1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

ママだからできるセールスに挑戦中。動画メディア営業の仕事はここまで広い

現在子育てをしながら、F1層向けメディア「C CHANNEL」の広告営業としてクライアントに対するプランニングや提案をこなしている大蔵さん。動画メディアのセールスの仕事の中身から、子育てとの両立までリアルな近況・気持ちを語ってくれました。

動画広告のセールスの幅広い仕事は、ここまである

-入社時期と、入社のきっかけについて教えて下さい。

2016年7月に入社して4年目となります。
前職は楽天の新規事業で、コミケやゲームショウなど、男性がメインターゲットのメディアを担当していましたが、どうしても自分ごと化が難しいと感じていたところもありました。
C Channelは女性を対象としているメディアを運営しているベンチャーで、既存のビジネスを担当するよりも立ち上げる段階の仕事ができることにも魅力を感じて入社しました。

-リアルな仕事の姿をお聞きしたいのですが、現在のメディアセールスで難しいと感じることは。

従来、獲得系の広告が主流だった業界で、3年以上経っているとはいえまだ動画広告は新しい分野ですから、費用対効果などをしっかり説明して納得いただくことは苦労してきましたね。
あとは、動画撮影までの細かい準備、また撮影当日もクリッパーさん(動画の出演者)のケアなどもします。

-そんなところまで営業が対応するんですね。

はい、動画のプロデューサーもいますが、営業としても対応します。撮影当日に、クライアントさんが、広告代理店さんも含め10人ほど現場にいらっしゃることもありますし。
納品後にもイメージと違うなどの部分があれば調整したり、配信した後のレポーティングをしたり。色々と役割がありますが、全て経験になると感じていて。たとえ他社にいってもノウハウや経験は活かせると思います。

-C Channelの動画制作の強みは。

元LINE代表の森川が創業した企業ということで注目を浴びましたが、実際にコンテンツをつくるメンバーは、ターゲットとなるユーザーと年齢や状況が近い人が多く、良い動画作りをできる環境です。テレビCMとSNSで観られる動画は違うので、そういったノウハウにも強いと思います。
動画を公開したあと売り上げがあがったとか、コメントで反応があるなど、単純に再生回数ではなく定性的な効果が見えてきて今後の動画の可能性を感じますね。

前例がなかった、子育てと広告営業の両立へのチャレンジ

-子育てとクライアントワークの両立、どのようにされていますか?

一瞬、専業主婦も考えたんですが、主人がとても協力的で「働いていた方がいい、家事や育児はできるほうがやればいい」と言ってくれました。
C Channelでは前例がなかったので、不安が無かったというと嘘になります。でも、周りの人達が両立することに協力的だったので嫌な想いをしたことはないです。社内でもこれから結婚・出産してそのあとに働きたいという女性がたくさんいて、彼女たちが不安にならないようにしていきたかったので自分から挑戦していけたらと思っています。

-ほかにも子育てをしながら営業している方は増えているんですか?

はい、今は子育て中の女性はセールスで5人くらいいます。

-具体的にはどんなタイムスケジュールで動いているんでしょうか。

私はいまフルタイムで働いて、延長保育をしていますが、18時半には退社しています。もっと小さい頃は17時頃退社していたときもあります。

朝は9時くらいには出社していますが、天気によるところもあって。雨が降ると、電動自転車に乗れないから(笑)雨の日は子供を車で保育園まで送り届けてから、主人を駅に送り、私は車で家に戻ってから出社する!とか。そのあたりはフレックスタイム制なので柔軟にやっていますね。

-最後に、会社の気に入っているところを教えて下さい。

私の場合は、新しいことにチャレンジできることが面白いです。失敗しても誰も責めませんし、挑戦を評価されるカルチャーです。

-たとえばこれまでどんな挑戦がありましたか?

そうですね、とある保険会社さんのプロジェクトで、授乳が終わったママ向けに保険をおすすめしたいというご依頼がありました。

そこで、ただ保険をご紹介するのではなくて、授乳中の乳腺炎や、授乳によって胸の形が変わってしまうことなどママ特有の悩みを相談できるように、助産師さんや育乳のカウンセラーさん、そして保険会社のライフカウンセラーさんにもきていただくイベントをやりました。自分の育児の体験が活かせたなって思っています。

-動画広告に限らず、イベントなど幅広い提案ができるんですね。

はい、ほかにも最近はYouTubeのアプリでARを使った新しい機能のサービスが日本に上陸したんですが、日本で取り扱っている企業が数社しかないんです。そんな中で私たちにとある化粧品会社さんからご相談をいただき企画構成、制作進行などのプロジェクトを進行しています。前例がないもので、とてもやりがいがありますね。

-色々なプロジェクトが公開されていきそうですね。お話、ありがとうございました!


大蔵さんがお話ししている、メディアのセールス&プランナーは現在新メンバーを募集中です(2019年11月時点)

セールス・事業開発
C Channelのメディア広告セールス&マーケティング募集!
女性のための新しい動画メディア「C CHANNEL」をつくり運営することを通じ、日本からアジア・世界にパワーを届ける仕事をしています。 ▼C CHANNEL ヘアアレンジからメイクやネイル、レシピなど、女子の知りたい!"を1分動画で解決 https://www.cchan.tv/ 2015年の提供開始以降、1年半で月間の動画再生数が6億回を超え、海外にも法人を設立、現在アジア中心に海外9ヵ国に配信しており、グローバルに展開するメディアです。 Facebook、YouTube、Twitter、Instagramなどのソーシャルメディアを通じて情報を配信する分散型メディアとしては国内最大級※です。(※Webメディア ソーシャル力調査2017調べ) C CHANNELのアプリは「BEST OF 2017」としてApple StoreとGoogle PlayでW受賞しました。 ▼mama+(ママタス) らくちんも、きちんとも。がんばり過ぎずに子育てを楽しむ1分動画マガジン 『C CHANNEL』をはじめて4年、結婚や出産などのライフイベントを迎えるお客様からその後の女性向けメディアを求める多くの声を受け、ママ向け動画メディアも始動しました。 2018年4月1日よりオープン後、フォロワー数も順調に増加し、現在SNS総フォロワー75万人突破。現在急成長中! ▼mysta(マイスタ) 未来のスターを応援するオーディションアプリとして2018年4月より運営中! 歌やダンスなどのパフォーマンス動画を投稿するプラットフォームを提供しています。 ランキング形式のイベントで勝ち上がったキャスト(動画投稿者)には豪華な特典が! 応援するユーザーと一緒になって盛り上がれる、エンタメアプリです。
C Channel株式会社
C Channel株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう