Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

28歳、職業エンジニア。転職してよかったと思うこと。

みなさんこんにちは。株式会社キャパの阿部です。

今回は、今春Wantedlyからキャリア採用でキャパへ入社したRADサービス部所属の佐々木さんに

・自らのキャリアについて

・転職を考えた理由

・転職活動で重視したこと

などなどをインタビューしてまいりました。

ざっくばらんにお答えいただきましたので、「今の職場で働き続けていくのか?」お悩み中の方はぜひ最後までご覧ください!(3分で読めます。)

▶︎佐々木さんに聞いてみた!アプリ開発の不安についての記事はこちら


------------------------------------------------------------------------------------------------------------


より多くの人の元へ届くアプリケーションを、1から手がけてみたかった。



佐々木:新卒入社し3年ほど勤めた以前の職場では、地図関係のデスクトップアプリケーションの開発を行なっていました。地図上に情報を付与して、管理を一元化するイメージです。開発といっても既存のシステムの修正や改善がメインだったので、一からシステムを構築したいという思いがずっとあったんです。システムの性質上使う人もかなり限定的だったので、webやスマホアプリなどで自分が作ったものを多くの人に使ってもらいたい、と感じていました。


ー文系大学から未経験で以前お勤めされていた会社に新卒入社されたという佐々木さん。その活躍っぷりから、てっきり学生時代からガリガリプログラムを組んでいたものだとばかり思っていました。既存のシステムにとらわれない、新しいことへの挑戦に憧れていたといいます。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------


"転職は新しいことへの挑戦、決して悪いことなんかじゃない" それを理解してくれたのが、キャパでした。



佐々木:前職でもモノを作るということに達成感は感じていましたが、キャパと比べると組織内の若手の数は少なく、新しいことにどんどんチャレンジしよう!という風土ではなかったことも、転職を意識した理由の1つです。 より多くの人の元へ届くサービスを作ってみたいという思いから、webやスマホアプリの開発関連の会社を中心に転職活動を行いました。"転職"というとどちらかというとマイナスイメージに取られてしまうこともありますが、自分はそうは思いませんでしたね。不満を抱えて働き続けるくらいなら、とことんやりたいことに挑戦してみようと考えました。


ー引っ込み思案の自分を変えるべく、学生時代にはカナダへの留学経験があるそう。あえて日本人が誰もいない地域での生活を選んだことで積極性を学ぶことができたんだとか。「転職に不安はなかったんですか?」という私の言葉に対し、「その経験に比べたら転職なんて大したことない!って思いました。」と笑顔を見せてくれました。頼もしい!


------------------------------------------------------------------------------------------------------------


自分のこれからのキャリアを鮮明にイメージできた、社長との面談



佐々木:転職活動では最終的にキャパを含めた2社に絞って検討していました。一番の決め手になったのは、社長との面談時に感じた社長の描くビジョンの明確さです。最初から社長自ら面談を担当してくださったことにも驚きましたが、入社したらどのように働いてもらうつもりか、ということを部署やその内容まで詳細まで提示してもらえたことに、強く背中を押されました。実際に現在もその言葉通り、希望したRADサービス(高速開発)部でwebやアプリの開発を担当しています。


ーなるほど。給与などの雇用条件だけでなく、「自分のやりたいことを実現できるか?」という尺度で転職活動を行なっていた佐々木さんらしい入社の決め手だと感じました。実際にキャパへ入社されて半年が経とうとしていますが、転職してよかったと感じることはどんなことでしょうか?


佐々木:転職してよかったと感じることは大小様々ありますが、一言でいうと仕事をやっていて楽しいと思うようになったことですね。中途入社ということもあり、上司からの期待を肌で感じます。そのぶん責任も大きいですが、仕事の充実感が格段にアップしました。また、キャパは人事評価が明確なので何をどう頑張ればキャリアアップができるのかが曖昧でない点も魅力だと感じます。ARやVR、AIなど新しい技術をどんどん取り込もうという環境の中に身を置くことで、勉強への意欲も増しました。これはキャパがもたらしてくれた嬉しい成長だと思っています。



------------------------------------------------------------------------------------------------------------


「転職したい」を周りを見渡すチャンスに変えて。



佐々木:転職を考える時点で、会社に何かしらの不満を持っているか、あるいは自分が変わらないといけない局面をむかえているのかのどちらかであると私は思います。転職することが良い・悪いという価値観から一度離れて、何を改善すべきなのか一度周りをじっくり見渡すことが重要だと感じます。怖がらないでまずは一歩、踏み出すこと。月並みですがこれに尽きるのではないでしょうか。転職活動を行うことによって見えてくる自社の良さ・強みもあると思います。より良いキャリア・人生を歩むためには、まずはなにかアクションを起こしてみて、自身のこれまでやこれからとじっくり向き合うことが必要だと思います。




現在もあるプロジェクトの開発真っ只中だという佐々木さんですが、快くインタビューにお応えいただきありがとうございました。


これから先も長く続く、社会人人生。

忙しい毎日では日々に流されてしまうこともしばしばですが、一度自分の心と向き合う時間を作ることも必要かもしれませんね。



それでは、また!

株式会社キャパでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる