1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

オフィス仲介のコンサルタントとしてどのような経験を積めるのか

オフィスの賃貸仲介営業って、結構ニッチな存在だと思ってます。

事実、当社のメンバーも業界自体の存在は知らず、転職活動の中で、
この業界を知るというメンバーが殆です。

一方で、非常に魅力的な業界だと日々感じており、この業界だからこそ、
得られるものを簡単に5つ取り上げてみました。

①経営に携わる人間と対等なビジネス力がつく

代表の私自身が、一番魅力を感じた理由です。
地方から東京に出てくるにあたって、成長したいという想いが強く、
ともかく厳しい環境に身を置こうと、転職サイトを徹底してみていました。
レベルの高い人たちと仕事をすることが、自身の成長に一番つながると感じていました。

企業によっても様々ですが多くのベンチャー企業では、オフィスを探す際には社長が担当されます。
当然求めるものや、当たり前の基準など、高いレベルで要求される為、
高いビジネス力が求められ、且つ自分の実力が付く業界です。

②toBの市場において、圧倒的な成長スピード

上記の経営者との仕事をすることで、あなた自身の成長スピードも加速していきます。
特に、初期のお客様は成長中のベンチャー企業が殆どです。
お客様(経営者)は常に自身の成長を求め、仕事に励んでいます。
そんなお客様が成長しているからこそ、営業である自分たち自身も、
そのスピードについて行かなければなりません。

また弊社では、一人一人の成長スピードが圧倒的に早く、
またそのスピードについていけるような、マネジメント体制を構築しております。

③難易度の高い仕事に挑戦できる

他の商材と違い、オフィス移転はベンチャー企業にとって非常に高額な投資でもあり、意思決定でもあります。また業界の参入障壁も低い為、業者は共通の物件を紹介することが出来ます。

誰でも紹介出来うるオフィス賃貸市場において、あなたから借りたい、
あなたを通して、オフィスの契約をしたいと思ってもらえる、
そのパフォーマンスを出さなければなりません。

安く借りたいお客様と、高く貸したいオーナー様、両者が反する中で、
我々仲介会社は双方が満足する条件を見つけ、両社に満足してもらうことが仕事です。

④将来的なワークライフバランスが充実する

不動産賃貸は水曜日や平日休みのイメージが多いと思いますが、
オフィス仲介の会社においては、土日祝が休みのところが殆どです。

会社を作るときに、将来的なイメージを考え、長くしっかりと働けて、
且つワークライフバランスがとれる会社にしようと本気で考え逆算していました。

衣食住の、住に関するオフィス賃貸仲介の仕事は、比較的安定した業種業態でニーズが極端に減ることもなければ、(コロナの影響も特にない状態です。)経験が長くなればなるほど、費用対効果の高い仕事と、報酬が得られる業種業態だと思っています。

⑤これからの時代を生き抜いていく力=自分自身で稼ぐ力

最後に会社としても、一番力を入れて伝えたい部分です。
当社は「社員を大切にする」ということを、「自分自身で稼ぐ力を身につけさせてあげる」
ことと定義づけています。

創業当時からも言い続けていますが、これからの時代において、組織の看板に頼らず、
自身で稼げる力が必要な時代です。経済のサイクルは間違いなく短くなっており、
たった十数年の間に100年に1度の経済危機と言われたリーマンショックと、
それ以上に甚大な被害を及ぼしたコロナショックが起きました。

コロナショックによって各企業が働き方や、改革に追われ、リストラなども見受けられます。
そんな不安定な経済だからこそ、当社の社員には、例え明日会社がなくなったとしても、
どこでも通じる人材になってもらいたいと心から思っています。

いかがでしたでしょうか?
当社では一人一人の成長意欲が圧倒的に強く、自分の人生をしっかりと考えているメンバーが多いのも特徴です。そんなメンバーと共に、泥臭く厳しい環境で、一緒に成長したいという方からのご応募お待ちしております。

株式会社クリアビジョンでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング