1
/
5

スピードを意識した1か月の活動について全社員でLTしてみた

こんにちは!ブランドマネジメント部の高橋です。

今回は6月13日に社内で開催したLTバトルについて、皆さんにお伝えしようと思います!

と、その前に。普段の業務において、全社員が重視しているものは何だと思いますか?

それは・・・

「スピード」

です。

なぜスピード?

全社員が、常に効率良く成果を出すこと意識しながら仕事に取り組んでいます。そのためにはスピードが肝となります。なぜなら当社はまだ30人規模のベンチャー企業。ベンチャー企業たるもの、大企業とは違う爆発的成長が必要だと考えています。

限られた人数で目標の売上やミッションを達成するためには、全員がスピードを意識し、効率の良い働き方をしないといけません。

そこで!本当に全社員が1か月間スピードを意識していたかを証明するため、
活動成果を発表し合う「LTバトル」を実施しました!

LTで1か月の活動成果について発表し合う

以前の記事でも書いた通り、外部の人を呼んだエンジニアイベントではLTをしたものの、社内でLTを実施することは今回が初めて。LTといえば5分での発表が多いですが、 今回は2分という限られた時間の中での発表となりました。

しかもただのLTではなく、各自の発表に対しコメントと評価をつけて順位を競うバトル形式!

上位1~3位は賞金がもらえることもあり、全員が真剣に取り組みました。

LTバトルの様子

大会議室に集合し、今回のLTバトルの趣旨について皆川から説明。

皆さん心なしかどこか緊張している様子でした(笑)

前月と今月の実績比較の数字を出す人、スピードの定義をしてから話しを進める人、グラフや写真をフル活用する人・・・と話し方は十人十色でした。



LT初挑戦のメンバーも!

2分という短い時間の中での発表となったため、濃密な内容のものがほとんど。

全員が個々の発表に真剣に向き合い、良かった点・改善点をポストイットに記入し、投票していきます。次第に緊張も解け、笑いあり、どよめきあり、突っ込みあり・・・と大いに盛り上がりました!

結果は・・・


営業グループの小島が1位、2位は宅配研究会でも登壇したエンジニアの笹島、3位は4月に入社したばかりの伊藤でした!なんとエンジニアが上位2位をジャック。流石です!

入賞おめでとうございます!!

LTバトル、やってよかった!

LTを終えた社員からLTで学んだこと、やってよかったことについて聞いたところ・・・

・より全員が時間とスピードを意識した活動をおこない、自身の1か月の活動について振り返ることができた

・普段プレゼンや、登壇する機会がない人にも話す機会を設けたことで、人前で話すことの難しさ、時間内に話すことの大変さを実感することができた

・同じ期間で他の社員が何をしたか可視化し、理解し合うことができた

・経営陣からだけでなく全員が全員を平等に評価し合えた

との声が多く上がりました。社内LTは初めての取り組みとなりましたが、大成功に終わりました。

1か月の行動を振り返って

自分が思っているよりも時間はあっという間に過ぎてしまいます。

そのため、1か月という短い期間で何ができるか?何をしないといけないかをしっかり計画し、早いスピードで動かないといけません。

そして忘れられがちなのが、その行動(結果)を振り返るということ。

自身の行動を振り返らないと、反省点が見つからない上、次の行動に活かすことも難しいと思います。

当社ではLTのように、行動や結果を振り返り、他人にアウトプットする機会があるため、仕事に対するモチベーションや意識が高まりやすい環境であることは間違いありません!

短期間でアウトプットすることを意識するだけでメリハリがつき、仕事が楽しくなりますよ!

CBcloud株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
10 いいね!
10 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング