1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

株式会社コムネックスの仕組み

エンジニアがスキルを磨くための会社です。

会社の仕組みについてお話します。


働き方

お客様先でのお仕事が基本です。

グループ会社でのお仕事もあります(まぁまぁ多いです)。

グループ会社でのお仕事は、若干社内で働いてる感があります。

大手SIerさんアンダーでのお仕事も多いです。

株式会社コムネックスと雇用契約を結んだ上で、派遣契約や準委任契約をお客様と結びます。


なぜ客先なのか

1つの会社でできる仕事には限界があります。その点、様々な会社の業務に携わることができれば、業務の幅も種類も格段に上がります。

エンジニアとして生きるにあたって、様々な業種の様々なスキルを身につけたいというタイプの方には、一番ぴったりな働き方だと思うので、この働き方を提案しています。


たとえば、「いずれは自分でサービスをつくって起業したい」という場合、客先でお仕事することはたくさんのメリットがあります。

まずいろんな現場で人脈を広げることができます。サービスを作る上でも、売っていく上でも、人脈をつくっていくことはとても大事です。

そして作りたいサービスを作る上で必要な技術を自分で選択して身につけることができます。


また、就業先を決めるにあたって、必ず本人に確認します。無理やり突っ込むようなことはしません。

特定の現場でじっくりスキルを伸ばしたいという方も、本人が希望するのであれば応援しています。


客先常駐のデメリット

デメリットはもちろんあります。

まず、思い通りに行くとは限らないこと。

「最初にこのスキルを身に着けて、そして次はこのスキルを身に着けて・・・」と完璧な計画を立てたところで、今持ってるスキル感でお客様が受け入れてくれるとは限りません。

お客様も人間なので、技術だけで受け入れてくれるとも限りません。

どうすれば望む技術を身につけるために、お客様にイエスと言わせるのか。

これからの時代のエンジニアには、自己プロデュース能力が非常に重要になってくると考えています。

しかし、これは客先常駐だけではなく、自社内で開発してる場合も同様です。



次に契約金は景気に左右されるということ。また顧客や市場とのバランスで決まるということ。

ずっと変わらない値段で提供しつづける定食屋さんって滅多にないですよね?市場で給与が決まるというのはそういうことです。


また、よくある客先常駐のデメリットとして「決定権を持てない」、「上流工程に携われない」というのを目にすることがありますが、私はスキル感と商流によると考えています。実際、エンジニアの中では派遣契約でお客様の重要な業務を担っているケースもあります。


お給料決定のプロセス

契約金に基づいて決定されます。

なので、新卒入社した同期とはいつまでも横並び一律評価なんてことはありません。

つまり市場評価に基づいて、給与額が決定されます。

詳しいこと書くと、Wantedlyさんに怒られる(ガイドライン的にNGらしい)ので、詳細は違うところに書いておきます。


全員退職

全員退職することを目標にしてます。

というより、転職に対してお互いにネガティブになりたくないなという思いがあります。

会社にも、私にも当然キャパはあって、すべてのエンジニアに対して望む環境を提示することは難しい。

そんなときに、お互いに気持ちよく会社を飛び出せるようにしたいなと思ってます。

それがエンジニアのキャリアを考えたときに最善の方法だと思うから。


帰社日はない

同業者だと「会社としてのロイヤリティを高める」ために、一般的に帰社日を行ってる企業が多いのですが、あまり必要性を感じないというか、そういうのが不要だと思ってるエンジニアが、特に客先にいるエンジニアの中には多い気がするので、やってません。私自身は、いろんな人と話すのが好きなので、飲み会でもお茶会でもグルメ会でももくもく会でも読書会でも、いつでもお誘いお待ちしてます。というより参加者自由な感じで、自分でも開催してるので、よかったら遊びましょう!


環境かよ

会社ができるのは環境づくりです。これらの仕組みが誰にでも適用できる一番いい方法だと思ってるわけではないです。でも、こういうやり方が合ってると思える人がいるのであれば、応援したいなと思ってる次第です。

事実、私自身は、ある程度の偶然性は大事にしながらも、自分で納得しないと進めない性格です。そしてどこででも通用するスキルへの関心が高く、どんな状況でも立ち上がれるよう自分の中の課題整理に余念がありません。そんなタイプの人にとっては、相性がいい仕組みなんじゃないかなと思っています。

株式会社コムネックスでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング