1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

新卒入社の私が語るBuyingの魅力!!入社後すぐ新規事業立ち上げ!?同年代と比べ圧倒的に成長できる環境(前編)

こんにちは。Buying初の新卒として入社した小林です!

就職活動を始めると「ベンチャー企業に新卒入社」は良くも悪くも就活生の間では話題になります。でも、実際新卒でベンチャーってどうなの?そんな疑問の参考になれば、と思いベンチャー企業新卒入社2ヶ月目の私が今の気持ちを率直にお伝えします。

ありのままをお伝えするので、社会人らしからぬ言葉が混ざってしまうかもしれませんが、ご了承いただけると幸いです…。

–入社2日目からテレワーク実施。無理、なんて思わない。逆境にこそ燃える私(炎)

4月1日、新しい挑戦へのワクワク感を持ちながら、いざBuyingに入社!憧れのオフィス出勤!…も束の間、新型コロナウイルスの影響で2日目には在宅勤務を言い渡されました。

大学時代の同級生もみな在宅で研修を受ける中、私も同じように自宅で仕事を覚えるのかな?と思っていた矢先、豊泉社長から思いもよらぬ言葉が。

「小林さん、新規事業をメインに任せるね。明日から立ち上げ準備よろしく!」

……いや、無理無理無理無理無理っ!(心の声です)

「入社後はバキバキ働いてやるぞ!」と意気込んで入社したものの、いざ新規事業立ち上げに携わるとなると唐突に不安に襲われました。※ちなみに、バキバキ働くというのは、バリバリ働くの最上級形です。小林の造語です。

まだ、入社して2日目だよ…!
まだ、リモートワーク環境整ってないよ…!
ポジティブが取り柄な私が「できるわけない」と珍しくマイナスなことばかり考えていました。

–小林に出来ないことはない。諦めを知らず、挑むことの大切さ

しかし、そんな私の不安を払拭するように、Buyingはスピード感をもって対応してくれました。

〈怒涛の環境整備!!〉
小林家に最新のMac到着
apple製品特有のkey noteやXmaindなど役立つ機能の使い方を社長自ら伝授!

〈驚異のオンライン営業開始!!〉
初のお客様との商談(オンライン上で)を、入社後1ヶ月で実施
資料・台本ともに社長を含め先輩方の力をかりながら自作!

〈親身なフォローの充実!!〉
商談の様子を録画し、その後先輩社員や社長自らフィードバックを頂く
躓いた時、困った時、どんな些細なことでも助言!(大袈裟ですが、24時間フォロー体制が整っています笑)
社長含めメンバー全員が、右も左も分からない新卒の私に対して、全力でサポートをしてくれる事に感動しました。またパソコン越しですが、メンバーの新規事業に対する想いと熱意を感じました。「Buyingメンバー全員で挑戦しているんだ。」そう思うと入社時に感じたワクワク感が大きな意思に変わり、私自身の活力へと変わっていきました。

–「なんでもできる女になる。」という事

私は後悔しました。

どうして、「最初からできるわけないと諦めていたんだろう」
どうして、「自分の挑戦したい心を見ぬ振りしたんだろう」…と。
そして、今一度Buyingに入社した理由を思い出しました。

「まだ自分にはできない。」と決めつける事は自分の可能性を潰す足枷になる。これからは「なんでもできる女になる」と決めたのだから、この壁を乗り越えていかなきゃ!と。
その事に気付いてからは、新規事業立ち上げの準備に毎日没頭しました。分からない。経験してない。知識がない。そんなことは大した問題じゃありません。見て、聞いて、調べて、自分の力に変えてしまえ!そうして未だ自分が経験してない事に対して、自分の可能性を信じて挑戦してきました。

そして5月中旬…。
ついに新規事業が本格的に動き出します。
その様子は後編でお話しします!

株式会社Buyingでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう