Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

一番優秀な新卒が会社を辞めた理由

ある大企業に、めちゃくちゃ優秀な人がいました。

入社してすぐ新人賞を取り、先輩社員の成績もスグ追い越して活躍する期待のルーキーだったそうです。

ですが、その人はスグに辞めて別の会社に転職しました。

その人の転職した理由がとても面白かったのでシェアしたいと思います。

なぜ転職したのか?と聞くと「面白くなかったから」だそうです。

具体的に何が面白くなかったのか聞いてみると、、

まぁ、色々あるんですが一番はコレだそうです。

優秀な人がダメな人を頑張らせるために頑張っていること

組織は利益を追求して、より良い会社を作って社会に貢献するのが目的なのに、なんで足引っ張ってる奴のサポートしなきゃいけないの?

まだ100歩譲って頑張りたいと思っているならマシだけど‥

なんで頑張りたくないって思っている人を頑張らせるのに、時間を使わないといけないの?

ってことでした。

まぁ、人によって思うことはそれぞれだと思いますが、僕もそう思います。

きっと、この人が組織を変えようとしても、どうにもなりません。

結局、組織である以上、数が多い方の意見が通りやすいからです。

そして、ぬるま湯の文化に浸っている人たちは切磋琢磨する文化に変えようとすると、とんでもなく反発します。(ラクできなくなるので。でも、ラクしてたら将来困るのお前やろ!と言っても通じません。今しか見てないのでしょう。)

なので、もしこれを読んでいるあなたが同じような境遇だったら、さっさと辞めることをオススメします

もしかしたら、給料が今より下がるとか、そういうのを気にするかもしれません。でも、優秀であるということは、組織にぶら下がって生きていくつもりはないでしょうから、さっさと辞めた方が良いと思います。

良い仕事をすればするほど、自分のレベルが上がって社外からの信頼も、能力も身につきます。逆に、しょうもないことをセコセコやって小銭稼いでいたら、周りが成長する間に自分はおいてきぼり食らって劣化していきます。

人生は普通に80年とか90年とか続くわけなので、特に大事な若いうちの数年を無駄にせず、成長にコミットしたらいいんじゃないかなって思いました。

そのためにも、優秀な人が集まる組織で切磋琢磨できることが大事なんじゃないかなって思います。

オアダイはそんな環境を目指します。


・・・どうでもいい小話

最近、なんかで見たんですけど「金持ちになって良いのは、女や車に金を使うことじゃない。知的な人々と関わることでエキサイティングな人生を歩めることだ。」ってのはすごく納得した。

お金は重要。たしかに大事。
だけどさ、値段ってのは相手の感情が許容する金額で決めているだけなんですよね。原価は関係ないし、その場のノリとか、相手の感情を操作して感覚をバグらせれば市場価格も関係ない(キャバクラで1本10万20万するシャンパンの原価っていくらよ。)

お金はそういうものだから、わけわかんない使い方をするんじゃなくて、生きた使い方をしよう。生きた使い方ってのは、自分が何のために使ったのかちゃんと説明できる使い方。そんな使い方すると、お金ってそんなに必要ないんですよね。

だからこそ、お金を稼いで世の中に影響力を持った人たちと関われることの方がよっぽど楽しいことだなぁ。そんな風に思うのでした。

お金稼いでなくても面白い人はいるんだけど、稼いでいる人の方が面白いパターン多いです。学歴と一緒。良い先輩たちに恵まれてとても幸せです。

OrDie株式会社では一緒に働く仲間を募集しています

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう