1
/
5

学生インターンとして活躍するShunのストーリー

Wolt (ウォルト) には職歴、経験、意見やスキルが異なる人たちが集まっていて、そこから新しい仲間や働き方が生まれています。社員にスポットライトを当てたEmployee Storyシリーズでは、それぞれの地域や部署で活躍するメンバーを紹介!

今回は、札幌オフィスでRestaurant Associateとして活躍しているShunにインタビュー。Wolt Japanでインターンシップすることになった経緯や、働き方や仕事軸について伺いました。


🎙今までの経歴と、Woltで働き始めたきっかけを教えてください

現在大学4年生で、商学科を専攻。統計学やデータ分析などの勉強しています。大学の先輩から紹介を受けてWoltを知り、インターンシップへ応募しました。元々ユニークなことをしたかったのと、迷ったらやってみよう!と思っていたので、軽い気持ちで働き始めました。

大手企業などでの短期インターンや面接も受けていましたが、実際に働くと気を使うのではないかと感じ、本当に進むべき道なのか迷っていました。Woltは成長している業界ですし、優秀な人が揃っている。マネジメントクラスの人も話しやすく、フラットな環境が整っています。

将来的にはデータを活用する様なポジションでのキャリアを積んでいきたいので、Woltではそのチャンスもありそうだと思いました。

サポートアソシエイトとしての選考プロセスは、面接が数回と課題としてタイピングテストを行いました。Woltで働き始めた際は、3日ほどトレーニングがあり、その後は業務を行いながらスキルを身につけていきました。最初は覚えることがたくさんあったので、想像以上に大変でした。2ヶ月間はサポートチームで働き、その後レストランアソシエイトとしてセールス担当になりました。サポートとして配達パートナー、カスタマー、レストランパートナーのことを理解していないと問い合わせ対応ができないので、サポートチームとして働き始めて本当に良かったと思います。今後も定期的にサポート業務を経験したいです!


🎙実際に働いてみてどうでしたか?

スピードが早いので大変なこともありますが、チームの年齢が近いこともあり、近所のお兄さんやお姉さんたちと働いている感覚です。他の会社で働いたことがないので比較対象がないのですが、働く環境としては、フレンドリーでカジュアルです!そして、札幌オフィスには卓球台があります🏓


🎙レストランアソシエイトとしての業務内容は?

レストランの掲載準備、商品撮影の調整やiPadのトレーニングを主に行っています。電話でのトラブル対応や、サポートチームが対応しきれなかった問い合わせにも対応することがあります。新しい情報やツール、新規店舗の担当として常にアップデートが必要なため、現在は週4日働いています。

商品数や商品内容、写真一つ変更することで売り上げに差が出ているので、そのデータを用いてレストランへのアドバイスを行っています。また、WoltではLookerというデータ分析ツールを導入しているので、使いこなせるように勉強ページを見ながら日々勉強しています。

街でWoltがどんどん広がっていくのをみるのが嬉しく、それが仕事のやりがいにつながっています。


🎙チームの雰囲気は?

レストランチーム、オペレーション、サポートチームなどが札幌オフィスにいますが、所属しているチームに関係なくみんな仲が良いです。能動的に動ける人、Woltのバリューに当てはまる人が活躍しています!


🎙1日の流れを教えてください

10:00 - 11:00 出社後メールを確認、レストランへ連絡
11:00 - 12:00 事務作業、資料作成など
12:00 - 13:30 ランチ
13:30 - 17:30 レストランへ電話、iPadトレーニングなど
17:30 - 19:00 メール対応などを行い、退社


🎙仕事で必要なスキルは何ですか?

当たり前なことを当たり前以上に行う力が必要です!

具体的には、メールを早く返信、相手の要望に答える、簡潔に説明するなど、些細なことではありますが、レストランパートナーとの関係構築には必要になってきます。学生インターンでありながらも実務経験が驚くほど身につけられることは、とてもプラスになっています。

Woltでは積極性も大切なスキルです。例えば、トラブル時に自分が対応します!と発言する。今までやったことがないからやらないのではなく、やったことがないからやってみる。対応方法を確認しながら対応しますが、例え失敗したとしても、きちんと建設的なフィードバックがもらえるので、常に改善することができます。


🎙今後のキャリアや目標はありますか?

自分が楽しいと思うこと、自分が誇りを持てる仕事に従事していきたいです。

正直なところ、自分の周りにいる学生とは違うので、Woltへの入社は少し不安です。Woltでのインターンを経験していなければ恐らく違う企業を選んでいたと思いますが、自分のやりたいことをしていきたい、好きなことをしていきたい。「自分が選んだ道を正解にする!」という言葉をどこかで耳にしました。Woltで一緒に働くチームや会社全体のカルチャー、業務内容が自分に合っているので、今の自分にとってはWoltが選ぶ道です!


🎙学生に向けてのメッセージをお願いします!

どこかでアルバイトをするなら、Woltのインターンを経験してみてください。社会人経験を積むことができ、実際に働くことへのイメージが鮮明になる。成長中の会社なので、本当に自分のやりたいことが見つかるかもしれない。意識次第では、インターンだろうがかなりのスキルを身につけることが可能です。学生では経験できないことを経験できるので、是非挑戦してみてください。

また、Woltでは、コンサルティングや事業会社、ITベンチャー等、様々な業界出身者が集まっているので、今後のキャリアについて相談する機会もあります。

取り敢えず迷ったらやってみましょう!

🇫🇮北欧生まれの成長中スタートタップでチャレンジしてみたい方は、こちらからご応募ください🚀


Woltでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう