1
/
5

【シャベラー取材】RAM WIREのボーカル、ユーズさんへ“キャリアシェアアプリ”『shabell』についてインタビュー!

普段はなかなか会うことのできない自分の憧れの人から自分にあったアドバイスをもらえる
”キャリアシェアアプリ”『shabell』。

shabellでは、タレントやスポーツ選手、弁護士やインフルエンサーなど、”その道のプロ”からユーザーの
気になっていることを直接聞くことができます。

今回はその”プロ”の中から、聴く人の気持ちを勇気づけ、前向きにしてくれるような数々の素敵な名曲を
生み出しているRAM WIREのボーカル・ユーズさんにインタビューさせていただきました。

何度も挫折を繰り返しながら、念願のメジャーデビューを果たせたにも関わらず、心の中では不安のほ
うが強かったと語るユーズさん。

メジャーデビューまでの経緯や、その時の心境、アーティストとしてのキャリアについてたくさんお話して
いただきました。アーティストを目指している方や、自信のキャリアについて悩んでいる方にも、ぜひ読んでいただきたい内容です。


人に聞いてもらうのがとにかく嬉しかった

ユーズさんは学生時代、どんな学生でした?

ー結構1匹オオカミでした。女の子同士のグループの付き合いが苦手というか、みんなでトイレ行った
り、お弁当食べるのを待ったり、そういうのに違和感を覚えました。みんながそうだからって、まわりに合わせることができなかったです。女の子っていう感じの付き合いが下手だったのかも。
高校の時は、写真部にいたんですけど、当時男の人が多くて、まだ写真とかカメラがアートとしてとらえ
られる前で、どちらかというとメタ的な見方をされていました。今はそんなことはないですけど。女の子で1人で写真部にはいっていたから変な目で見られていたかも(笑)。

写真部だったんですか!?てっきり、軽音部など音楽的な活動の部活をやられていたのかと
思っていました。なぜ、写真部に入られていたんですか?

ーまだ、音楽!って感じではなかったです。
タワーレコードとか行くと、CDのジャケットとかかっこよく見える写真とか、写真集とかをよく好んで見ていたんです。当時おしゃれな女の子の写真を撮るヒロミックスさんっていうカメラマンがいたんですよ。その人に憧れて、自分も写真に興味を持ったんです。廊下に貼られているような蛇口で生徒が水を飲んで
いるモノクロの写真部の写真も、こんな風に日常の一瞬を切り取れるんだって感動しました。

では、ユーズさんが歌手を目指されたのっていつ頃からなのでしょうか。

ー私の場合は遅くて23歳とかでしたね。クラブとかで歌ってはいたんですけど、まだそれまで全然プロに
なろうとは思ってなかったです。

プロになろうと思ったきっかけはなんだったんですか?

ー最初二人で組んでいたメンバーのMONCH(モンチ)が、前からデモテープとかをレコード会社とかに
送っていて、それに対して無理じゃないかなって気持ちのほうが大きかったんですけど、でももう手当た
り次第にMONCHが小さいところから大きいところまでレコード会社にデモテープを送ってくれていたか
ら、そこからメールだったり、電話だったりで連絡が返ってき始めてから、私もあれ?もしかしたら頑張っ
たら何とかなるのかなって思い始めました。その時もう22歳、23歳とかでした。

それまでは何を夢として目指されていたんですか?

ー漠然と、クラブで歌っていただけですね(笑)
自分が作った歌を人に聴いてもらうのがとにかく嬉しかったので、当時はそんなに先の方までは見てい
なかったですね。

作詞はどのぐらいの年齢からされていたんですか?

ー20歳ぐらいです。その時は4つ打ちのビートでテクノっぽかったんですけど、ビョークみたいなのを意識
しながら作って。最初は自分の作った歌を歌ってくれる人を探していたんです。自分で歌おうとは思って
なかったので。でも、なかなか歌ってくれる人が見つからなかったので自分で試行錯誤しながら、音に乗
せて見たら意外と周りの反響が良かったから、自分でもびっくりしました。それで、もっとやってみようか
なと思いました。

その音源は何かのWEB媒体などにのせてみんなに聞いてもらったんですか?

ーまだ、YouTubeがここまでメジャーになる前で、テープとかに録音してクラブでみんなに配ったりしてま
した。全然 SNSとかに乗せるということはやらなかったですね。20年以上前ですし。でも、今は誰だって
発信できるし、いろんなところでいろんな人が見ているけど、当時あったSNSとかを有効活用しようって
いう発想には至らなかったです(笑)

でも、テープってなんか温かみがありますよね(笑)

ー1本1本テープに録音して作るので、手間はかかっていたし、お金もテープをタダで配ったりしていたわ
けだから1本ずつかかっていました(笑)ジャケットも自分たちで作って入れたりして。1個1個手作業で
やってるけど、今は1回SNSに乗せたら何千万人に届く可能性もあるから全然効率は違うんですけど、
当時としてはテープを配るしかないと思っていました。

当時はそれが主流だったんですか?

ー配るといっても、身内だったり、身内の友達だったり、クラブに来たお客さんやいつも遊んでいる仲間
内だったので、狭いところでやっていました。路上ライブもしましたけど、500円でテープ買ってもらったりして地味にやっていました。今の時代ならもうちょっと効率よくできたかもしれないですけど(笑)

正直不安のほうが強かった

クラブで歌い始めたきっかけは何だったんですか?

ーその当時付き合っていた人がテクノのDJで、その時に自分で打ち込んで作れる機材を買って、4つ打
ちの曲とかを作ってました。そこに歌を入れたいなって思ったところからです。彼のDJとか聞きに行っ
て、こういう環境ってかっこいいなって思いました。MONCHとかもかっこいいなって思って。

ターンテーブルとレコードとか買って真似してDJもやってみたんですけど、自分には向いていないなと思いました。ゆっくり自分のペースで作ったものを出すほうが自分にあっているなと思って、それで作るほうがいいかなって思いました。でも、その彼氏がいなかったら、音楽はやっていなかったと思います。音楽は周りがすごく褒めてくれたから楽しくなってその時はずっとやっていました。



インディーズ時代からメジャーデビューまでの経緯を教えていただけますか?

ー路上でライブしながらクラブでも歌って、デモテープを何社か送って、声をかけていただいたレコード会
社も小さいところから大きいところまでいろいろ行ったんですけど、だんだん有名なアーティストの方が所
属しているところから声がかかるようになってから、やっと現実味がわいてきました。

そして、やり取りを何社かしていて、実際にライブを見に来てくださるんですけど、緊張して歌詞が飛んで、失敗も悔しい思いもいっぱいしました。勝負に弱いところが出てしまって。。。
それでデビューまで長引いてしまったのもあります。それで、現実味がわいてきたときに、「COME TO MAJOR」という大きなオーディションがあって、それは1位になったらメジャーデビューできるやつで、全国で何千組も参加している中で最終の10組にまで残ったんです。

大がかりなオーディションで1年くらいあったんですけど、コンビニエンスストアとかで曲が流れて、全国でWeb投票される仕組みで、その当時既に25,26歳で友達とかいろんな人にお願いしたりして投票してもらいながら頑張ったんですが、最終まで残ってダメだったんです。

その時に、家族とか親戚にも応援してもらってたんですけど、年齢的にもそろそろみたいな風が吹き始めていたから、自分でも気持ちを立て直して頑張ろうって思うのがすごくきつくて、やめようかと悩みました。

デビューが現実味を帯び始めて手が届きそうだったからこそ、逃した時の悔しさとか虚しさみたいなも
のってすごくきついですよね。それは、デビュー前の一番きつかった挫折体験にもなるんですか?

ーそうですね。落ちたその日にやけ酒したのを覚えてます(笑)忘れもしない渋谷で。。。そこから、RYLL(
リル)が他のアーティストのトラックとか作ってたりして、Def Techさんとか、Spontaniaさんとかの曲を
作っていて、その時結構歌が売れたんですよ。

それで、RYLLがソニーの方と顔を合わせる機会があって、その時に私たちのデモテープも「僕こんなのもやってるんです!」って持って行って、聞いていただいたんです。そこでやっと、オーディションじゃなくて引っかかりました。RYLLがそこまでやって無かったら、デビューは出来てなかったから本当に感謝しています。

それは、先ほどのオーディションから割とすぐだったんですか?

ーちょっと経ってからでした。オーディション落ちてからも細々とクラブでやったりして、デモテープとかいろいろレコード会社に送って機会を作ろうとしていたんですけど、結局RYLLのつながりからデビューに
つながったというか。それでソニーの方がライブに足を運んでくださいました。

デビューまでの挫折体験もあるからこそ、デビューの瞬間はどんなお気持ちでしたか?

ー下積みが長くて時間が経っていたから、デビューしたときは30歳を過ぎていたし正直逆に不安のほう
が強かったです。デビューが「やったー」っていうより、大丈夫かなあという気持ちが大きかったです。

不安のほうが強かったんですか?!

ー年齢的にも、音楽の世界が甘くないってわかってるからこそ、そのステージで戦えるのかとか。自信み
たいなものは無くて、現実的にどうしようどうしよって考えてました。だから、複雑でしたね。すごい人たちがいる中に飛び込んでいくわけだし。


ユーズさんにとって、お仕事のやりがいはなんですか?

ーTwitterのDMとかで、ダイレクトメッセージをいただくんですけど、RAM WIREって「応援」的な歌が多いので、曲を聴いて、「こんな挫折があったんですけど、この曲聴いてもう少し頑張ってみようと思いまし
た!」とか、ほんとにリアルなやつがたくさん来るんです。

「お店をたたまないときついんですけど、食べにきてくれる人のために頑張ります」とか、そういうメッセージは、自分がつらい時でもすごく励みになりました。

RAM WIREの楽曲の中に弱い心に寄り添ってくれる、背中を押してあげるような素敵な歌詞を書いてい
るのはユーズさんの実体験からきているんですか?

ーほぼ自分の実体験からきていますね。私自身どうしようもないところとか、弱いところとかがあるので、自分で自分のことどうしようもないなと思ってくじけて。でも、それを奮い立たせるために自分にも言っているところもあります。
歌を歌っていても、お客さんに伝えながらも、同時に自分にも言っているような。。。

あんまり、フィクション的なことを書くことが苦手で、自分の実体験で本当にきつかったこととか、すさんでいることとか、自棄になっている気持ちとか、そういうのを吐き出すように白い紙に自分の気持ちを単語とかで書きなぐって、その単語を摘み取って歌詞にしていくんです。

吐き出したものとか、出てきたものから歌詞にしていくというか。だから、キラキラした歌より、最初は励ましの歌より、どこかで傷ついたり卑屈になったりしている感じが入っていると思うんですよね。

でも、そこをなんかうまく描けたら励ましの言葉も、前向きな言葉もすとんと入ってくるから、そこまで掘り下げてから出すようにしています。自分の中では形にはなっていないかもしれないですけど(笑)へたくそな日記みたいなものです。文句とか、自分に対する腹立つ気持ちとかを書いて。

自分で全部を紡ぎだすというより、人からもらった言葉とか、TwitterのDMから前向きなことを思いついたりもしてきました。

難しい質問なんですが、アーティストさんにとって歌っていつ完成するんですか?

ーライブとかで歌って、お客さんにその時に初めて感じ取ってもらったときに、それぞれの経験や価値観
で聴いてくれるじゃないですか。受け取り方は一つずつ違って。その気持ちをそれぞれ持ち帰ってもら
うっていうのが一番ベストだと思いますね。その時に完成すると思います。

たくさんの挫折を経験されたユーズさんですが、それでもアーティストとしてキャリアを積んでいけた原動
力ってなんですか?

ーとにかくライブが楽しかったです。直接お客さんに聴いてもらえて、それぞれが曲をどう受け取ってくれ
たかは言わずともわかるんですよね。目の輝きだったり、泣きそうな顔で見てくれたり言葉にはできないですけど、あの瞬間はやっぱこっちも伝わってるんだなって思ってグッときますよね。

目を見ながら歌ってると泣きそうになります。
伝わってくれてるのかなって思うと嬉しいし、なんかあの瞬間が最高なんでしょうね。
ライブも今はコロナで難しくて、全然やれてないんですけどね。早く何とかなってほしいですけど。

ユーズさんも現在公認shabellerとして、プロ登録していただいているわけですが、shabellというサービ
スについて初めて聞いたとき、どう思われましたか?

ー新しいな!って思いました。こんなのは無かったですよね。身近にプロの話を直接言葉で声で会話で聞
けるってすごいなって、しかも自分のために時間を使ってくれるとか。

しかも、このシステムも料金を払ってるからこそ、相手の本気度もわかってこっちも聴きやすいですし、気兼ねなく話せます。そういうシステムがあるから本気で話せるんじゃないかなって思いました。料金も高すぎず安すぎずでちょうどいいラインで。よくこんなの思いついたなっていう。

いろんな事聞けるってすごいですよね。しかもアプリ見たら職業もすごく多岐にわたっていて...。本当に
増えてますよね。自分がかかわっている職業じゃなくても話してみたいです(笑)

zoomとかで30分ずつとか、いろんな人のお話聞いて行くだけでその人の人生にストーリーがあるし「情
熱大陸」みたいになりそうですよね(笑)今後も、いろんなやり方がありそうですね。

公認shabellerの「情熱大陸」面白そうです!(笑)
もし、この「shabell」というサービスがユーズさんの学生時代にあったとしたら誰にどんな話を聴いてみ
たいですか?

ー夢が漠然としてたから、ミーハー心で使っちゃうかもしれないです(笑)その当時好きだったカメラマンさんとか、かっこいいなって思える尊敬できる方を探して、使ってたかもしれないですね。

今後アプリに期待することなどありましたら教えていただけますか?

ー若者たちがいろんな視野で夢を考えるようになってほしい。いろんな人の話を聴いて決めてもいいと思う
し、夢を探す場になってもいいし、いろんな人の話を聞けるということはすごく可能性の広がることだと思います。
だから、若いうちに道を広い視野で探していってほしいなと思います。ぜひ、活用していってほしい。

最後になりますが、夢を追いかけている若者や、学生さんのようなこれから相談者になりうる人に何か
メッセージをいただけますか?

ー将来が不安になって、歩くペースを緩めちゃったりそこでしゃがんじゃったり、そういうこともたくさんあるけど、少々の穴に落っこちてもその穴から引っ張り出してくれる手はたくさんあると思うんですよね。

それは音楽だったり、映画だったり、本当の人の手じゃないのかもしれないし、友達だったり、親族だったりするかもしれないけどそんなに怖がらないで若いうちは一心不乱に猪突猛進で突っ走ればいいと思うし、私は20代のうちは大きな穴に落ちても大丈夫だと思っています。

だから思うように、一段飛ばしでも階段を駆け上がっていってほしいな。

                      ***

今回はアーティストとして活躍されているRAM WIREのボーカル・ユーズさんにインタビューをさせて
いただきました。

「うまく歩かなくていいから 一歩ずつ君らしくあれ僕らはしゃがみ込む度にそう そこに咲く花を知る」

これはRAM WIREの「歩み」という楽曲の1フレーズです。初めてこの曲を聞いたのは中学生の時でし
た。名曲は色褪せないもので、時がたっても昔とは違った感情で曲を聞くことができます。
この曲を聞くと前向きな気持ちになり、また頑張ろうと思えます。

たくさんの挫折を経験されながらも、アーティストとしてキャリアを重ねてきたユーズさん。
多くの人に共感されるような素敵な歌詞を生み出しているのは、その挫折を乗り越えるまでに、たくさん
の悲しいことつらいことなどを人一倍経験されているからではないでしょうか。

そんな、ユーズさんと直接お話しできる機会がshabellにはあります。アーティストになりたい方も、ユーズさんのような素敵な歌詞を書いてみたい方も、ぜひshabellをつかって広い視野で夢を探してみてはいかがでしょうか?

ユーズ/RAM WIRE

ユーズ さん
Twitter:@usewax
https://twitter.com/usewax

RAM WIRE公式HP:http://www.ramwire.com/

【shabellアプリダウンロードはこちらから】

相談したい方&相談に乗ってくださる方、
どちらも↓
▼iOS端末
https://apps.apple.com/jp/app/shabell/id1571119480
▼Android端末
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.shabellapp

shabell公式HP:https://shabell.net/
shabell公式Twitter:@shabell_app
https://twitter.com/shabell_app


株式会社shabellでは一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング