Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

より「転職」に注力した新サービス開始。「相談」と「転職」、それぞれ必要な人に必要な情報を届けたい。

こんにちは、重田です。

前回の3連休、突如入ってきた「兵庫〜大阪往来自粛要請」というニュース。改めて新型コロナウイルス感染症の怖さを認識した瞬間となりました。

そんななか、何気なく見ていたTwitterで「#翔んで兵庫」という惹かれるハッシュタグを発見。

・日直は日番
・体操体形に広がるときのかけ声「ヤー!」
・「ホテルニューあわじ」と言うときはメロディー付き

などなど、不安な中ではありましたが、”兵庫県民あるある”にほっこりさせてもらいました。
(「体操の体形に開け!」「ヤー!」…声を張り上げながら、片手を高くあげて走ったなぁ…。)

新型コロナ患者数は増加の一途をたどり、外出自粛の動きも広がっています。こんな時だからこそ、楽しく安全に暮らせるよう、オンラインを活用してもらいたいと思っています。

よりスピーディーに、より自分に合う企業との出会いをサポート

昨今の社会情勢から、様々なオンラインサービスが注目されています。手前味噌で恐縮ですが、私たちのサービスも徐々相談数が増加。不安や心配を抱える皆さんのサポートを行っています。

そんななか、先日から新たなサービス

【CHOICE!+転職エージェント】
 https://choice-career.com/agent/

もスタート。私たちの強みである「相談」を軸としつつ、より多角的にサポートを行うことができるようになりました。

ところで、サービス開始から「従来のCHOICE!と何が違うの?」という質問を多くいただきます。

一言で言うと、「より転職に注力したサービス」。

「相談=ユーザー自身が気づかなかった強みを引き出す場」は継続しながらも、より素早く、かつ自分に合う企業とのマッチングが実現するようにサポートをいたします。

これまでCHOICE!のキャリア相談には
・転職しようかどうか、明確に定まっていない
・転職することは明確、どうやって転職活動を進めるべきか分からない
など様々な方にご利用いただいてきました。
その中で、「相談」サービスが主体のため、本来であればより早く転職できる方についても、転職成功までに時間がかかってしまうという課題が浮き彫りになりました。

そこで「より素早く転職したい」とニーズに応える、「転職支援」を主体としたサービスを立ち上げることとなりました。

「相談」と「転職」。それぞれ必要としている人に的確に届けたい

新サービス立ち上げに伴い、Compassの課題が1つ増えました。
それは「CHOICE!(相談)」「CHOICE!+転職エージェント(転職)」をそれぞれを必要とするユーザーに的確に情報を届ける、ということです。

じっくり相談し今後を考えたい方には「CHOICE!」を。
素早い転職を実現したい方には「CHOICE!+転職エージェント」を。

それぞれの特性に合わせて、ユーザーへ届ける必要があります。
どんなユーザーがどのサービスを必要としているのか、分析・実行の核となる人材を現在募集しています。

ぜひ一度私たちとお話しにきませんか?

株式会社Compassでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング