1
/
5

すべてのストーリー

大手監査法人からベンチャーへ転職した理由
🔳メンバー紹介今回のストーリーの主人公である、伊藤広明氏は現在27歳。高校生時代にカンブリア宮殿にはまり経営者の生き方に衝撃を受け早稲田大学で公認会計士を目指す。2次試験合格後はPwCあらた有限監査法人にて勤務。順調なキャリアを積むも、会計の仕事にハマればハマるほど、本当の意味で会計を「経営に活かす」ということを考え、当時赤字のベンチャー企業であるキッズラインに転職。現在経理部門リーダーという若手の中でも注目の存在。 🔳カンブリア宮殿にはまった漠然と経営に関わりたいと思うようになりましたきっかけは、高校時代に「カンブリア宮殿」を毎週見ていたことや、稲盛和夫氏さんの本などを読む中で、著名な...