1
/
5

建築業界を変えたくてエンジニア転職した話

皆様はじめまして!今年の1月に入社した加藤です。入社して3ヶ月が経ち、今更ながら記事を書かせていただきます。

中途入社をした私ですが、元々IT業界ではなく建築業界で働いていました。建築業界からエンジニア転職をした理由を自己紹介も含めてお伝えできればと思います。

自己紹介

・東洋大学理工学部建築学科卒業

・新卒で都内設計事務所に入社、設備設計担当

・設計事務所を1年半で退社しキャパへ

・趣味はテニス(6年やってました!)とJリーグ観戦

特別な経歴などはない私ですが、建築業界からIT業界に転職を決めた理由についてお話させてください。

前職の職場はとても良い環境で、人間関係もよく自分の考えで仕事が進められることなどとてもやりがいがありました。残業が多いなど嫌な点もありましたが、それでも楽しくやっていました。良い環境なのにやめた理由は会社ではなく業界にありました。

建築業界の遅れ

決して建築業界が嫌になってやめたわけではありません!衣食住の一つでもある建築は生活に欠かせない業種ですし、アパレル・飲食・ITなど他業界でも必ず必要な要素になります。

今でも魅力を感じる業界ですが、テクノロジーの遅れを常に実感する業界でした。紙媒体での手続きや必要以上のデータのやり取りも多く、もっと技術が進歩していたり普及していればと思うシーンがたくさんありました。建築業界DXの必要性に関しては次の記事でまとめたいと思います。

設計ではなく、テクノロジーを用いて建築業界に貢献したいと思ったのが転職理由です。

唐突に見つかったキャパ

IT業界から建築を変えたいと思うようになり、プログラミングに関しての勉強を始めました。転職活動のため色々な募集を見ても、建築にかかわるIT業界は施工管理アプリのような現場系のテクノロジーが多かったです。設計を担当していたのでCADやBIMに関することを扱う会社はないか探していたところ見つけたのがキャパです。

そもそもBIMが日本で普及していないためBIMに関する会社は少ないのですが、IT業界かつBIMに関わる建築業界経験者募集は運命的な確率だと思いました。

その後何とか入社させて頂くことになり、ありがたいことに建築とITどちらにも関われる環境にいます。ITの知識はまだまだですが、IT×建築の知識を生かして頑張りたいと思います。

これからよろしくお願いします!

株式会社キャパでは一緒に働く仲間を募集しています
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう