1
/
5

いまチームを拡大する理由

昨年の転機

すでに新型コロナの感染が少しずつ拡がりつつあった昨年2月、ビルディットは創業5年目を迎えると同時に、会社の目指す理念、あるべき姿、提供する価値を表すコーポレートメッセージを刷新しました。
詳細はこちら↓

フルタイムメンバー10名前後と人数こそわずかに増えただけですが、前年から強化していたデザイナー採用が実を結んでエンジニアとデザイナーの比率が約半数ずつ、サービスデザインに強く、そして教育・育成分野に見識と強い想いのあるWeb開発企業としての新章を開始しました。

ただ当時、チームの規模をこれ以上にどんどん大きくしていくイメージはありませんでした。
創業時から代表の富田が、メンバー一人ひとりの成長にしっかり向き合っていきたい、それが見えなくなる規模にするつもりはないという方針を皆に伝えていたためです。この方針は社内の規定の随所に現れており、毎月の1on1、1日1時間のもくもくタイムの運用、社外にも公開されたIT勉強会「ゆるはち.it」の運営など、各自が自らの学びを自律的につくることを促進する仕組みが整備されています。

コロナ禍の取り組み

対面での開発環境を重視していた弊社ですが、COVID-19の状況を鑑みてフルリモートに切り替えたのは、他の多くの企業に先駆けた昨年3月のことでした。「『変更せざるを得なく』ではなく、これまでと同じ生産性の高さや成果をリモートでも実現するようチャレンジしよう!」という前向きな姿勢で始めました。
それから現時点までほとんどフルリモート環境を続けていますが、いくつかのコミュニケーションツールを試したり、コミュニケーション機会を新設したり、朝礼などの集会の進行を何度か変更して試行錯誤したりと、新しい取り組みは随時取り入れて、不必要なものは撤廃しながら、改善を重ねています。

現在では、「リモートだから難しい」「みんなでオフィスだったらね、、」という言葉を聞くことはほとんどありません。「どちらでも質の高い仕事はできる」が皆の総意になっているようです。

拡大する市場ニーズ。学び成長する意欲に、もっともっと火を点けていきたい

教育や人材育成の領域ではこの2年間で様々な変化が起こっています。なにより、オンラインでの価値提供、質や成果の担保がよりシビアに見られるようになりました。

ビルディットが実現したい、自律的な学ぶ機会づくり、学びを成長へ繋げ、楽しんで学び続け、なりたい自分に到達する、その仕組み。社会の変化で私たちが実現したい仕組みを求める動きはより強く大きくなりました。

人材育成や教育領域では市場のニーズに合わせた事新規業開発やサービス体制強化に多くの企業が動き、既存のお客様からのご要望や新規のお引き合いも多く生まれています。
私たち自身ももっと多くの人たちの成長意欲に貢献していきたいと考え、チーム強化に向けた今回の採用活動を開始しました。

プロジェクト現況

弊社が現在手がけている、教育領域のプロジェクトを一部抜粋しました。
面白そう!やってみたい!と思うプロジェクトはありますか?

Stockr _ふりかえりを支援するアプリ

弊社Visionの「一人ひとりの成長が、世界をより良くする」を体現する自社事業として開発しました。日々のふりかえりや学びと気づきをストックとして蓄積し、そこから思考を深めることの習慣化をコア体験としたスマートフォンアプリです。現在も鋭意運用・改善を重ねています。

Core _学びの行動実践を促すアプリ

株式会社ウーシア様との共同事業。自由設計できるアンケートフォームの定期送信により、研修フォローアップをデジタル化。主体性の不足を防止し、当事者意識を引き出す育成を推進することで、「やりきる研修」を徹底サポートします。

(受託開発) 独自教材のeラーニングサービス

社会人向けのeラーニングサービス。GCP/Firebaseをバックエンドとし、iOS/Androidアプリを展開しています。UX/UIデザインや、技術ディレクションおよびアプリ開発を支援しています。

(受託開発) 習い事事業者の業務システム

全国に拠点を急拡大している、習い事事業者の業務システムを開発しています。企業活動のバリューチェーン全域に関わるという意味で、守備範囲も、関わる人員規模も大きなプロジェクトです。

※とくに受託開発案件はこの他にもさまざまあります。

「高品質の学びの仕組みづくり」に興味をお持ちくださった方へ

弊社の理念は「一人ひとりの成長が、世界をより良くする。」
私たちが実現したい成長は、お客様の成長であり、メンバー全員の成長であり、社会全体の成長でもあります。

冒頭で「メンバーの成長にしっかり向き合っていきたい(から人数をあまり増やすつもりはなかった)」という代表富田の考えを紹介しましたが、根本的な考えは今も全く変わりません。フルリモートで取り組んだこの1年半の間に、各自の成長に自律的に取り組む仕組みがいち早く社内に色濃く定着してきたことから、これまで以上のチーム拡大が今なら可能と考えています。

弊社のメンバーは、育成・教育への志向が最初から高かったメンバーばかりではありません。自分自身が学んで新しい知識を身につけるのがとにかく好き、という人もいれば、人に関わるのが好き、キャリアを進めるうちに後輩の育成に関わることが面白くなっていった結果いろんな人の成長に関わりたくなった、という人もいます。

どんな角度からでも、「高品質な学びの仕組みをつくり、多くの人に意欲にかかわりたい」そんな思いに共感する方に、より良い世界に向けて取り組む仲間になってほしいと思います。

あなたの話をぜひ聞かせてください!

株式会社ビルディットでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング