This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

格闘技道場の「マズロー欲求5段階」とは?

こんにちは、蓑毛です。
最近は若者に更新をお任せをしていましたが久しぶりに書きたいと思います。

――――――――――

さて、今日は「マズローの欲求5段階」を取り上げてみます。
組織マネジメントやマーケティングにも応用される有名な理論で私もよく耳にします。

「マズロー欲求5段階」とは?

1943年にアメリカの心理学者マズローさんが発表した「人間が持つ欲求は5段階に階層化される」という理論です。基本的に下位の欲求が満たされると次の欲求が現れますが、順番が前後または同時に出現する場合もあるそうです。


①.生理的欲求
生命維持の為の欲求。食べる・飲む・寝る、などの生命維持に必要な基本的活動。
②.安全の欲求
安全な環境、経済的な安定、良い健康状態、などの日々を平穏に過ごす為の欲求。
③.所属と愛の欲求(社会的欲求)
家族や集団を作り、どこかコミュニティに所属している満足感を得たい欲求。
④.承認欲求
自分がコミュニティや集団から存在や価値を認められたい、尊重されたい欲求。
⑤.自己実現の欲求
自分の持つ能力や可能性を 最大限に発揮したいという欲求。
他者に何かを求めるというより、自分の活動や成長に強い関心を持つようになる。


欲求が満たされない状態が続くと心身の健康度が下がったり、所属するコミュニティからの離脱が起こります。一方欲求が満たされると健康度や幸福度が上がり、物事に意欲的に取り組むようになります。

実際に自社のマネジメントや、採用や社員定着率に悩むクライアントの要因を探るとこの「マズロー欲求5段階」に事象が当てはまる事が良くあります。

格闘技道場的「マズローの欲求」!

例として今回は「格闘技道場におけるマズローの欲求」を考えてみました。
格闘技道場を取り上げる理由は特にありませんが、考えていると「マズローの欲求5段階」に合致する点が多々あったのです。
(自分の会社にシビアに当てはめて分析してしまうとちょっとアレですしw)

検証サンプルは現役の格闘技道場会員である私自身、そして私が見聞きしてきた格闘技業界の一般的皆さんです。

尚、格闘技道場は通常の組織とは少し違い「強くなりたい」という「自己実現の欲求」が最初から強い方や社会の常識では測れない”人外の者”も一定数います。
そのような方は「マズロー欲求5段階」には当てはまりませんので悪しからず。

あくまでも私の主観による"一般論"として進めます。


――――▼ 入会前の欲求 ▼――――

①.生理的欲求

「運動不足を解消したい」「痩せたい」「憧れだった"格闘家"になってみたい」など。
主に運動(格闘技)を始めるにあたっての基本的欲求。

私の場合
運動不足による体重の増加が深刻な問題でした。
また昔からの格闘技ファンで現在所属する道場に10数年前に入会を迷ったこともありましたが、なかなか入会のきっかけがありませんでした。

②.安全の欲求

道場に入りたいけど「あまり痛い思いはしたくない」「優しそうな人がいる道場が良い」「弱い自分でもやっていける道場に入りたい」など。
格闘技をやってみたいけど格闘技特有の"恐怖"をなるべく回避したい欲求。

私の場合
「弱い自分でも出来るのか」「ずっと続けることができるのか」という不安は強くありました。
返事が「押忍!」しか許されない極真道場的なイメージも強かったです(実際は全然違った)。


Photo by stArtJapan


――――▼ 入会後の欲求 ▼――――

― ③.所属と愛の欲求

道場主や先輩メンバーから早く仲間の一員として認められたい欲求。
入った当初はあまり話しかけてもらえず不安を覚えるが、名前を覚えられたり声をかけてもらうと嬉しくなる。能動的になるとチームTシャツなどを買いだす。

私の場合
正直初めの三ヶ月間は動きにはついていけず一方的にやられるばかりで面白くありませんでした。
が、幾人かの先輩方が毎回優しく声をかけてくださったたおかげで「所属と愛の欲求」を感じることができ辞めずに済みましたw。また同時期に入会した同年代のオジサンがいた事も良かったです。

― ④.承認欲求

道場の中でも一目置かれたい欲求。インストラクターに認められたり、他メンバーから褒められると気持ち良くなる。特に道場のスパーリングで強くなったり、大会に出て結果を出して褒められると猛烈に満たされる事が多い。柔術でいうと帯の昇格願望が強くなり、帯叩き(昇格の儀式)では強烈に承認欲求が満たされるw。承認欲求が満たされた会員の離脱率はグッと減ることが多い。

私の場合
徐々に道場主やインストラクターの先生に声をかけて頂くようになり、先輩方に声をかけられる機会が増えました。特に初めて大会で勝てた事は数年来で一番の喜びで、皆さんに褒めて頂き猛烈に嬉しかったです。

― ⑤.自己実現の欲求

純粋に強さを求める欲求。あまり周囲は気にせず自分の強さを向上させることに執念を燃やし、大きな大会にも積極的に挑戦する。強さを追求する為、道場だけでなく私生活にまでより強くなる環境や条件を求める様になる。(③-④をすっ飛ばし一気にこの欲求に辿り着く人もいますし、この欲求が強いと逆に環境を変えることを望む=移籍する人もいる)

私の場合
この欲求は発露していません。性格的に「強さ=自己実現」としてはおそらく発露することは無い気がします。もしかしたら別の役割や意義を見つけ頑張りたくなる日が来るかもしれませんが。


まとめ

ちょっと強引に「マズローの欲求」と格闘技道場を組み合わせてみましたが、この欲求段階は格闘技道場だけでなく会員制ビジネスや会社でのマネジメントには大事な視点になるかもしれません。

メンバーは自身の欲求がコミュニティの中で程よく満たされていると感じればその環境に満足します。つまり定着率の向上につながります。

販促活動では離脱率を下げ定着率を上げなければ、新規顧客獲得のマーケティングコストが増えるばかりです。言わば「穴の空いたバケツに水を注ぎ続ける」状態になりますので、メンバーが心地よく欲求を満たし定着する仕組みや取り組みが必要です。
※なんだか上から目線ですいません。

5段階欲求をマーケティングやマネジメントの段階に当てはめると、以下の両輪が重要となります。

つまり、

①.心理的ハードルを下げるプロモーションで見込み客の「生理的欲求」と「安全の欲求」を満たし新規顧客を獲得する。

②.コミュニティ内のマネジメントでメンバーの「所属と愛の欲求」と「承認欲求」を満たし定着率を向上させる。

です。

マーケティングは心理学の側面があります。
ターゲットの心理(欲求)を理解し、適切な施策を打つことが良いマーケティング活動になるのではないでしょうか。心理を捉えたマーケティングにお悩みの方はお気軽にコレオ株式会社までご相談ください。

――――――――――

Photo by ポゴナ・クラブジム


・・・なんだか偉そうに恐縮でした。汗

コレオ株式会社も私も、このマーケティング分野で一流を目指してもっともっと精進したいと思います。

終わり。


> 他のコレオBLOG記事はこちら

コレオ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる