1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【イベントレポ】アドテック東京 2019に出展しました!

みなさん、はじめまして!バベルの広報担当です!
今日はバベルが初出展したイベント「アドテック東京(2019.11.27-28)」についてお届けします!

『アドテック東京 2019(ad:tech Tokyo 2019)』とは

アドテックは世界の主要都市で開催されるマーケティング・カンファレンスです。広告主、エージェンシー、ソリューションプロバイダー、メディアなど、各ジャンルのマーケターが集まります。
アドテック東京は、アジアで最大規模の国際マーケティング・カンファレンスに成長し、アドテクノロジーに留まらず、それに関連するマーケティングマネジメントも包括、常に最先端の情報を届けています。


今回バベルブースでは、2日間にわたり来場者のみなさまに無料でお楽しみいただける、特別無料セッションを開催しました!


『マスに届ける広告から、一人を揺さぶる広告へ』をテーマに進めさせていただきました!
またゲストスピーカーも招きスペシャルなセッションを行いました!

▽セッションプログラムはこちら
AI時代のレコメンド型エンジンとの向き合い方         小島 領剣(株式会社Natee)
ASEAN市場におけるデジタルマーケティングのこれから     小泉 圭右(株式会社バベル)
セグメンテーションとコミュニティ醸成            鋤柄 直哉(株式会社Peecan)/ 北村 功太(株式会社バベル)
マスカスタマイゼーション時代においての広告プロモーション   中村 正太郎(株式会社エブリー)/ 北村 功太(株式会社バベル)
中国女性に良い商品を届けるSNS ~RED(小紅書)の存在~   戴 国磊(株式会社バベル)
2019年バズった広告、鬼まとめ。               小竹 海広(HELLO IDEA)/ 北村 功太(株式会社バベル)
「広く告げる」の先へ。〜AIにはマネできないクリエイティブ   松田 健(株式会社ADKクリエイティブ・ワン)

今回のテーマは、『マスに届ける広告から、一人を揺さぶる広告へ』
いまやスマートフォンやSNSの普及によって、企業がデジタルネイティブへリーチするためにはデジタルマーケティングへの取り組みが必須となってきました。
ユーザーにはパーソナライズされたコンテンツが届くようになり、企業はよりきめ細やかなマーケティングコミュニケーションを求められています。
バベルは、創業1年で4000本の動画制作実績があり、動画を視聴したユーザーの態度変容に関するデータ収集や各プラットフォームの特性理解の研究を行ってきました。
いまでは、この研究結果をもとにクライアント様の広告/プランニングを担当させていただいております!

それぞれのセッションでは、たくさんの方に集まっていただきました!
ご用意していた席を大幅に超えるほどたくさんの方にお集まりいただきました!(立ち見までしていただきありがとうございます...!)


またバベルでは、日本のみならず、中国へグローバルに事業を展開しています!
中国の事業を担当している戴のセッションでは、中国独自のSNSに特化しどのように商品をプロモーションするのが効果的なのかをお話しさせていただきました!


各セッションの動画は、バベルのFacebookのアーカイブにございます!
当日ご来場ができなかった方もぜひお楽しみください!


そして気になるバベルのブースですが、視界に入った瞬間に気づくほどド派手でした(笑)

▽バベルカラーを前面に出したブースデザイン

▽目印の黄色のバベルバルーン

このブースのデザインを担当してくれたのは、なんとバベルのメンバー(プランナー)です!
業務が忙しい中、作ってくれて感謝しかありません...!

またFacebookライブを配信・撮影していたのは、クリエイティブのメンバーです!
撮影班の素晴らしい連携により見事なカメラワークで配信を行えました!
さすがです!ありがとうございます!!

各部署のメンバーが、ONE TEAMとなって行うことができたイベントでした!

改めてご来場いただきましたみなさまへ感謝をお伝えできればと思います。

バベルでは、事業拡大に伴い絶賛採用活動中です。日本のみならず、中国やグローバルに展開していくバベル、現場で働く自分にとって非常におもしろいフェーズです。フラットな組織で意思決定の責任感を求められる経験は、スタートアップならではの経験ができると思います。

興味がありましたら、ぜひオフィスへ遊びに来てください!お待ちしております!

株式会社バベルでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング