Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

東大生クイズ王(QuizKnock)のバズるYouTube企画を生み出す方法

前編ではクイズノックを立ち上げた経緯から、Webメディアを広げていく戦略、そして、YouTubeチャンネル立ち上げのネライを聞いてきました。

後編ではさらに深掘って、企画をしていく上でどういった点を意識しているのかお伺いしました。

企画に込める想い

– YouTubeチャンネルでは当初、勉強法を発信していましたよね。

伊沢さん(以下、敬称略)はい。

– どうして最近の動画では辞められたのでしょうか。

伊沢)いくつか理由はあるのですが、「語り尽くした」というのが大きなものですね。いくら再生されたとしても情報がかぶるモノはなるべく避けるようにしています。

– 再生されたとしても・・・。何故でしょうか。

伊沢)誰にでも楽しんでもらえるコンテンツを提供したいからです。少なくとも同じ動画を見た視聴者さんには楽しんでもらえないですよね。目先の再生数でお金をいただくことも可能なのですが、それよりもずっと楽しんでもらえるコンテンツを提供し続ける事が大切なんです。

– 長期的に愛されるチャンネルになるためには、ですね。

伊沢)はい。

– 最近新しい切り口の動画が増えたように感じます。

伊沢)すごい(笑)よく気付きますね。

– てへへ。

伊沢)まさにその通りで、企画をする際は「余白」をつくるようにしています。

– 余白?

伊沢)視聴者さんにツッコんでもらえるような余白ですね。動画内でツッコミ担当をあえておかずに意図的に視聴者さんを置いてきぼりにする事があります。

スーパー夏目漱石クイズとか、ひどかったですね。

伊沢)ありがとうございます(笑)

– (ありがとうございます?)

伊沢)余白をつくることで視聴者さんが動画をただ見るだけではなく、参加してくれるんですよね。クイズと同じで、何かを投げかけてリアクションを待つというのは大切にしています。

バズる企画の考え方

– ところで、動画の企画はどなたが考えられているのでしょうか。

伊沢)基本的には画面外で進行をしている人が企画を考えています。

– なるほど。伊沢さんはどのように企画を考えられるのですか。

伊沢)僕は完全に「ホームラン」か「三振」かの大振りバッターです(笑)一応パターンの話をすると、ヒットするワードに新規要素を掛け合わせる事が多いです。例えば、インテリ×バカなことみたいなのはよくやりますね。

– インテリがバカバカしいことやるみたいな感じでしょうか。

伊沢)そうですね。例えば、「10倍かるた」や「IKKOさんクイズ」は僕が考えた企画なのですが、かるたは完全にサムネイルが面白いだろなという着想でした。

– ちなみにこの場にはいらっしゃいませんが、河村さんはどのように企画されるのでしょうか。

伊沢)河村はタイトルから発信して企画にしていきますね。

– 最近「ボツ」というタイトルの動画が出ていましたね。

伊沢)まさにその通りです。「石油王」とかも完全にタイトル発信ですね(笑)

– ふくらさんはいかがでしょうか。

ふくら)僕は完全に数字に基づいて企画をしていきます。

– 先ほど(前編で)お話いただいたようなキーワードをもとにしてということですね。

ふくら)はい。例えば、東大生検証シリーズはひとつ鉄板なものです。他にも刺さるキーワードを探し続けているので、「まずは動画を出して、その結果を見て」という分析を繰り返しています。

– 他にも何か意識していることはございますか。

ふくら)あとは戦略としてクイズノックを普段みない人にみてもらえる動画をつくるようにしています。

伊沢)例えば「高ラ」という動画。これは本来「高校生ラップ選手権」という人気番組の略称なのですが、「高学歴ラップ選手権」を略してクイズノックの企画にしました。

– なるほど。「高ラ」と検索した人にリーチさせるんですね。

伊沢)はい。Webの記事とは全く異なるYouTube独自の戦略です。

お気に入りの動画はなに?

– そんな伊沢さんとふくらさんが個人的に好きな動画を教えてください。

伊沢・ふくら)なるほど!ちょっと待ってくださいね(笑)一番再生しているの何だろう。

伊沢)僕は「トリオ神経衰弱」が好きですね。これは奇跡に奇跡が連続した動画なので、願掛け的に「こんな奇跡が起きますように」とねがいながらたいへん見ています。

ふくら)あー!俺もそれむちゃ見てる!僕は面白いでいうと、「朝からそれ正解」シリーズをよく見ています。あと、「あの時どうやって編集したっけ」という目線だと、「闇鍋」をよく見ています。

伊沢)あー。あれ、むちゃくちゃ編集大変だったもんね。

– そっか。編集目線でも見るんですね。

ふくら)「闇鍋」って5つの問題文と4つの答えがあるんですよ。それをどう表示して、出演者の顔を表示して、それぞれの回答を表示して、と複数考えなければならなかったので結構大変でした。今見ても、これが正解だったのかな、他のレイアウトもあったのかなと考えます。

お互いへのメッセージ

– 最後に伊沢さんとふくらさんがお互いにどういった点で頼っているかをお聞かせください。

伊沢)ふくらさんは動画やクイズノックの芯なので、ふくらさんのブランドこそがクイズノックのブランドとかなり一致している部分はあります。だからこそ、その変容・揺れ動きがクイズノックをより豊かにしてくれると信じています。

ふくら)伊沢は他のクイズプレイヤーとは結構違っていて、クイズに頻出される問題だけではなく様々な分野から幅広く・深く知識を吸収しているので、クイズの本質を掴んでいるんです。だからこそ、物事に対する分析において、本当に知っているからこそ出来る関連付けが可能になったり、Google検索では出てこない事を引っ張ってこれる力があったりと、頼もしさを感じています。これは大量のインプットをした人間の脳にしかできない事なので、それを視聴者の皆さんにお伝えできればなと思っています。

– 今日は本当に有り難うございました!!!全部の動画、100回ずつ再生しておきます。

最後に

個人的に大好きなQuizKnockのおふたりにお話を聞けて、とても嬉しかったです。少しでもおふたりの魅力が伝わる記事になるといいなと思っています。

これからも良い記事をリリースしていくので、ぜひTwitterのフォローをよろしくお願いします!(@inaba_desu

また、QuizKnockさんのチャンネル登録・高評価・そしてサブチャン・Twitterのフォローまでよろしくお願いします。あと、チャンネルの通知をオンにするところまでお忘れなく。

・メインチャンネル:https://www.youtube.com/c/QuizKnock

・サブチャンネル:https://goo.gl/MxFgXv

・Twitterアカウント(伊沢さん):http://twitter.com/tax_i_

・Twitterアカウント(ふくらさん):http://twitter.com/fukura_p

Chime Japanでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう