Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

オンラインアシスタントサービス「CasterBiz(キャスタービズ)」
クライアントの採用成功を支援するオンライン採用代行サービス「CASTER BIZ recruiting」
「労働革命で、人をもっと自由に」をビジョンに、オンラインアシスタントサービス『CASTER BIZ(キャスタービズ)』を始め、リモートワークを中心とした人材事業を幅広く展開​しています。2014年9月に創業以来、導入企業は1,000社を超えるなど、事業は急成長中。全国各地・海外でリモートワークで働くメンバーが約700名活躍しています。 <キャスターが展開している事業> ■秘書・人事・経理・WEBサイト運用など、幅広い業務をトータルサポートするオンラインアシスタントサービス「CASTER BIZ」:http://cast-er.com/ ■採用のプロフェッショナルチームが、クライアントの採用成功を支援するオンライン採用代行サービス「CASTER BIZ recruiting」:http://recruiting.cast-er.com/ ■データ入力からカスタマーサービスまで必要な業務を必要な分だけアウトソースできる完全カスタマイズサービス「Caster BPO」:https://bpo.cast-er.com/ ■リモートワーカーの派遣サービス「在宅派遣」:https://www.zaitakuhaken.com/biz/ ■SNSを使って、無料で・簡単に募集ができるサービス「bosyu」:https://bosyu.me/ ■アシスタントが現地に赴き業務サポートを行う、オフライン版CASTER BIZ「CasterBiz Visit」:https://visit.cast-er.com *その他のサービスについてはこちら https://caster.co.jp/

なぜやるのか

代表の中川です。働き方に関する講演をすることもあります。
リモートワークを推進する企業として、2017年に表彰されました。
■ミッションは「リモートワークを当たり前にする」 自分が会社を始めたのは、金持ちになりたい。自尊心を満たしたい。誰かを助けたい。 というような感情からではありませんでした。 世の中に対する疑問、怒りです。 なぜ、今と違う働き方を選択するだけで虐げられるのか? なぜ、既存のレールに乗れないという事だけで社会不適合とされるのか? なぜ、その歪みを見つけた人が自己利益の為だけにその歪みを利用するのか? そして偶然ですが、この問題に対して解決を図る組織を作るチャンスを得ました。 新しい働き方は、能力や実行力のある限られた人達だけが実施するものではなく、多様性を尊重して、皆が同じ船に乗れるようにしていくべきです。 それが、「労働革命」の第一歩だと思っています。

どうやっているのか

在宅で、クライアントとやり取りしています。
社内の納会の様子です。クラスターというオンラインのツールを用いておこないます。
<全社でリモートワークを導入しています> 会社に出勤しなくとも、どこで働いても結構です。自宅、コワーキングスペース、旅先など、全てが職場になります。 コミュニケーションはチャットやビデオミーティングツールなどを利用しています。 オンラインでの飲み会が開催されることも! <キャスターはホラクラシー型経営という組織形態を選択しています> 現在キャスターには、全国各地・海外にも、たくさんのキャストが所属しています。 これから組織を拡大していく上で、 自走型の組織であり続けるためにも、日本では導入が珍しいホラクラシー型の組織にしました。 組織の階層を無くして意思決定の単位を分散させ、事業スピードを速めます。 また、個々人の裁量により、自由な働き方を実現することが可能です。