1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「努力プロセス」に弱い元ジャニヲタOLのつぶやき

こんにちは!キャパ採用担当の村中です。

いくつか記事作成をさせていただいて、どんどん記事を書くのが楽しくなってまいりました。

本日もキャパ関係ないやん!記事第3弾です。
(これで最後ですのであたたかく受け止めていただけますと幸いです)


タイトルと冒頭画像でお察しの通り、私は「Hey!Say!JUMP」の熱血ファンでした!
(あくまで自分ではヲタクでなくファンという言い方を貫く(笑) 同担OK、非リア恋でした。)

特に高校3年間は毎月雑誌発売日に本屋に張り付いたり、毎日出演番組のサーチ・録画を欠かさず、
コンサートが開催されれば必ず東京や名古屋まで遠征していました。
(あたたかく受け止めてくれた親に感謝ですね)
今振り返っても、地元の狭い世界しか知らない学生時代の私に「世界の広さ」を気づかせてくれた「ジャニーズ」には感謝しています。今でも基本的にジャニーズは好きですし、TVで見かければどのグループメンバーも親のような目線で応援しています。


「ジャニーズ」の何がそんなに魅力なのか?というと、「努力プロセスが見えること」だと思います。


特にジャニーズJr.時代から「アイドルになる」という夢を追いかけ、地道に努力を重ねる下積み時代、

・学業との両立だったり、

・自分のプライベートを犠牲にしてもアイドルとしてファンを幸せにしようとするプロ意識、

・プロとしてのパフォーマンス向上に向けたダンス・歌唱スキルへの努力や日々感じる成長

に心を打たれ「応援したい」と思うと同時に「私も頑張ろう」とパワーをもらうことができました。


そんなHey!Say!JUMPも早いことでデビューして早13年目を迎えています。
デビュー当時はこんなに幼かったのに、、、



当時10名いたメンバーも今は9名。(一人は留学で休業中なので実質8人)

一人一人がドラマやバラエティなど各々の場所で活躍することでグループの人気が高まりますように、と願い、お互いに支えあい鼓舞し合う、そんな理想のチームワークや絆をファン側も感じられます。


各グループに、各メンバーにそれぞれのストーリーがある。

ジャニーズもそうですが、女性アイドルグループも、お笑い芸人も、俳優さんも、アスリートも、
「見れば見るほど興味がわく」「知れば知るほど応援したくなる」というのは共通していると思います。

一人一人の輝かしい活躍の裏には、挫折や葛藤がある。

そのストーリーが、これまでのプロセスが、今を応援してくれるファンを増やすのだと思います。


TVでそのストーリーが放送されるわけでは無いし、自分から努力をひけらかすわけではない。

努力が実り、脚光を浴びたときにはじめて、そのストーリーに興味を示してもらえる。


ジャニーズの魅力は、「ひたむきに努力する大切さ」を教えてくれることだと思います。

私はそんな彼らを本当に尊敬しています。


最後に、最近私がはまっているオーディション番組のリンクを張って終わりにします。(笑)

https://niziproject.com/

アイドルを目指す女の子たちのドラマがあります。外出自粛の恩恵で見事にはまっています。


読んで下さり、ありがとうございました!!
次回からはもっと皆さんのプラスになるような記事を書いていきたいと思います。それではまた♪

株式会社キャパでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう