1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

営業に関しては構えすぎても良くない。

こんにちは!

株式会社五光 採用担当の荒川です。

新人採用の面接も一段落し、また書き始めることが出来ます。

今回は、面接時に学生さんから質問が多かった内容をお話します。


写真は恐ろしいほど関係ありませんが、

最近お気に入りのランチです。笑

まぁまぁ、どんな質問をされるのかと言いますと

「営業になる為の心得って何ですか?」

って質問が多いです。

ないです。笑

厳密に言うと、人によって違うと思います。

・話すことが苦手

・押し引き出来ない

こういった方々は営業が出来ないのでしょうか?

そんなことはないと思います。

人や物や環境が違えば売り方だって、手法だって変わってきます。

飛び込みなのか、電話なのか、ルートなのか、有形物なのか無形物なのか。

過去に「営業の神様」の著書を拝読したことがありますが、アレは誰にも真似出来ません。笑

よく「物ではなく人を売れ!」って言われますが、それはその通りだと思います。



要はあなたにしか出来ない、あなたのプレーをすれば良いと僕は思います。

たくさん参考にして、たくさん失敗して、色々な経験をすれば、どんなものだって売れると思います。

例えば1社しか経験せずに、ある程度の実績を残して天狗になっている人は成功しているのを見たことがありません。

逆を言えば、成功している人は、自分を売るのが上手い人間。

それは、信頼されるってことですね。

ズルい人は「次」がありません。

本物のスーパースターは、信頼を得るまでに時間が掛からない人間かなぁって思います。


学生さんたちの質問にあえて答えるならば、

成功の入り口は無限にあります。

自分は、どんな人間なのか、自分の何を売れば良いのか、自己分析をすることが、営業の心得かなぁと思います。

株式会社五光では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング