Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「いろんな可能性が見つかる場所です」新卒でBUZZCASTを選択した渡邉くんの話

BUZZCASTで制作・運営しているVtuberチャンネルで奮闘中の渡邉くんに話を聞いてみました。

渡邉 隼人(わたなべ はやと) 23歳

2019年7月入社

▼早速ですが、渡邉さんはどんな仕事をしていますか。

今はチャンネル運用をしています。

具体的には、いつ配信するかのスケジュール組み、社内外に台本や編集・サムネイルの割り振りなどをやっていて、いわゆるディレクション業務です。

まずはミーティングをしてどんな動画にするか、訴求ポイントなどすり合わせして進めていって、出てきた案を何度かやり取りしながら制作していきます。

入社したときは動画編集をしていて、しばらくしたら当時ディレクターだった人から仕事を教えてもらうようになりました。

▼これまでそういうお仕事の経験は?

いや、まったくないです。ここが初めての会社で。学校を卒業して3・4か月は就職せずにいたんですけど、そろそろ仕事しなきゃと思って。

学生時代は声優になりたくて、大学と並行して養成所にも行っていたときもあったんですよ。役者とかそういう道、いいなって。でもある時その熱がなくなって。じゃあ何しようかなと考えたときにYouTubeも好きだったので、そういう会社を受けてみようと思いました。

実は別の会社も受けていて、最初はそちらに行こうかなとも思ったのですが、最終的にはBUZZCASTへの入社を決めました。自分でも友達とゲーム実況などの編集を4・5年やっていて、この会社ならその得意だった編集もできるし、YouTubeのことをもっと知ることができる。ディレクション業務も学べる。今後のキャリアを考えたら、自分にとってはBUZZCASTは学べることが多くて成長できるなと思ったのが理由です。


▼実際に入社してみてどうですか。

世界観とかに凝ってコンテンツを作っていけるのは魅力だなと思いました。チャンネルのIP化も面白そうで、携われたらいいなと思っています。

あと、予想以上に成長させてもらっているなと。毎月仕事内容が変わるのは、付いていくのが大変だけどやりがいを感じます。同じことを繰り返すより、やることがアップデートされたり、目標が高くなっていく方が成長できると思います。

自分では入社して4カ月でディレクション業務やれるとは思わなかったですけどね。

▼具体的にどんなところが成長したなと感じますか。

小さなことで言えば言葉使いとかはありますね。(笑)

もっと言うと、定量的に考える力もついてきたなと思います。仕事していて、「こうなんじゃないかな」で終わらずにアナリティクスみながら調べていくことが増えていったので。

今までそういう考え方をすることがあまりなかったので、成長したなと思います。

▼仕事の難しさって何ですか。

自分では「こうなんじゃないか」と思っていても他の人には違う目線があって、話し合いのなかでいろんな意見が出る。どうすれば正解を出せるのか、なかなか難しいです。

▼4か月の間に後輩も増えましたが、どう接していますか。

自分は編集が得意なので、ノウハウを教えて共有するようにしています。

ただ、なるべく自主性を伸ばしてほしいとも思っているので、聞かれたら答えるというスタンスですが、みんな成長が速いので助かっています。

▼これからの目標は何ですか。

まず自社チャンネルを成長させたいですね。

以前は自分が担当しているチャンネルの目標だけに集中してアクションしていたのですが、
事業部全体の目標に対してはアクションできていなかったなと思っていまして…
今後はもう少し視野を広くして、事業部全体の成長に貢献できるよう頑張りたいです。

▼これから入社を考えている人にメッセージをお願いします。

この会社のいいところはクリエイティブ寄りでもビジネス寄りでも活躍できる点だと感じています。

もともと自分もクリエイティブなことしたいと思って編集者として入ったけど、やってみたらディレクターも面白そうと思ったので。実際に任せてもらって、まだまだ学ぶべきことは多いですけど。

先輩にはクリエイティブもビジネスも両方こなせる人もいるんですよね。すごく尊敬しています。

いろんな会社があると思いますが、こうやって自分の可能性が見つかるのは今のBUZZCASTの規模だからこそだな、と思います。

◇◆◇◆BUZZCASTは一緒に働いてくれる方を募集中◇◆◇◆

サムネ・素材の作成/デザイン
イラストとかデザインって数値で効果検証が難しい?BUZZCASTは出来ます
BUZZCASTはYouTubeというプラットフォームの中で 「マーケティング事業」 「コンテンツ事業」 の2つの事業を展開しています。 ■マーケティング事業とは 広告主向けの「BUZZCAST CLIENTS」 YouTuber向けの「BUZZCAST CREATORS」 2つのプロダクトを用いて事業展開をしています。 「BUZZCAST CLIENTS」では、ゲーム企業様を主なクライアントとして提案、施策を実行しており、"どのゲーム"が"どのインフルエンサー"と相性が良かったかを分析し、最適な動画キャンペーンの運用支援を行っています。 ・再生数が多いがDLに結びつかないインフルエンサー ・チャンネル登録数(フォローワー数)と比べて効果が高いインフルエンサー ・最近伸びてきているインフルエンサー ・パズルゲームと相性が良いインフルエンサー ・DL効果は低いが、コアユーザーを保持するインフルエンサー 等、一口にインフルエンサーといってもその特性は様々で、それぞれの特性を分析・抽出してキャンペーン運用に活用しています。 「BUZZCAST CREATORS」では、クリエイター(YouTuber)の成長を促進させる分析機能を提供しています。 再生数の推移やチャンネル登録者数の推移、流入元割合など、様々な軸で分析したり、自分のチャンネルだけでなく、ベンチマークしている他のチャンネルとの比較も可能です。 また分析以外にも、 ・収益化の支援 ・コラボオファー機能 等を提供しており、全ての機能を無料で利用する事が可能です。 ■コンテンツ事業とは VTuber(バーチャルユーチューバー)で、 現在4つの自社チャンネルを制作・運用しています。 ご存知の通り、5G通信がスタートする2020年、 WEB動画配信は注目されている市場の一つです。 弊社はもともとインフルエンサーマーケティングに強みを持つ会社ですので、自社コンテンツにおいても 「どんな配信が再生数を伸ばすのか?」「なぜ伸びたのか?」を 突き詰めながら、動画の制作や運用をしています。 2019年には月間ユニーク視聴者数が300万人を突破し、ますます事業拡大していくフェーズに向かっています。 【インタビュー記事】ゲーム実況マーケティングプロダクト「BUZZCAST」!実況動画の価値を可視化する仕組みについてインタビューしてきました! 
https://cropro.jp/doc/news/index?id=14
株式会社BUZZCAST


動画編集
好きを仕事に!Vtuber事業でスキルを活かす!動画編集できる方を大募集
BUZZCASTはYouTubeというプラットフォームの中で 「マーケティング事業」 「コンテンツ事業」 の2つの事業を展開しています。 ■マーケティング事業とは 広告主向けの「BUZZCAST CLIENTS」 YouTuber向けの「BUZZCAST CREATORS」 2つのプロダクトを用いて事業展開をしています。 「BUZZCAST CLIENTS」では、ゲーム企業様を主なクライアントとして提案、施策を実行しており、"どのゲーム"が"どのインフルエンサー"と相性が良かったかを分析し、最適な動画キャンペーンの運用支援を行っています。 ・再生数が多いがDLに結びつかないインフルエンサー ・チャンネル登録数(フォローワー数)と比べて効果が高いインフルエンサー ・最近伸びてきているインフルエンサー ・パズルゲームと相性が良いインフルエンサー ・DL効果は低いが、コアユーザーを保持するインフルエンサー 等、一口にインフルエンサーといってもその特性は様々で、それぞれの特性を分析・抽出してキャンペーン運用に活用しています。 「BUZZCAST CREATORS」では、クリエイター(YouTuber)の成長を促進させる分析機能を提供しています。 再生数の推移やチャンネル登録者数の推移、流入元割合など、様々な軸で分析したり、自分のチャンネルだけでなく、ベンチマークしている他のチャンネルとの比較も可能です。 また分析以外にも、 ・収益化の支援 ・コラボオファー機能 等を提供しており、全ての機能を無料で利用する事が可能です。 ■コンテンツ事業とは VTuber(バーチャルユーチューバー)で、 現在4つの自社チャンネルを制作・運用しています。 ご存知の通り、5G通信がスタートする2020年、 WEB動画配信は注目されている市場の一つです。 弊社はもともとインフルエンサーマーケティングに強みを持つ会社ですので、自社コンテンツにおいても 「どんな配信が再生数を伸ばすのか?」「なぜ伸びたのか?」を 突き詰めながら、動画の制作や運用をしています。 2019年には月間ユニーク視聴者数が300万人を突破し、ますます事業拡大していくフェーズに向かっています。 【インタビュー記事】ゲーム実況マーケティングプロダクト「BUZZCAST」!実況動画の価値を可視化する仕組みについてインタビューしてきました! 
https://cropro.jp/doc/news/index?id=14
株式会社BUZZCAST

◇◆◇◆最新記事◇◆◇◆

株式会社BUZZCASTでは一緒に働く仲間を募集しています
「いろんな可能性が見つかる場所です」新卒でBUZZCASTを選択した渡邉くんの話
山中 望
株式会社BUZZCAST / 管理部・採用人事
3 いいね!
3 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう