1
/
5

美々しい花のように 〜担当者紹介〜



はいさーい♪( ´ ▽ ` )


チュラコスでは毎日「読書会」を実施しているのですが(読書会=みんなで本を読み、感想を伝えあいます!)
今は、”ウォルト・ディズニー”(教育・会社としての在り方について書かれている)の本を読んでおり、先輩・後輩との関わり方やお客様に対する想い、
会社としての在り方・考え方に触れ、とても刺激的な毎日を過ごしています。

毎回、気づきばかりの読書会。

・ゴミが落ちていたら拾う
・人に会ったら、挨拶する
・困っている人には、声をかける。

あたりまえの事が、「出来ていない」自分にハッとする事無いですか??(><:)
子供は親の背中を見て育つと言いますよね。

新しく入った後輩も、先輩の姿をみて育つ事と一緒です。


「あなたは、出来ていますか?」


そう言われた時に
胸を張って「出来ています!!」と言える自分だったら最高じゃないですか?^^
本を読んで知識を増やす。それを活かす・活かさないは自分次第。


子供に「ママみたいな人になりたい」と言われる生き方をしたいと心から思いました♡


🌛🌛🌛🌛🌛🌛🌛🌛🌛🌛🌛🌛🌛🌛🌛🌛🌛🌛🌛

さて、今日は「卸担当」として頑張っているチュラコスメンバーをご紹介いたします♪

2児の男の子を持つママ(^^)

夜、遅くなりそうな時や子供が休み期間(夏休み・コロナ自粛中など)の時は、必ず「昼食・夕飯」のお弁当を準備して
から出勤するという超✨パワフルな女性です。
・・・到底、ワタシには真似できないです(@_@:)・・・・(泣)


面接の際、会社から自宅までが長距離にも関わらず、チュラコスに入りたい気持ちが溢れ、「絶対チュラコスに入社したい!!チュラコスの製品が大好きなんです!!」とチュラコス愛を精一杯伝えたとか・・♡
その時の面接担当者も、「こんなにチュラコスを愛してくれる人はいない・・・入社させるなら彼女しかいない!」と直感で感じたそうです^^
彼女の事をもっと知りたいと一緒に「飲み」に行ったり、面接回数はなんと!4回・・(笑)


入社当初は、チュラコス店舗にて勤務がスタート。
その後、店舗勤務を経て今は「卸担当」としてクレンジングの商品展開へ向け
試行錯誤の毎日を過ごしていました。


「卸担当」としての業務は全くの初心者。


初めて聞く単語に、毎日頭を抱えながらも、必死に調べてアイディアを提案する姿がありました。
試行錯誤の日々を過ごしつつも、担当者同士の打ち合わせにも意見やアイディアを伝えられる様になり、
ようやく商品が店頭へ・・。


『美々しい花のような女性でありたい。』
そんな想いを込めて、【潤いクレンジング&塗るだけジェル洗顔】の「BiBika」(ビビカ)が誕生。



責任感も強いが故に、商品化に至るまでに泣きたくなる事も、逃げ出したくなる事もあったかも知れません。
ですが、意識・思考を「どうしたらうまくいくか?」に切り替え、無事、発売に至りました(^^)//

あなたの街でも「BiBika」を見かけたらぜひ、思い出してもらえると嬉しいです。
1つの商品が世の中に販売されるという事は、その商品の中に関わった人全ての✨愛✨が込められている事を。全ての商品には様々な成分以外にも、開発者/担当者の「想い」が形になったことを・・・♡


もうすぐ入社して1年。
新たな自分として輝く姿に成長し続ける彼女。
この商品は彼女自身なのかも知れませんね❤︎

チュラコス 株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
13 いいね!
13 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう