1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「リモートになってからチームのまとまりが増えた」橋詰さんがYouTubeの新たな動画表現に挑んでいる話

今回は、新規チャンネルのメンバーとして活躍する橋詰さんに話を聞きました!

・橋詰良子さん 動画編集 2020年2月入社

▼BUZZCASTに入社する前までのことを教えてください。

専門学校時代はイラスト・CGを習っていました。当時はなんとなくイラスト系やクリエイティブ系の仕事をやりたいなと思っていたんです。新聞奨学生だったので、日々新聞を配達しつつ2年間学校に通っていました。

卒業後は、 アニメの背景会社に就職して、そこに2年間いました。背景制作の仕事をしているうちに、だんだん考えが変わってきて、イラストだけを極めるのではなくて、もう少し業務の幅を広げたいと思うようになりました。特にこれからは動画系のスキルを身に着けたいなと。アニメの仕事も廃れないと思うのですが、一人でやれることの幅で考えると、動画方面の仕事をやってみたいと思いました。

まずは未経験でもスタートできた料理動画の仕事で経験を積んで、その後、転職サイトでBUZZCASTの求人を見つけました。YouTubeチャンネルの制作業務に惹かれて応募した、というのが入社までの経緯です。

▼確かに、世の中の流れもこれまではイラストや写真などの静止画だったものが、どんどん動画になっている傾向がありますよね。BUZZCASTでは最初はどんな業務からスタートしたのですか?

入社したての頃は、別のチャンネル担当でした。そのチャンネルではフリーソフトのAviutlを使用していて、音声と画像を組み合わせて作るので今やっている動画と比べるとシンプルでしたね。

3ヶ月くらい経ったころ、チャンネルがリニューアルすることになって、これまで使用経験のなかった、複雑な動画編集ソフトを覚えることになりました。3週間ほどその慣れないソフトを勉強しながら実際に動画を作っていって、ある程度身についたところで、今度は新規チャンネルの立ち上げメンバーとなることに。わからないことがあれば自分で調べて、それでも解決しないときは先輩に聞いて、さらに先輩でもわからないことがあれば、みんなで方法を調べて情報共有して、といった感じです。

覚えることがたくさんありそうですね!今取り組んでいる仕事について詳しく教えてください。

引き続き、新規チャンネルの動画編集をやっています!作った動画は投稿前にディレクターチェックが入って、フィードバックをもらいます。例えば、テンポをさらに良くしたりとか、音声バランスが合っているかとか、ケアレスミスがないかとか。以前アニメ背景の仕事をしてたせいか、場面作りは得意な方かなと思います。見たときに「わあキレイだな」と思ってもらえるよう意識していますね。編集ソフトでキャラがうまく動いたときはうれしいです。

大変だなと思うのはカメラのつけ方ですね。パターン化してしまわないように工夫してます。気を抜くと単調になってしまうし、演出と工数削減との兼ね合いが難しいなと感じてます。クオリティUPだけじゃなくて、今の2倍のスピードで作れるようになるのも目標です。

▼やりがいがありそうですね!この会社ならでは、と思うことはありますか。

一人ひとりの意識がめちゃくちゃ高いと思います。例えば、この会社に来てからゴミ箱があふれそうになってるのを見たことないんですよ!(笑) 誰かが気付いてちゃんと対応しているんですよね。他の会社だと見て見ぬふりしている人もいたんですが、BUZZCASTだと「誰かがやるだろう」という人がいないですね。あと、穏やか。変にイライラして人に当たったり、からんできたりする人もいません。自分のことをやりつつ、人を思いやる人が多いと思います。誰かが困ってそうだったら声をかけたりとか。なんでだろうな、人柄もあるのかな。山田さんから「BUZZCASTで働く上でこういう人になってほしい」という話を聞いて、というのもあるのかもしれませんね。

▼コロナが国内でも感染拡大してきた頃からBUZZCASTもリモートワークになりましたが、やってみてどうですか。

最初はチャンネルのリニューアル業務もあったので知識の共有が難しいのではないかと心配でした。でも実際にやってみたら、適応力が発揮されたのか案外できました。リモートになってから、意識的にチームでまとまりをもったり、共有することが増えたと思います。例えば、チームでの朝礼・終礼を一日2回の場を設けるようになりました。動画の配信スケジュールは絶対に遅らせられないので、誰かの進捗がよくなかったりするとそこをフォローしたり。チームメンバーで助け合っています。

生活スタイルも変わりました。自宅作業なのでリモートが 始まったばかりの頃は、”始業のちょっと前に起きれば間に合うかな”みたいな意識でしたが、それじゃ頭の切り替えがうまくいかないので、今は1時間前くらいにしっかり起きてから仕事を始めています。早めに起きたときは朝の散歩に行くこともありますよ。あとは食習慣ですね。エナジードリンクを飲んでいたら太ってきたのに気付いて、そこから体にも気を付けるようになりました。ごはんを作り置きして野菜採ったり、健康的な生活を送っています。


▼いい変化ですね!では、入社してから成長したと思うことを教えてください。

やる気の面で成長したなと思います。以前の仕事では職場へ行きたくなくなることもあったのですが、今は会社に行きたいと思えます。環境が暖かくて喋りやすいんですね。あまり深入りしない、人との関わりが薄い環境だと辛いですが、この職場になって気分も明るくなったと感じます。

▼これからやってみたいことは何ですか?

ディレクターとか指示を出す仕事をやってみたいです。自分で判断して、他の人に動いてもらう仕事ができるようになったら、新しい見え方もあるのかなと思います。やっぱり、 指示を受けて動くときと自分で指示を出さなくちゃいけないときだと、後者の方が頭を使いますよね。発想の幅が広がって新たな動画作りの楽しみも見つけられるのではと思います。

▼最後に、どんな人と一緒に働きたいか教えてください。

そうですね…向上心があって最低限のマナーがあって…仕事としてのものづくりができる方! 仕事となると趣味とは違うので、効率とか会社のためにどう動けるかが大切になってくると思います。

ちなみに顔を隠しているネコのイラストは橋詰さん自作です。かわいい。

ありがとうございました!

BUZZCASTでは一緒にYouTubeの新しい動画領域に挑戦してくれるメンバーを募集しています!

詳しくはこちらからチェック↓↓


動画制作・編集
YouTubeの新しい動画スタイルに挑む!アニメ・マンガ動画の制作スタッフ
BUZZCASTはYouTubeというプラットフォームの中で 「マーケティング事業」 「コンテンツ事業」 の2つの事業を展開しています。 ■マーケティング事業とは 広告主向けの「BUZZCAST CLIENTS」 YouTuber向けの「BUZZCAST CREATORS」 2つのプロダクトを用いて事業展開をしています。 「BUZZCAST CLIENTS」では、ゲーム企業様を主なクライアントとして提案、施策を実行しており、"どのゲーム"が"どのインフルエンサー"と相性が良かったかを分析し、最適な動画キャンペーンの運用支援を行っています。 「BUZZCAST CREATORS」では、クリエイター(YouTuber)の成長を促進させる分析機能を提供しています。 再生数の推移やチャンネル登録者数の推移、流入元割合など、様々な軸で分析したり、自分のチャンネルだけでなく、ベンチマークしている他のチャンネルとの比較も可能です。 また分析以外にも、 ・収益化の支援 ・コラボオファー機能 等を提供しており、全ての機能を無料で利用する事が可能です。 ■コンテンツ事業とは VTuber(バーチャルユーチューバー)で、 現在4つの自社チャンネルを制作・運用しています。 ご存知の通り、5G通信がスタートする2020年、 WEB動画配信は注目されている市場の一つです。 弊社はもともとインフルエンサーマーケティングに強みを持つ会社ですので、自社コンテンツにおいても 「どんな配信が再生数を伸ばすのか?」「なぜ伸びたのか?」を 突き詰めながら、動画の制作や運用をしています。 2019年には月間ユニーク視聴者数が300万人を突破し、ますます事業拡大していくフェーズに向かっています。 【インタビュー記事】ゲーム実況マーケティングプロダクト「BUZZCAST」!実況動画の価値を可視化する仕組みについてインタビューしてきました! 
https://cropro.jp/doc/news/index?id=14
株式会社BUZZCAST


動画企画・運用・指揮
今話題のYouTube業界!アニメ動画のチャンネルを手掛けませんか
BUZZCASTはYouTubeというプラットフォームの中で 「マーケティング事業」 「コンテンツ事業」 の2つの事業を展開しています。 ■マーケティング事業とは 広告主向けの「BUZZCAST CLIENTS」 YouTuber向けの「BUZZCAST CREATORS」 2つのプロダクトを用いて事業展開をしています。 「BUZZCAST CLIENTS」では、ゲーム企業様を主なクライアントとして提案、施策を実行しており、"どのゲーム"が"どのインフルエンサー"と相性が良かったかを分析し、最適な動画キャンペーンの運用支援を行っています。 「BUZZCAST CREATORS」では、クリエイター(YouTuber)の成長を促進させる分析機能を提供しています。 再生数の推移やチャンネル登録者数の推移、流入元割合など、様々な軸で分析したり、自分のチャンネルだけでなく、ベンチマークしている他のチャンネルとの比較も可能です。 また分析以外にも、 ・収益化の支援 ・コラボオファー機能 等を提供しており、全ての機能を無料で利用する事が可能です。 ■コンテンツ事業とは VTuber(バーチャルユーチューバー)で、 現在4つの自社チャンネルを制作・運用しています。 ご存知の通り、5G通信がスタートする2020年、 WEB動画配信は注目されている市場の一つです。 弊社はもともとインフルエンサーマーケティングに強みを持つ会社ですので、自社コンテンツにおいても 「どんな配信が再生数を伸ばすのか?」「なぜ伸びたのか?」を 突き詰めながら、動画の制作や運用をしています。 2019年には月間ユニーク視聴者数が300万人を突破し、ますます事業拡大していくフェーズに向かっています。 【インタビュー記事】ゲーム実況マーケティングプロダクト「BUZZCAST」!実況動画の価値を可視化する仕組みについてインタビューしてきました! 
https://cropro.jp/doc/news/index?id=14
株式会社BUZZCAST


デザイナー/インターン
YouTubeで興味を引くイラストサムネイルを作りたい人を募集
BUZZCASTはYouTubeというプラットフォームの中で 「マーケティング事業」 「コンテンツ事業」 の2つの事業を展開しています。 ■マーケティング事業とは 広告主向けの「BUZZCAST CLIENTS」 YouTuber向けの「BUZZCAST CREATORS」 2つのプロダクトを用いて事業展開をしています。 「BUZZCAST CLIENTS」では、ゲーム企業様を主なクライアントとして提案、施策を実行しており、"どのゲーム"が"どのインフルエンサー"と相性が良かったかを分析し、最適な動画キャンペーンの運用支援を行っています。 「BUZZCAST CREATORS」では、クリエイター(YouTuber)の成長を促進させる分析機能を提供しています。 再生数の推移やチャンネル登録者数の推移、流入元割合など、様々な軸で分析したり、自分のチャンネルだけでなく、ベンチマークしている他のチャンネルとの比較も可能です。 また分析以外にも、 ・収益化の支援 ・コラボオファー機能 等を提供しており、全ての機能を無料で利用する事が可能です。 ■コンテンツ事業とは VTuber(バーチャルユーチューバー)で、 現在4つの自社チャンネルを制作・運用しています。 ご存知の通り、5G通信がスタートする2020年、 WEB動画配信は注目されている市場の一つです。 弊社はもともとインフルエンサーマーケティングに強みを持つ会社ですので、自社コンテンツにおいても 「どんな配信が再生数を伸ばすのか?」「なぜ伸びたのか?」を 突き詰めながら、動画の制作や運用をしています。 2019年には月間ユニーク視聴者数が300万人を突破し、ますます事業拡大していくフェーズに向かっています。 【インタビュー記事】ゲーム実況マーケティングプロダクト「BUZZCAST」!実況動画の価値を可視化する仕組みについてインタビューしてきました! 
https://cropro.jp/doc/news/index?id=14
株式会社BUZZCAST
株式会社BUZZCASTでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう