1
/
5

Qiita Engineer Summitへご参加いただいた皆さんへ

こんにちは!ビットキー採用担当です。

イベントでビットキーセッションをご視聴いただいた皆さん、ありがとうございました!

「もうちょっと話を聞いてみたいかも」「今回は視聴できなかったんだよね」という方へ、
後日、弊社イベントのご招待、関連記事の公開のお知らせをお送りさせていただきます!
★ご希望の方は、こちらをクリック

連絡待ってられない!「今、ビットキーについて知りたい!」という方向けに、下記まとめコンテンツをお届けします!

▼ 事業について

ビットキーのmissionは 「テクノロジーの力で、あらゆるものを安全で便利で気持ちよく“つなげる” 」です。
我々がこだわっているのは「安全性」「利便性」「体験性」という3つの要素です。
世の中のあらゆるものをつなげることによって、2つの社会課題を解決します。

・便利なサービスやモノが増える一方で煩雑になる各種ID管理

様々な領域でDX化が進み便利なサービスが急速に増えています。一方ユーザー目線に立つと、サービスごとにIDやパスワードの管理が必要で不便なのが実情です。そこでコネクトプラットフォームを利用し複数のサービスをコネクトすることによりユーザー体験を向上させます。

・デジタルとリアルの時空間不一致

昨今不動産や空間の領域ではデジタル化が進んでいますが、例えばAirbnbは利用申込はデジタルでも、鍵を受け取るのはリアルで行われるため、家の持ち主から鍵を受け取らないと家に入れません。つまり「時間」と「空間」が一致しないとサービスが成り立たないのです。コネクトプラットフォームを利用すれば、プラットフォーム上で鍵の受け渡しや本人認証ができるので、この時空間不一致の問題を解消できると考えています。


コネクトすることの価値を提供するために、人々の営みを3つの領域に分割して、事業を展開しています。

  • Home事業(暮らし)
  • Workspace事業(働く)
  • Experience事業(非日常の体験)

それぞれの事業領域で、ハードウェアもソフトウェアも、サービスもつなげてゆくことで、新しい価値を創出することを目指しています。


▼Home事業

スマートロック(bitlockシリーズ)とそれを管理するモバイルアプリ・Webサービスを中心とした住居空間における新しい価値創造です。今後は、「スマート家電」「住宅設備メーカー」「暮らしのサービス事業者」「不動産デベロッパー」など、コネクトパートナーをどんどん広げていきます。


▼Workspace事業

「オフィス」「コワーキングスペース」「工場」「データセンター」「小売店舗」「ジム」などあらゆる"働く"空間を対象にした事業です。
それらの空間を、スマートロック、デジタル受付、顔認証ソリューション、アクセスコントロール、カメラやIoTセンサを使った分析などの、豊富なプロダクトを用いてアップデートします。

*こちらはイベントで古川がLTにて発表させていただいたテーマに紐づくニュースです

ビットキーとオカムラ社が働き方と働く場をDXする「Work x D」についての取り組みを、テレビニュースで取り上げていただきました。
ワーカーのIDであらゆる空間、モノ、データをコネクトし、働く環境を取り巻くさまざまなシステムを統合するマネジメントシステムが実現できる世界観をよりイメージしていただけるかと思います!(動画内1分29分ごろから)

Work x D全体のご紹介


▼Experience事業

「ライブ」「ショッピング」「ホテル」「テーマパーク」といった非日常体験を対象にした事業です。これまで分断されていた一つひとつの体験をシームレスにつなげていきます。

ハードウェアの開発について

ハードウェアを自社開発しているのも、ビットキーの特徴です。最新デバイスに関するプレスリリース、ハードウェアエンジニアとデザイナーの開発秘話も、是非にご一読いただきたいです(ハードウェア開発責任者 藤山のブログも添えさせていただきます)

▼ エンジニア文化について

実際にどんな人が働いているの?!

▼ VPoE山本のここだけの話

4. 最後に

モビリティ、行政、金融、医療・・・世の中の様々な領域であらゆるものをつなげて、安全で便利で気持ち良い世の中を作っていく。

我々は、ソフトウェア、ハードウェア、両方のプロダクトを自社で開発しています。

私たちが描いている未来は、事業領域が多様で、大きなスケールが必要なものです。そのために、まだまだ多くの仲間に集ってほしいと思っています。

この記事を最後までご覧いただけた皆様とは、是非後日開催されるイベントで、またお会いできることを楽しみにしています!

もちろん、転職を考えていて、お話を聞いてみたい!という方は、Wantedlyの求人ページからご応募ください。メッセンジャーでカジュアル面談を希望と添えていただきましたら、まずは気軽なお話からさせていただければと考えています。

今後も下記メディアを通じて情報発信させていただきますので、是非ウォッチいただけると嬉しいです。

🗒ビットキー公式note
▶︎ハイスタンダード文化など、施策や社員インタビューを通じてカルチャーを発信しています

🎤wantedly
▶︎より詳細な会社情報や求人情報を発信しています

株式会社ビットキーでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう