1
/
5

なにをやっているのか

【WEBマーケティング × 新たな働き方を支援するベンチャー企業】 Bridgeは、創業6年目を迎えたベンチャー企業です。 世の中に良い変化を起こしたい!という想いのもと、WEBマーケティング事業を展開しています。 下記3つの事業を通じて、スタートアップ企業から中小企業、大企業に至るまで、様々な企業の支援をしています。現在、第二創業期を迎え、新たな事業・組織創りをするタイミングで、会社の立ち上げ経験を積むことができます。 <インターネットマーケティング事業> 特定の広告プロダクトしか扱わない専業代理店とは異なり、クライアントの目標達成のためにGoolge、Yahoo!、SNS、カスタマーサクセスなどあらゆる手法を用いて最適な広告提案・運用を行っています。 <コンテンツマーケティング事業> SEO記事、企画記事、取材記事など様々な記事制作を行なっています。 <コンサルティング事業> 営業戦略、事業戦略などのコンサルティングを行なっております。 そして、今後“個の時代”が訪れると言われてますが、Bridgeでも「働き方」の変化に注目しており、まずは“フリーランスのマーケター”に着目。彼らがより活躍の機会を増やせるよう、マーケティング業界を変えるサービスの開発を予定しています。

なぜやるのか

【マーケティングの力で、企業側と働く側それぞれに良い変化を創る】 世の中に、良いサービスや商品を届けるには何が重要だと思いますか? ユーザーのニーズを捉え、商品を作り、自然と売れる仕組みをつくること、それにはマーケティングが必要であり重要です。 さらに今、テクノロジーの進化、ユーザーのニーズ・視聴メディアの変化により、マーケティングやプロモーションの幅も深さも広がり、複雑化してきています。 なかでも、今主流となっているのがWEBマーケティングで、2019年インターネット広告費は、テレビメディア広告費用を上回り、今後さらに大きな市場となる見込みです。 こうしたWEBマーケティングの知識やノウハウが必要な時代である一方、まだまだ理解が足りていなかったり、うまく活用できていない企業やサービスが多いのも現実です。 わたしたちは、こうした企業やサービスの問題をマーケティングの力で解決し事業貢献することで、世の中により多くの良い変化を創っていきたいと思っています。 また、これからは個の時代と言われているように、働き方も多様化していくと考えています。どこの会社に所属しているとかではなく、個人の能力と信用で仕事をする人たちがより活躍しやすい世の中になっていくと思います。わたしたちは、個人の能力をテクノロジーで高めること、そして個人の価値や信用をきちんと蓄積・可視化させ、“個人”として働きやすい世の中のサポートをしていきます。

どうやっているのか

株式会社サイバーエージェント出身の松本と、株式会社リクルート出身の坂本が、今までのアタリマエを壊して世の中に変化を起こしたい!という想いをこめて立ち上げた会社です。 Bridgeで仕事をしているメンバーは雇用形態は様々で30名程度、それぞれのスキルを活かしあらゆる働き方で活躍をしています。メンバーは、マーケティングを熟知した経験者をはじめ、元不動産や元起業家など様々で、役職や年次に関係なく意見を出し認め合う文化ができており、明るく風通しのよさが特徴です。 「COOL FUN ADVENTURE」これは、Bridgeが大切にしている価値観です。 当事者意識を持ち、失敗を恐れず挑戦し続ける、そして開拓者となって未来を切り開こう この価値観に共感したメンバーが集まっています。 Bridgeでは、WEBマーケティング事業を初めて約1年半、業績は急成長を遂げています。(それまでの3年半ほど何をやっていたかは、代表松本のメッセージをぜひご覧ください!→ https://www.wantedly.com/companies/bridge-world/post_articles/244857) 今Bridgeは第二創業期を迎えており、ゼロから一緒に事業創り・組織創りができるタイミングです!