をしていたので、大学進学を真面目に考えていたが、ドラムに目覚めてしまったのでどうしようかと悩んでいたんです。ですが、最終的にはやりたいことを優先して音楽の専門学校に行くことを決めました。

その専門学校に行く学生は皆、学校を卒業したらプロになるって思ってたんですよ、プロになるもんだと思って専門学校に行くことを決めたと思うので。

でも実際蓋を開けてみるとプロになる人は少なくて、普通に就職したり、もう音楽やめるんだって いう子も多くて、いざ自分は専門学校を卒業して上京して、プロになるぞって意気込ん出たんで すが、後ろを見てみると誰も居なかったんです。

ほんとに目指されるのは一部の方だけってことなんですか?

ーそうですね。目指すは目指すけど厳しい世界なのももちろんあるので、志半ばにっていう子も 多いんだと思います。

プロかプロじゃないかっていう、アーティストでの線引きってなんなんですか?

ーすごい難しいんですけど、線引きは資格業じゃないので人それぞれで良くて、 自分で設定するしか無いんです。なのでドラムを初めて3日目だけど「今日から俺はプロだ」って 言ったらプロなんです。なので線引きって難しくてあるようでないんです。アマチュアの延長線から少しずつ経験と仕事に必要なスキルを身に着けて、気づいたらプロになっているっていうのが実際のところだと思っていて。

なので自分で設定することは可能なんです。お金を取り始めたらそこからがプロだって。でも、結局仕事として成立しなかったら実態がない感じになってしまうので、僕の中で線引きって言うとす ごく難しいんですけど、周りがプロとして扱うようになります。笑

この人はプロだからギャラをこれだけ払います。とかプロとして仕事に呼ばれるようになるので、 アマチュアとして扱われなくなる。立ち居振る舞いからだんだんプロになっていくんです。今だとSNSもあるので見え方はある程度プロデュースできるとは思うんですが、周りがプロとして扱うようになってからがプロというすごく曖昧なラインではあります。

夢は漠然としていたほうが追いかけやすいのかな

周りの人に評価されてから自分が成り立つという職業になるってことですね。 夢を抱いていた学生時代の頃の自分と、いざ叶えられて仕事をしているときの自分を比べてギャップはあったんでしょうか。

ー基本的に好きなことを仕事にするっていうのが自分の夢だったので、ギャップで言うと曲がりなりにも自分の好きなことで食っていく、プロになるっていう夢を叶えたときに目標を見失ったんです。次僕はどこに向かえばいいんだ?って。
だから入り口を夢として設定してしまうと、そこから先の目標がぼんやりしてきちゃうんですよね。 なので夢は漠然としてたほうが追いかけやすいのかなと思います。

「一流のプロドラマーになる!」っていう漠然とした夢を持っていれば、プロになった後でも、一流とはっていうことについて模索し続けるじゃないですか、だから、どうやったら叶えられるのかがわからない目標のほうが、燃え尽きることなく進み続けられるんじゃないかなと思います。はっきりしたビジョンを見たほうが追いかけやすいよということもあると思うんですが、追いかけられないはず無いんです。絶対俺はこの道で行くんだという人は、わりと適当な目標を立てておいたほうが 虚無感に襲われずに済むので、いいと思います。

夢をはっきり何日までになにをするっていう細かいゴールを定めている人も居ますし、逆に大きい 漠然とした物に向かって進んでいったらいいんだっていう人もいると思いますし、ここはほんとに 両極端だなと思いますよね。今夢を叶えられて、虚無感を覚えられて、次何していこうってなって しまったと仰ってましたが、そこからの道筋は見つかっている状態なんでしょうか?

ー正直言うと漠然としてて、ドラムだけで仕事ができてる、っていうステージにたってから何年も立つんですけど、やっぱりその売上がどうとか、数字がどうとかが見える世界じゃないので数値化するのがすごく難しいんですよ。仕事的には何パターンかあって、「自分のバンドがデビューしてそれがめっちゃ売れました。」みたいな、そこのバンドに所属しているドラマーですっていう立ち位置もあれば、僕みたいに特定のバンドは持ってないけど色んなアーティストのバックでサポートドラマーとして参加するっていうパターンもあるんです。レコーディングに参加したりとか、外部のアーティストのサポートっていう形で自分が行くっていうスタイルで。

自分のバンドを持っていると、オリコン何位だとか、ビルボード何位を目指そうとか具体的な数字が見えやすかったりするんですけど、僕らの仕事って大工さんみたいな感じなので、アーティストがいて曲ができて、アレンジャーさんがいて、その次に音を出す僕たちがいるんです。だからこんな家が建てたいなっていうアーティストがいて。じゃあこんな風にしましょうかっていうプランニングを建てるアレンジャーさんがいて、図面を引いてくれて。その図面を元に僕らが実際に音を出して 演奏するっていうスキームなんですよね。
なので大工さんって何を目標にするかって難しいと思うんです。僕らも職人なので、そういう側面が強くて。

だから僕らの目標は誰よりも良い作品を残すっていうことだったりするんです。僕は自分の作品を作りたいっていう欲求よりも、誰かの夢を叶えたい欲求のほうが強いんです。誰かのビジョンに 対して誰よりもかっこいいドラムを入れたい。そのお手伝いがしたいっていう気持ちが、すごく強くて。それは曲でもそうだし、ライブのサポートでもそうなんですけど、ライブに対して誰よりも一番良いドラマーで居たいんです。

だから自分が関わったアーティスト全員売れてくれって思うし、その人が叶えたいビジョンに現実がついてったらいいなって思うんですよね。

誰かの夢のお手伝いが実際に自分の自己実現になってたりもするんです。なので、次のビジョンっていう話でいうと、海外のアーティストと仕事をするっていう経験がまだあまりないので、来日公演でサポートするとかはあったんですが、海外に行って海外の人と、っていうのが自分の経験としてまだないので、とにかく世界中の良いプレーヤーと良いセッションをするっていうのが次の目標かもしれないですね。

誰かの夢を叶えるっていうことからオンラインサロンも始められたんでしょうか。

ーそれもありますし、基本フリーランスなのでセルフプロデュースやブランディングの一環ですね。基本的に自分の仕事ってレッスンかレコーディングかライブなんです。あとドラムチューナーっていう仕事もあります。これは他のドラマーの音を引き出してあげる仕 事なんですけど、難しいんですよ。どこにでもわりとドラムってあるんですけど、良い音にチューニングするにはそれなりの技術が必要で、それを仕事にしているっていうドラマー向けのすごくニッチな仕事の、 全部で4つが主な収入源になるんです。

その4つの柱でやっていくにあたって、やらなきゃいけないことってなんだろうってなったときに、僕も東京来てもうすぐ14年なんですけど、名前を知ってもらわなきゃいかんってなったんです。そのために積極的にSNSを使おうっていうのがあったので、そこで発信していることとはまた違った一面を見てもらえるかなと思い、 オンラインサロンはやってますね。

そのサロンの中に、直接DMを送って相談に乗りますよっていうこともされてらっしゃると思うんで すが、実際にどんな相談事がありましたか?

ードラムの質問や、ドラマーの子供を持つ親からの相談を聞かれることは多いですね。根性持って叶うまで続けてください。

色々パーソナルな部分をお聞かせいただきありがとうございます。
続いてshabellの話に移らせていただきたいんですけど、shabellのサービスのお話を聞いて shabellに対してどんな印象を持たれましたか?

ー正直に言うとあまり驚きはなくて、新しい感じだなっていう印象ではなかったと言うか。今の時 代、インターネットを使えば誰でも距離感をすっ飛ばして繋がれちゃうので、それを上手にマネジメントする企業は出てくるだろうなって思ってたので。でも、キャリア相談に特化しているっていう のは新しいとは思いました。使う人が積極的に増えたらいいなと思いますね。

実際これが学生時代にあった場合、誰に相談してみたいとかありますか?

ー憧れの人ですよね。なかなか普段会うに会えない人…、ワールドクラスの人にステージに参加 してるドラマーの人に話を聞きたいなって思います。なので通訳の機能とかがあるともっといいですよね。

海外の人からのアドバイスは聞いてみたい。後はその世界でそれなりに成果を出している人に 聞きたい。むしろ、全然関係ない人でもいいと思います。大企業の社長だったけど破産してしまった人の話とか、赤裸々なところを聞かせてもらえるのも良い機会だと思うのでそんな風に使いますかね。

ありがとうございます。おっしゃるとおりで、今後このアプリが海外対応になって、同時通訳ができるような機能が実装されたらもっと面白くなっていきますよね。

最後に、未来ある若者に一言メッセージを頂けたらなと思います。

ー夢を叶える上で一番大切なことはここ何年もずっと変わってないのでそれを伝えたいです。諦めないで続けてください。これしか正直ないと思ってて、どんだけ技術があってもどれだけ努力を しても、叶うまでにやめてしまうとかなわないんですよ。なので叶うまで続けてください。なんとか して続けるっていう能力もすごく大事だと思うので、地をはって泥水をすすろうが、雪の降りしきる中に裸で飛び込もうが、その根性がない限り無理だと思います。諦め続けなければ絶対に叶い ます。

                     ***

今回はプロドラマーとして活躍されている神田リョウさんにインタビューさせていただきました。 神田さんのインタビューのなかでとても印象に残っているのは、最後の質問の際の

「地をはって泥水をすすろうが、雪の降りしきる中に裸で飛び込もうが、その根性がない限り無理 だと思います。諦め続けなければ絶対に叶います。」

という言葉です。

音楽という厳しい世界で、神田さんも業界に入ってドラムを始めるには遅いと思ったと語っていま したが、神田さんはこの根性を持って自分の目標をかなえようと必死に努力されたんだというのが伝わってきました。

夢を追いかけるためにはとてつもない覚悟が必要なんだと改めて認識させられました。
そんな、神田リョウさんと直接お話しできる機会がshabellにはあります。

ドラマーになりたい方も、夢を叶える半端ない覚悟を持っている方も、ぜひshabell を使って相談してみませんか?


【神田リョウさん】
1987年生まれ、兵庫県出身。ダンサーとしてのキャリアを経て高校でジャズビッグ・バンドへの入部をきっかけにドラムを本格的に始める。Nissy、EXILE TAKAHIRO、ORANGE RANGE、GReeeeN、JUJU、坂口有望、BoA、WHITEJAMなど、名だたるトップ・アーティストのレコーディングや、ライブ・ステージでサポートを務めた。

twitter:@tatakiyagroove   https://twitter.com/tatakiyagroove
Instagram: https://www.instagram.com/tatakiyagroove/?hl=ja
YouTube:https://www.youtube.com/user/tatakutatakitatake

神田式ゆるふわドラム塾オンライン:https://www.yuru-drum.com/
神田リョウ研究所:https://fanicon.net/fancommunities/3074

【shabellアプリダウンロードはこちらから】
相談したい方&相談に乗ってくださる方、どちらも!

▼iOS端末

▼Android端末




shabell公式HP
https://shabell.net/
shabell公式Twitter
:@shabell_app  https://twitter.com/shabell_app

株式会社shabellでは一緒に働く仲間を募集しています
11 いいね!
11 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング