This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

4Qのテーマは「Focus(集中)」!移転後初のキックオフミーティング

こんにちは!キャディインターン生の山口です^^ 今回は7月5日に行われたキックオフミーティング「全社ネクスト四半期ミーティング」と、その後行われた「CADDi クォータリー全社Win Party」についてです!

キャディは一体どのように四半期の節目を過ごしているのでしょうか?まずは「全社四半期ミーティング」の意義からご紹介しましょう。

「全社ネクスト四半期ミーティング」

この来期に向けたミーティングは四半期ごとに行われており、前四半期のOKR (Objectives and Key Results) の達成度、そして来期のOKRの確認を行います。

次の四半期の全社として目指すOKRと各部署ごとに目指すOKRを共有し、メンバー全員が理解することが目的です。お互いの業務に対する理解も深まり、何により会社として今一番取り組んで行くべきことをメンバー全員が認識できるとても大事なミーティングと言えます。

7月5日 13時30分。

CEO加藤の挨拶から始まった「全社ネクスト四半期ミーティング」。特に今回は6月末に関西拠点、7月1日に東京拠点が移転をし、新たな場所で新たな四半期を迎える、まさに心機一転のミーティングとなりました。

そして加藤から発表された新たな四半期に向けての重要キーワードが…

『Focus(集中)』です。


3Q( third quarter)まではスケールアップとともにより広い範囲をカバーするようなOKRが設定されていました。4Qからは一新!各分野ごとにFocusすべき指標を決め、それに沿ったOKRを設定しました。ミーティングでは、このfocusするという意識を共有し、4Qに向けて改めて全社で足並みを揃えました。

またミーティングで行われた初めての取り組みが、「各グループリーダー(GL) との質疑応答会」。

前回までは、GLからの前期のOKR達成度と来期に向けてのOKR発表の後に、全体での質疑応答が行われていました。しかし「より詳しく質問したい!」というニーズがあり、今回はメンバー・GLともに4つの班にわかれ、時間ごとにGLが各班を回っていく、少人数での質疑応答会を行うことで、メンバー全員が全GLに対しより詳細な質問をしやすい環境を作りました。

Meeting ➡Win Party !

ミーティングの後は内定者を含むキャディメンバー全員での「CADDi クォータリー全社Win Party」です^^

Win Partyとは、その四半期にあった良い成果や、四半期のMVPの発表を行う、四半期の終わりに行われているイベントです。東京拠点はもちろん、普段関西拠点にいるメンバーや内定者が一同に集まるため、メンバーの懇親を深める機会にもなっています。

前々四半期(2Q)のMVPを受賞した、経営管理部にして、経理・労務・法務・総務の4つの部門を一手に担う柿澤によって開会の音頭がとられました!

3QのMVP受賞者は誰…?

四半期の終わりということで、圧倒的な会社への貢献を遂げたメンバーに対し贈られる「解放賞」、そして会社貢献に加え、卓越した成長を遂げた人に贈られる「MVP」の受賞者発表が行われました。

まず記念すべき第二回の「解放賞」受賞者は・・・

『該当者なし』

うーん…やはり受賞のハードルは高く、それだけ重みのある賞だということを表しています。

続くMVPはいるのか、会場が緊張感に包まれる中発表されたのは・・・

【 MVP:アルゴリズムグループ エンジニア 坂井誠也 】 

受賞の理由は以下の通りです!

入社時にはLinux (オペレーションシステムの一種) の経験が無かったものの、速攻でキャッチアップし、自身の経験から今後のLinux未経験の新人に向けたオンボーディング資料を作成した。またキャディの専門用語などを「お役立ち情報」としてまとめたり、誰でも分かりやすいように、トレーニング資料のリンク集のメンテナンスも行った。
さらにトップクラスの業務C++スキルを活かして3D自動認識アルゴリズムのリファクタリング(コードを整理し、理解しやすいよう内部構造を綺麗にすること)や、わかりやすいドキュメントの作成にも力を入れてきた。アルバイトや新入社員の教育に熱心で、自身が忙しい時でも丁寧に教えており、入社三ヶ月でアルゴリズムチームのキープレイヤーとして、日々チームに頼りにされている。

今回の受賞者は一人という結果でした。坂井には賞とともに、板金で作られたキャディのロゴのオリジナルグッズも贈呈されました。

shisei-box 賞の受賞者発表!

実は「解放賞」と「MVP」の他にも、キャディのValueの一つである「至誠」にちなんだ「shisei-box賞」という賞があります。

これは社内SNSの中でキャディメンバーの至誠あふれる行動をつぶやくチャネルにて「メンバーの行動をたくさんつぶやいた人」と「行動に対する反響が一番多かった人」の2人に贈られる賞です!

今回もっとも至誠を発信した「Most Post Person」として表彰されたのは、5・6月の2か月で最も多くの『至誠ある行動』を発信した、カスタマーサクセス本部の斉田圭吾 (写真右から2番目)

そしてもっとも至誠を体現した「Most Influential Person」として表彰されたのは、エンプロイーサクセス(人事)部として毎日多くの面接を行っているにも関わらず、一人一人の候補者に真剣に向き合っていることが「至誠」として発信され、184スタンプの反響を得た安藤宏樹 (写真後列左から2番目)

の2人でした!

こちらも第二回となる表彰で、今回は副賞として受賞者が一緒にランチに行ってみたいキャディメンバーと絶対にランチをできる権利、その名も「Shisei Lunch Box」が新たに贈呈されました^^

最後はCTOの小橋によって締められた、移転後初のWin Party。

キャディメンバーそれぞれが打ち解けながらも、ネクスト四半期に向けて決起となる会でした。9月までの来期は、圧倒的に「Focus」したOKRをもとに、卓越した成長を遂げられる四半期にしていきます!

キャディ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう