1
/
5

セントケアのはじまり

1983年 セントケアの前身である日本福祉サービスが生まれました。

きっかけは、1冊の雑誌に載っていた「訪問入浴車」の広告。

それを見た創業者である村上(現会長)が将来性を感じ、1台の入浴車から始まったセントケアの歴史。

創業から2年は売上ゼロ。9年は赤字が続き、苦しい時代も経験しました。

しかし、そこでやめることなく、今ではグループで1万人のスタッフを抱えるまでに成長!また、サービス種類も業界トップクラス!様々なお客様のニーズに応え続けています。

そこにあった思いは、

「一生を賭けて悔いのない 自信と誇りの持てる 生き方・仕事がしたい」

をいうものでした。自信は個々でスキルや知識を磨いたり、努力することで高めることができますが、誇りは会社にゆだねられてしまいます。また、経営方針は会社のトップにも左右されてしまうもの、というのが会長の考え方にあり、トップが自信と誇りを持つことができなければ、社員も自信や誇りを持つことができない、ということで、この世界に進出したそうです。

セントケア西日本株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
セントケア西日本株式会社 からのお誘い
この話題について、
話しませんか?
気軽な情報交換や相互理解に活用できます
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
セントケア西日本株式会社からお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?