1
/
5

物流をイメージできますか?

「物流 」というワードはよく聞きなれていると思いますが、具体的にイメージできますか?

トラックや船・鉄道等で荷物を運ぶ?

緑や青の制服を着た配送員が玄関まで荷物を届けてくれる?

もちろん間違っていません。

しかし、それは物流全体のほんの一部分です。

物流は6つの機能から成り立っているといわれています。

①輸送:製品を生産しても、必要な人に届けなければその製品には価値がありません。生産したものを、    必要な人(顧客)のもとに届いて初めてその製品に価値が生じます。物の価値を上げるため、必要な時に必要な場所に必要な量を必要な時に移動させることが輸送の機能です。

②保管:物品はすぐに消費されるわけではありません。そのため、倉庫等にとどめおき適切な管理(温度や湿度管理等)を行ないながら需要に応じて物品の出し入れを行うことで、生産と消費の時間差を埋める事が保管の機能となります。

③包装:物によっては、水や湿気、衝撃に弱いもの等があります。その様な時には、水に強い素材や衝撃を吸収する資材を使って覆いをしたり、形状が複雑でそのままでは輸送・保管が困難なものは、その形状に合わせた特殊な資材を使って取り扱いを簡単にできるような囲いに入れて、品質を保持することや取り扱いを容易にすることが包装の機能となります。なお、頑丈な部材等を使用して行う包装を梱包と呼ぶこともあります。

④荷役:聞きなれない方も多いワードで「にえき」と読みます。荷役の範囲は広く、トラックや船からの荷物の積み込積み下ろしや、倉庫での入庫出庫作業等、主に人手を介して、輸送機器や保管装置に物を出し入れする機能を指します。

⑤流通加工:こちらもあまり耳にしない方が多いワードです。生産されたものに手を加えて付加価値をつける機能を流通加工といいます。例えばギフト用に商品を包装紙で包む。生産品を出荷前に傷等がないかのチェックをするなどが流通加工になります。

⑥情報処理:上記5機能について、滞りなく処理するために交通整理して、判りやすく的確に必要な時に情報を提供することが情報処理の機能となります。物流が大規模に複雑になるほど情報処理の重要性は増していきます。

以上が物流の6機能になります。

物流とは生産地から消費地、最終的には生産物の最終処分地までの時間と空間のギャップを埋め、調整する機能です。

今回は物流の6機能のさわりだけですが、いつか、それぞれの物流機能にどのようなIT技術が使用されているのかご紹介いたします。

ニッコン情報システム株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
今週のランキング