1
/
5

クリエイターが輝けるプラットフォームを創る!「優秀な地方クリエイターを発掘、育成していきたい。」

2020年4月入社
伊良皆光一
サービススタッフ、販売、営業などを経て、地方の広告代理店にコピーライターとして入社。ディレクターを経て、「クリエイターが輝ける社会を創造する」というミッションに共感し、クリエイターズマッチに入社

顧客に価値ある広告を。デジタルクリエイティブを極めたい。

ー入社のキッカケを教えてください。

今まで、フィルター清掃のサービススタッフ、家電量販店の販売スタッフ、飲料メーカーのラウンダーなど、色々な仕事をしてきました。一方、昔から本が大好きで、コピーライター養成講座に通った時期もあり、次第に「書く」ことで食べていきたいと思うようになりました。

コピーライターとして広島の広告代理店に転職してからは、文章や、インタビューの基礎を叩き込まれながら学ぶ日々。地方の会社だったのでコピーライター専業という職種は少なく、編集やディレクション、広告営業など、一人でさまざまな仕事をさせてもらいました。今の基礎となるスキルもさることながら、とにかくハードな毎日だったので、根性もつきました。

数年たったある時、ふと、
「高い費用を払って広告を出しても効果が見えない。自分の仕事は本当にクライアントのためになっているのか?」
と自問自答するようになりました。地方でデジタル広告が進まないということに対しての違和感、既存の広告運用が固定化されていて、成長を感じれなくなったタイミングが訪れました。

「本格的にデジタルクリエイティブの勉強をしたい」と転職活動をスタートさせたタイミングでクリエイターズマッチと出会いました。



第一印象は、「とにかく変わった会社」。

ークリエイターズマッチのどんなところが魅力的でしたか?

「とにかく変わった会社だ」というのが、第一印象。

デザイナーが社内にいない。クライアントは都内の大手企業で、その案件を地方のパートナークリエイターに発注しながら仕事が回っていく。とにかく斬新で新鮮、地方創生に本気で取り組む会社だと感じました。パートナークリエイターが全国を対象に仕事することでスキルアップにも繋がるし、生計も立てられるような仕組みがとても素敵だと感じています。

他社からも内定が出ていましたが、クリエイターズマッチに決めたのは、広島への恩返しができそうと感じたから。前職の会社に対する感謝、地方に対する魅力、お世話になった方々がとても親切な人たちばかりで、駆け出しのコピーライターだった自分を育ててくれた広島という土地へ恩返しができそうなのが、クリエイターズマッチだったからです。

ただお金を稼ぐだけではなく、自分が地方創生の仕組みを創る側になって行けることに、非常にワクワクしました。


パートナークリエイターさんの成長を一緒に喜べる

ー前職の制作会社との仕事の進め方の違いは?

入社後は解析士の資格も取得し、大手クライアントの広告制作のディレクターとして、進行管理やクリエイティブの品質管理、クライアントへの提案や折衝などを行っています。クライアント様からの発注内容を元に、より広告効果の高い見せ方はないかなど、積極的に提案もしています。

キャンペーンのLP制作なども多いため、非常にスピードが早く、同時進行で複数案件を担当しなければならず大変な面もありますが、パートナークリエイターさんとプロジェクトを無事完了させた時の喜びはひとしおです。地方や海外に仕事を発注し、パートナーさんの成長を一緒に喜べるのが、非常にうれしいですね。

前職との大きな違いは、大手クライアントが多いので、先方からの発注内容が比較的明確であること。全く形のないゼロの状態からの提案が多かった前職ですが、この点は非常に仕事がしやすくなりましたし、デジタル広告を極めたかった私にとっては、「いかに効果の出るクリエイティブを作るか」、という点にフォーカスできるようになったのがよかったです。

自分を育ててくれた地方に恩返しをしていきたい。

ーこれからの目標を教えてください。

私自身、今もずっと現場にいるのでよくわかるのですが、とにかくクリエイターという職種は薄給。一方、レベル感の高いクリエイティブができる人材は地方の方が多い印象があります。こうしたクリエイターを発掘、育成し、地方でも稼げる状態を創っていく。代表の呉の想いを実現すべく、クリエイターに金銭面、技術面、両面をサポートできるクリエイターズマッチというプラットフォームをもっともっと広げていきたいですね。


株式会社クリエイターズマッチでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう