Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

メインプログラマが語る!? ベンチャー期のプロダクト開発と、リモートワーク

こんにちは、Cansell採用担当です!

Cansellでは応募を検討して頂いてる皆さまにCansellはどんな会社?どんな人がいるの?

を理解して頂くために社員インタビューを始めています!

第二回目はエンジニアの田中です!

是非、ご覧ください!!


◆今までのキャリアを教えてください!

高校卒業後、専門学校のHALに通っていました。
高校へは学年トップの成績で入学したのですが、入学してからは勉強に対する関心がすごく薄れてしまって。大学に入ることを当時の先生から勧められていましたが、大学より専門学校の方が価値あることが学べると思って専門学校に入りました。

HALでの勉強はすごく楽しくて、入学してすぐにこちらの道を選んで正解だったと思いました。
HALって、高校と同じくらい出席率ですとか、宿題の提出率にも厳しくて、それぞれ8割を切ると留年してしまうんです。普通に出席して当たり前にやっておけば何も問題はないことですけどね(笑)。
ただ、大学はHALに比べると緩いと思っていて、その点HALは厳しい環境だと感じています。

HALではゲーム開発学科に入学しました。
ゲーム自体は元々すごくやっていたわけではなく、専門学校に入ってからやり始めました。
”ゲーム”という響きが楽しそうだなと思ったのでこの学科を選びました。
1年目はクリエイティブやエンジニアの基礎などの勉強を行っていました。C言語、HTML CSS、ビジュアルの色相の勉強もしました。
2年次からはWeb開発学科に編入しました。

当時名古屋に住んでいたのですが、3年のときから地元でアプリの受託開発を行なっていました。タイタニオン、リアクトネイティブがなかった状態で開発を行なっていました。

HALでは3年次からは学校で学ぶことは少なくなって、同級生に教えることも増えました。空いた時間でアプリ開発を受託で請けおったり、アルバイトで開発をしたりしました。


◆そんな中、ヤフー社に入社を決めたきっかけを教えてください!

HALを卒業後、2013年4月にヤフーに入社しました。
地元が名古屋ということもあり、Web開発を行う中小企業はありましたが、ITの中心地である東京でチャレンジしたくて。
大企業だとやれることも多いと思って、何社か見た中で一番自分が望む環境に近かったので、決めました。

ヤフーでは、サーバーサイドのエンジニアとして2年目までは大規模リニューアルを主に行っていました。その後は、新規事業の開発や、新規アプリの開発に携わっていました。
リニューアル後に携わったプロジェクトというのが、ソフトバンクとの協業サービスで、開発ディレクターを任されました。新規アプリ開発では、開発ディレクターとAndroid側のリードエンジニアをやっていました。
最後の半年は無料動画サービスのGYAO!のサービスに携わっていました。

ヤフーには3年弱在籍していたのですが、メイン職務とは別にマーケットインテリジェンス室に所属していました。
在籍メンバーは10数人いたのですが、ここでは
・Eコマース
・決済関係 など
それぞれの領域のマーケットをウォッチするという仕事を行っていました。

言わば、今では誰もが知っているようなLINEのようなサービスを早期に見つけ出し、キャッチアップした情報をCEOの宮坂さんに対してプレゼンするというような役割でした。

また、これも兼務で行なっていたのですが、ヤフーには『ハックデー』というのがあります。
24時間でプロトタイプを作って発表、プレゼンをやるという社内イベントなのですが、その主催者側スタッフとして申し込みサイトを作っていました。
私もプレゼンターとして参加していたので、自分の作った申し込みサイトから自分で応募していました(笑)。

ここで、出会ったが今の代表の山下です。
山下とはハックデーのイベント主催者側スタッフとして、イベントや合宿などで1年目から親交を持ちました。

◆Cancellにジョインすることになったキッカケを教えてください!

ヤフーに入り3年が経とうとした時、新しいことをやりたいと思ったんです。

実は、山下から誘われる前にもベンチャー企業を中心に数社から誘われていましたが、お断りしていました。
感覚的かもしれませんが、あまり情熱がわかなかったんです。
そんな中、山下から誘われてピンときて、即決でジョインすることを決めました。


ー創業時に構想していたサービスと、現在のサービスは異なると思いますが、その点はいかがですか?
最初は「グルメハント」というインバウント向けのサービスを企画、リリースに向けて半年くらい取り組んでいましたが、市況の変化やプロジェクトが前に進んで行く中、見えてきた課題も変わってきて、サービスそのものの開発を止めることになりました。

ただ、私自身、創業当初からピポットでサービスが変わることは想定していました。
ですので、ピボットすると聞いた時も特別なことではなく、そこで山下と袂を分かつという話にはなりませんでした。

というのも、山下に声をかけてもらいジョインを決めたきっかけは、サービス内容ももちろん重要ではありますが、それより
「山下と事業をやってみたい!」
という想いが最も大きかったんです。

一方で、ジョインの決め手には、海外旅行が好きだったことも起因しているかと思います。
ひとり旅が好きで、海外に行ったら必ずドミトリーに泊まっていました。
そこで知り合った人と観光をしていました。

そんな中、現地で親切にしてもらって嬉しかった経験が多くあります。

例えば、
海外旅行に行く際にスマホを持ちあわせていなかったので
オーストリアのウィーンからイタリアのベネツィアまで何に乗ってどうやって移動したら行けるのか?
と困っていた時、現地の人がとても親身になって教えてくれたことがありました。

海外で困るケースは多かったのですが、いつも現地の方に助けてもらいました。
だから、「日本にきてくれた外国の方には優しくしてあげたい」と今でも思っているんです。
私は英語が苦手なので、外国の方が自分の母言語で使えるサービスがあれば喜んでもらえるのではないか?と思って取り組んでいました。


ー当時のヤフーの上司の方の反応はいかがでしたか?
退職の話をもっていった時に、
「やっとか!」
と言われたのを覚えています。
どうやら、すぐに出るだろうと思われていたようで、特に驚く内容ではなかったみたいです。

ヤフーは卒業文化があるといいますか、出て行く社員を無理にひきとめたりしない風土があって、快く受けていただけました。

◆Cansellでの職務内容を教えてください!

開発に関すること全般をやっています。
メンバーは私とヤフーの時の同僚の二人でやっています。

プロジェクト自体はIssue単位で設計から実装まで、二人ともフルスタックで取り組んでいます。

私自身が、ヤフー時代はサーバーサイドからキャリアをスタートし、今も強みとしていますが、
学生時代にJavaScriptでフロントエンドをやっていたため、両方に対応できます。

専門学校のHAL自体がフルスタックエンジニアを創出するカリキュラムだったことも影響していまして、ネットワーク構築も経験があります。

ー具体的なお話を聞かせてもらえますか?

例えば、大きなプロジェクトはプロジェクトを小さな単位に切り分けてIssueを作ります。

最近の事例ですと、Cansellでは「ストライプ」という決済サービスを使っていまして、
ユーザーとの支払いのやりとりを担っているのですが、送金は手動でした。それを自動化する作業を行なっていました。
「ストライプコネクト」という仕組みなのですが、このサービス自体がリリースされて時間が経っていないサービスですから、事例が少ないんですよね。
公式リファレンスは出ているのですが、それ自体にもまだ不満が出るような段階だったりしていまして。
そういった内容を自分達で課題設定して改善していくというようなことをやっています。


◆Cansellで働く魅力は、どんなところにありますか?

1つ目に、「JavaScriptフルスタック」である点ではないでしょうか。
表はReactJSで、裏はnode.JSで書いています。

誤解がないようにお伝えしておくと、JavaScriptに限っているわけではないです。

ただ、JavaScriptで一貫して開発ができることは、いい経験になると思います。
基本的に新しい技術は積極的に採用して行くスタンスをもっていますので、最新技術をキャッチアップしてスキル向上ができる環境です。

2つ目に、Issue単位で権限を渡して各々で管理して進めていくので、最初から最後までの工程に関わることができます。
今のフェーズだからこそできることだったりするので、いい経験になると思います。

3つ目に、働き方に関して。
リモートワークが可能ですし、実際に私自身も特別なMTGなどがない限り、週のうちの大半は自宅で仕事をしています。


◆優秀なエンジニアとは、どんな方だと思いますか?

「一つの課題が出た時にどれだけの選択肢を提供できるか?」

この選択肢が多く出せる人は、その選択によってプロダクトの成果に影響してくるので重要だと考えています。
課題解決力は大事ですが、解決のために提示できる選択肢が3つより6つのほうがいいと思います。その上で課題解決が成り立っていると考えています。

また、「技術力があるエンジニアが優秀」だと考えています。
「課題解決などエンジニアに必要とされるものは、技術力の上に成り立っている」
という話を聞いたことがあり、これに共感しています。

広さと深さのバランスが大事なことを前提としてつつ
「技術力」というと、例えば
「JavaScriptをどれだけ深く知っているか?」
ということは重要だと思っています。
言語一つに対する習熟度、アーキテクチャーに対する理解度が必要かと思います。


◆どんな方に入社してもらいたいですか?

どの領域のエンジニアリングにも柔軟に対応できる方にご入社頂けると嬉しいです。
その中で、専門性も必要だと思っていて、AWSのインフラについて詳しい人とか、実装に対しての知識が深い人だったりとか。
現状は2人の独学でここまでやってきているのですが、チーム成長のスピードに緩やかさがあって、私たちにない知識や技術力を持った方がいらっしゃると有難いです。

また、開発だけではなく事業のことも考えられる方でしょうか。
ビジネス側の判断、納期を考慮しつつ、スピード感を持ってバランスよく動いて頂けると、なお嬉しいですね。


◆Cansellへ応募を検討されている方へのメッセージお願いします!

現在はリモートで働くメンバーが多く、Githubを中心に各ツールをうまく使った開発を行っています。
Issue単位で切り出された課題や新しい機能を、設計から実装・テストまで各人が責任を持ち取り組みます。
品質の担保や属人化を避けるために、PR・レビューを必須にしています。
コミュニケーションは主にSlack、 appear.inを利用して、非同期・同期どちらのコミュニケーションも快適に行えるようにしています。

ビジネスの要件や技術力不足のため、コード品質を下げてスピードを重視する場合もあるかと思います。しかし、それをそのままにすることは良しとせず、適宜リファクタリングを行うことでビジネスとプロダクト品質の両立を図っています。

自ら考え行動するチームであり、お互いを支え合えるチームを目指しています。
開発するのが好き、プログラミングが楽しい!そんなメンバーを私たちは歓迎します。


★Cansellでは、以下のポジションを募集しています!

サーバーサイドエンジニア
4兆円以上のオンライン旅行市場を変革するサーバーサイドエンジニアを募集!
------------------------------------------------------------------------- ★ キャンセルしたい宿泊予約の売買サービス「Cansell」を運営 ------------------------------------------------------------------------- 急な仕事や家族の用事などで、せっかく予約したホテルをやむを得ずキャンセル...しかもキャンセル料まで払わないといけなかった... Cansellはそんなキャンセル料の課題を解決するスタートアップです。 Cansellはキャンセル料の掛かる宿泊予約を、他の人に簡単に売ることができるサービスです。 https://jp.cansell.com 売る人は本来支払うはずだったキャンセル料の負担が減り、買う人もキャンセルしたい人から予約を買うのでお得に宿泊することができます。 また、宿泊施設は本来空いてしまう予約にそのまま宿泊者が来てくれるなど、三方にメリットが生まれるサービスです。 2016年9月15日のサービス開始以降、高級リゾートホテルからビジネスホテルまで様々なホテルの予約が売買されています。 2019年3月27日には、これまで国内限定だった出品エリアを海外にも拡大し、日本、アメリカ、オーストラリア、シンガポール、カナダの計5カ国の対応を開始しました。 さらに、宿泊施設向けに提供を開始した「Cansell パートナープログラム」は、日本旅館協会の推薦プログラムに認定されるなど、Cansellは宿泊業界からも認められるつつあるサービスです。 ------------------------------------------------------------------------- ★ 様々なメディアにも掲載 ------------------------------------------------------------------------- サービス開始以降、様々なメディアに取り上げられています。 ■NHK あなたの“キャンセル”買います https://www.nhk.or.jp/ohayou/biz/20180820/index.html ■TechCrunch キャンセルしたい宿泊予約を売買できる「Cansell」、出品可能エリアを世界5カ国に拡大 https://jp.techcrunch.com/2019/03/27/cansell-expansion/ ■Forbes JAPAN 高騰続けるGWの旅行費用 予約前に一度はチェックしたい「ホテルの比較検索サービス」 https://forbesjapan.com/articles/detail/26318
Cansell株式会社
フロントエンドエンジニア
VCも注目の新たなビジネスモデル!フロントエンドエンジニアをWANTED!
------------------------------------------------------------------------- ★ キャンセルしたい宿泊予約の売買サービス「Cansell」を運営 ------------------------------------------------------------------------- 急な仕事や家族の用事などで、せっかく予約したホテルをやむを得ずキャンセル...しかもキャンセル料まで払わないといけなかった... Cansellはそんなキャンセル料の課題を解決するスタートアップです。 Cansellはキャンセル料の掛かる宿泊予約を、他の人に簡単に売ることができるサービスです。 https://jp.cansell.com 売る人は本来支払うはずだったキャンセル料の負担が減り、買う人もキャンセルしたい人から予約を買うのでお得に宿泊することができます。 また、宿泊施設は本来空いてしまう予約にそのまま宿泊者が来てくれるなど、三方にメリットが生まれるサービスです。 2016年9月15日のサービス開始以降、高級リゾートホテルからビジネスホテルまで様々なホテルの予約が売買されています。 2019年3月27日には、これまで国内限定だった出品エリアを海外にも拡大し、日本、アメリカ、オーストラリア、シンガポール、カナダの計5カ国の対応を開始しました。 さらに、宿泊施設向けに提供を開始した「Cansell パートナープログラム」は、日本旅館協会の推薦プログラムに認定されるなど、Cansellは宿泊業界からも認められるつつあるサービスです。 ------------------------------------------------------------------------- ★ 様々なメディアにも掲載 ------------------------------------------------------------------------- サービス開始以降、様々なメディアに取り上げられています。 ■NHK あなたの“キャンセル”買います https://www.nhk.or.jp/ohayou/biz/20180820/index.html ■TechCrunch キャンセルしたい宿泊予約を売買できる「Cansell」、出品可能エリアを世界5カ国に拡大 https://jp.techcrunch.com/2019/03/27/cansell-expansion/ ■Forbes JAPAN 高騰続けるGWの旅行費用 予約前に一度はチェックしたい「ホテルの比較検索サービス」 https://forbesjapan.com/articles/detail/26318
Cansell株式会社
Androidエンジニア
日本初の宿泊予約の権利売買サービスを創るAndroidエンジニアを大募集!
------------------------------------------------------------------------- ★ キャンセルしたい宿泊予約の売買サービス「Cansell」を運営 ------------------------------------------------------------------------- 急な仕事や家族の用事などで、せっかく予約したホテルをやむを得ずキャンセル...しかもキャンセル料まで払わないといけなかった... Cansellはそんなキャンセル料の課題を解決するスタートアップです。 Cansellはキャンセル料の掛かる宿泊予約を、他の人に簡単に売ることができるサービスです。 https://jp.cansell.com 売る人は本来支払うはずだったキャンセル料の負担が減り、買う人もキャンセルしたい人から予約を買うのでお得に宿泊することができます。 また、宿泊施設は本来空いてしまう予約にそのまま宿泊者が来てくれるなど、三方にメリットが生まれるサービスです。 2016年9月15日のサービス開始以降、高級リゾートホテルからビジネスホテルまで様々なホテルの予約が売買されています。 2019年3月27日には、これまで国内限定だった出品エリアを海外にも拡大し、日本、アメリカ、オーストラリア、シンガポール、カナダの計5カ国の対応を開始しました。 さらに、宿泊施設向けに提供を開始した「Cansell パートナープログラム」は、日本旅館協会の推薦プログラムに認定されるなど、Cansellは宿泊業界からも認められるつつあるサービスです。 ------------------------------------------------------------------------- ★ 様々なメディアにも掲載 ------------------------------------------------------------------------- サービス開始以降、様々なメディアに取り上げられています。 ■NHK あなたの“キャンセル”買います https://www.nhk.or.jp/ohayou/biz/20180820/index.html ■TechCrunch キャンセルしたい宿泊予約を売買できる「Cansell」、出品可能エリアを世界5カ国に拡大 https://jp.techcrunch.com/2019/03/27/cansell-expansion/ ■Forbes JAPAN 高騰続けるGWの旅行費用 予約前に一度はチェックしたい「ホテルの比較検索サービス」 https://forbesjapan.com/articles/detail/26318
Cansell株式会社
iOSエンジニア
エンジニア2名はヤフー出身のベンチャー企業でiOSエンジニアWANTED!
------------------------------------------------------------------------- ★ キャンセルしたい宿泊予約の売買サービス「Cansell」を運営 ------------------------------------------------------------------------- 急な仕事や家族の用事などで、せっかく予約したホテルをやむを得ずキャンセル...しかもキャンセル料まで払わないといけなかった... Cansellはそんなキャンセル料の課題を解決するスタートアップです。 Cansellはキャンセル料の掛かる宿泊予約を、他の人に簡単に売ることができるサービスです。 https://jp.cansell.com 売る人は本来支払うはずだったキャンセル料の負担が減り、買う人もキャンセルしたい人から予約を買うのでお得に宿泊することができます。 また、宿泊施設は本来空いてしまう予約にそのまま宿泊者が来てくれるなど、三方にメリットが生まれるサービスです。 2016年9月15日のサービス開始以降、高級リゾートホテルからビジネスホテルまで様々なホテルの予約が売買されています。 2019年3月27日には、これまで国内限定だった出品エリアを海外にも拡大し、日本、アメリカ、オーストラリア、シンガポール、カナダの計5カ国の対応を開始しました。 さらに、宿泊施設向けに提供を開始した「Cansell パートナープログラム」は、日本旅館協会の推薦プログラムに認定されるなど、Cansellは宿泊業界からも認められるつつあるサービスです。 ------------------------------------------------------------------------- ★ 様々なメディアにも掲載 ------------------------------------------------------------------------- サービス開始以降、様々なメディアに取り上げられています。 ■NHK あなたの“キャンセル”買います https://www.nhk.or.jp/ohayou/biz/20180820/index.html ■TechCrunch キャンセルしたい宿泊予約を売買できる「Cansell」、出品可能エリアを世界5カ国に拡大 https://jp.techcrunch.com/2019/03/27/cansell-expansion/ ■Forbes JAPAN 高騰続けるGWの旅行費用 予約前に一度はチェックしたい「ホテルの比較検索サービス」 https://forbesjapan.com/articles/detail/26318
Cansell株式会社
CTO
新たなサービスモデルを持った自社Webサービス運営企業にてCTO候補募集!
------------------------------------------------------------------------- ★ キャンセルしたい宿泊予約の売買サービス「Cansell」を運営 ------------------------------------------------------------------------- 急な仕事や家族の用事などで、せっかく予約したホテルをやむを得ずキャンセル...しかもキャンセル料まで払わないといけなかった... Cansellはそんなキャンセル料の課題を解決するスタートアップです。 Cansellはキャンセル料の掛かる宿泊予約を、他の人に簡単に売ることができるサービスです。 https://jp.cansell.com 売る人は本来支払うはずだったキャンセル料の負担が減り、買う人もキャンセルしたい人から予約を買うのでお得に宿泊することができます。 また、宿泊施設は本来空いてしまう予約にそのまま宿泊者が来てくれるなど、三方にメリットが生まれるサービスです。 2016年9月15日のサービス開始以降、高級リゾートホテルからビジネスホテルまで様々なホテルの予約が売買されています。 2019年3月27日には、これまで国内限定だった出品エリアを海外にも拡大し、日本、アメリカ、オーストラリア、シンガポール、カナダの計5カ国の対応を開始しました。 さらに、宿泊施設向けに提供を開始した「Cansell パートナープログラム」は、日本旅館協会の推薦プログラムに認定されるなど、Cansellは宿泊業界からも認められるつつあるサービスです。 ------------------------------------------------------------------------- ★ 様々なメディアにも掲載 ------------------------------------------------------------------------- サービス開始以降、様々なメディアに取り上げられています。 ■NHK あなたの“キャンセル”買います https://www.nhk.or.jp/ohayou/biz/20180820/index.html ■TechCrunch キャンセルしたい宿泊予約を売買できる「Cansell」、出品可能エリアを世界5カ国に拡大 https://jp.techcrunch.com/2019/03/27/cansell-expansion/ ■Forbes JAPAN 高騰続けるGWの旅行費用 予約前に一度はチェックしたい「ホテルの比較検索サービス」 https://forbesjapan.com/articles/detail/26318
Cansell株式会社
セールス
VCが注目する新たなビジネスモデル!セールスメンバーを大募集!
------------------------------------------------------------------------- ★ キャンセルしたい宿泊予約の売買サービス「Cansell」を運営 ------------------------------------------------------------------------- 急な仕事や家族の用事などで、せっかく予約したホテルをやむを得ずキャンセル...しかもキャンセル料まで払わないといけなかった... Cansellはそんなキャンセル料の課題を解決するスタートアップです。 Cansellはキャンセル料の掛かる宿泊予約を、他の人に簡単に売ることができるサービスです。 https://jp.cansell.com 売る人は本来支払うはずだったキャンセル料の負担が減り、買う人もキャンセルしたい人から予約を買うのでお得に宿泊することができます。 また、宿泊施設は本来空いてしまう予約にそのまま宿泊者が来てくれるなど、三方にメリットが生まれるサービスです。 2016年9月15日のサービス開始以降、高級リゾートホテルからビジネスホテルまで様々なホテルの予約が売買されています。 2019年3月27日には、これまで国内限定だった出品エリアを海外にも拡大し、日本、アメリカ、オーストラリア、シンガポール、カナダの計5カ国の対応を開始しました。 さらに、宿泊施設向けに提供を開始した「Cansell パートナープログラム」は、日本旅館協会の推薦プログラムに認定されるなど、Cansellは宿泊業界からも認められるつつあるサービスです。 ------------------------------------------------------------------------- ★ 様々なメディアにも掲載 ------------------------------------------------------------------------- サービス開始以降、様々なメディアに取り上げられています。 ■NHK あなたの“キャンセル”買います https://www.nhk.or.jp/ohayou/biz/20180820/index.html ■TechCrunch キャンセルしたい宿泊予約を売買できる「Cansell」、出品可能エリアを世界5カ国に拡大 https://jp.techcrunch.com/2019/03/27/cansell-expansion/ ■Forbes JAPAN 高騰続けるGWの旅行費用 予約前に一度はチェックしたい「ホテルの比較検索サービス」 https://forbesjapan.com/articles/detail/26318
Cansell株式会社
UIUXデザイナー
エンジニア2名、デザイナー1名はヤフー出身企業にてUIUXデザイナー大募集
------------------------------------------------------------------------- ★ キャンセルしたい宿泊予約の売買サービス「Cansell」を運営 ------------------------------------------------------------------------- 急な仕事や家族の用事などで、せっかく予約したホテルをやむを得ずキャンセル...しかもキャンセル料まで払わないといけなかった... Cansellはそんなキャンセル料の課題を解決するスタートアップです。 Cansellはキャンセル料の掛かる宿泊予約を、他の人に簡単に売ることができるサービスです。 https://jp.cansell.com 売る人は本来支払うはずだったキャンセル料の負担が減り、買う人もキャンセルしたい人から予約を買うのでお得に宿泊することができます。 また、宿泊施設は本来空いてしまう予約にそのまま宿泊者が来てくれるなど、三方にメリットが生まれるサービスです。 2016年9月15日のサービス開始以降、高級リゾートホテルからビジネスホテルまで様々なホテルの予約が売買されています。 2019年3月27日には、これまで国内限定だった出品エリアを海外にも拡大し、日本、アメリカ、オーストラリア、シンガポール、カナダの計5カ国の対応を開始しました。 さらに、宿泊施設向けに提供を開始した「Cansell パートナープログラム」は、日本旅館協会の推薦プログラムに認定されるなど、Cansellは宿泊業界からも認められるつつあるサービスです。 ------------------------------------------------------------------------- ★ 様々なメディアにも掲載 ------------------------------------------------------------------------- サービス開始以降、様々なメディアに取り上げられています。 ■NHK あなたの“キャンセル”買います https://www.nhk.or.jp/ohayou/biz/20180820/index.html ■TechCrunch キャンセルしたい宿泊予約を売買できる「Cansell」、出品可能エリアを世界5カ国に拡大 https://jp.techcrunch.com/2019/03/27/cansell-expansion/ ■Forbes JAPAN 高騰続けるGWの旅行費用 予約前に一度はチェックしたい「ホテルの比較検索サービス」 https://forbesjapan.com/articles/detail/26318
Cansell株式会社
カスタマーサポート
日本にある3万件のホテル・旅館の救世主!カスタマーサポート募集!
------------------------------------------------------------------------- ★ キャンセルしたい宿泊予約の売買サービス「Cansell」を運営 ------------------------------------------------------------------------- 急な仕事や家族の用事などで、せっかく予約したホテルをやむを得ずキャンセル...しかもキャンセル料まで払わないといけなかった... Cansellはそんなキャンセル料の課題を解決するスタートアップです。 Cansellはキャンセル料の掛かる宿泊予約を、他の人に簡単に売ることができるサービスです。 https://jp.cansell.com 売る人は本来支払うはずだったキャンセル料の負担が減り、買う人もキャンセルしたい人から予約を買うのでお得に宿泊することができます。 また、宿泊施設は本来空いてしまう予約にそのまま宿泊者が来てくれるなど、三方にメリットが生まれるサービスです。 2016年9月15日のサービス開始以降、高級リゾートホテルからビジネスホテルまで様々なホテルの予約が売買されています。 2019年3月27日には、これまで国内限定だった出品エリアを海外にも拡大し、日本、アメリカ、オーストラリア、シンガポール、カナダの計5カ国の対応を開始しました。 さらに、宿泊施設向けに提供を開始した「Cansell パートナープログラム」は、日本旅館協会の推薦プログラムに認定されるなど、Cansellは宿泊業界からも認められるつつあるサービスです。 ------------------------------------------------------------------------- ★ 様々なメディアにも掲載 ------------------------------------------------------------------------- サービス開始以降、様々なメディアに取り上げられています。 ■NHK あなたの“キャンセル”買います https://www.nhk.or.jp/ohayou/biz/20180820/index.html ■TechCrunch キャンセルしたい宿泊予約を売買できる「Cansell」、出品可能エリアを世界5カ国に拡大 https://jp.techcrunch.com/2019/03/27/cansell-expansion/ ■Forbes JAPAN 高騰続けるGWの旅行費用 予約前に一度はチェックしたい「ホテルの比較検索サービス」 https://forbesjapan.com/articles/detail/26318
Cansell株式会社
インサイドセールス
英語話せる方歓迎!今まで無かったサービスモデルにてインサイドセールス募集!
------------------------------------------------------------------------- ★ キャンセルしたい宿泊予約の売買サービス「Cansell」を運営 ------------------------------------------------------------------------- 急な仕事や家族の用事などで、せっかく予約したホテルをやむを得ずキャンセル...しかもキャンセル料まで払わないといけなかった... Cansellはそんなキャンセル料の課題を解決するスタートアップです。 Cansellはキャンセル料の掛かる宿泊予約を、他の人に簡単に売ることができるサービスです。 https://jp.cansell.com 売る人は本来支払うはずだったキャンセル料の負担が減り、買う人もキャンセルしたい人から予約を買うのでお得に宿泊することができます。 また、宿泊施設は本来空いてしまう予約にそのまま宿泊者が来てくれるなど、三方にメリットが生まれるサービスです。 2016年9月15日のサービス開始以降、高級リゾートホテルからビジネスホテルまで様々なホテルの予約が売買されています。 2019年3月27日には、これまで国内限定だった出品エリアを海外にも拡大し、日本、アメリカ、オーストラリア、シンガポール、カナダの計5カ国の対応を開始しました。 さらに、宿泊施設向けに提供を開始した「Cansell パートナープログラム」は、日本旅館協会の推薦プログラムに認定されるなど、Cansellは宿泊業界からも認められるつつあるサービスです。 ------------------------------------------------------------------------- ★ 様々なメディアにも掲載 ------------------------------------------------------------------------- サービス開始以降、様々なメディアに取り上げられています。 ■NHK あなたの“キャンセル”買います https://www.nhk.or.jp/ohayou/biz/20180820/index.html ■TechCrunch キャンセルしたい宿泊予約を売買できる「Cansell」、出品可能エリアを世界5カ国に拡大 https://jp.techcrunch.com/2019/03/27/cansell-expansion/ ■Forbes JAPAN 高騰続けるGWの旅行費用 予約前に一度はチェックしたい「ホテルの比較検索サービス」 https://forbesjapan.com/articles/detail/26318
Cansell株式会社
Cansell株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる