1
/
5

「仕事もプライベートも全力で!」新時代を生き抜く、若手社員の挑戦。

こんにちは!
ビジネス・インフォメーション・テクノロジー採用担当です。

第4弾となる今回は、2020年に新卒入社した、深津さんと佐川さんのインタビューをお届けします!
同期二人の、真っ直ぐな想いを伺ってきました!

ー深津さん、佐川さん、本日はよろしくお願いします!早速ですが、お二人がBITを選んだ、入社の「決め手」は何だったのでしょうか?

(佐川)はい!理由は2つあります。まず1つ目に、私はいろんなお仕事に興味があったので、
様々な業界の企業と取引のあるBITなら、今後いろんなプロジェクトで多くの業務を経験できるのではないかと思ったことです。2つ目は、将来家庭を持っても活躍できる環境だと感じたからです。BITには、家庭を持ってもバリバリ活躍している女性がたくさんいらっしゃって、これが決め手でした!

(深津)私は、実はBITの説明会に参加したきっかけは、大好きなバスケットボールに関われると聞いたからなんです!もともとIT業界には興味があったのですが、BITは未経験からでも活躍している先輩が多くいると知って、「自分も一からスキルを身につけられる!」と思い、そこに魅力を感じました。部活動でバスケットボールが続けられるというのも、決め手のひとつですね!

ー実際に入社してみて、会社の雰囲気はどうでしたか?

(佐川)人との距離が近いなって思いました!一般的に、‟人事の方は話しやすいけど、実際に働くとなるとそうでもない”なんてことも耳にしていたので、ある程度は覚悟していたのですが、BITのみんなは本当に話しやすくて、困ったこともすぐに相談できました!

ー入社時はどんな気持ちだったのでしょう?

(深津)同期が20人以上もいたので、「負けられない!」という気持ちでした。何かで1番になる機会って年齢とともに減っていくので、「ここで1番を取るぞ‼」と気合が入っていましたね。
実際にはテストで2番だったのですが…

ーそれでもすごいです!同期と切磋琢磨されていたのですね!!新入社員研修はどんな感じでしたか?タイミング的に、ほぼリモートだったと思いますが。

(佐川)はい。スタートからリモートでの研修だったので、講義以外でコミュニケーションをとる時間が無くて、仲良くなるのに少し時間がかかりました。でも、リモートで良かったこともあって、画面上に名前が出てるので、顔と名前をすぐに覚えられました(笑)

(深津)確かに、そこは利点のひとつでしたね。人数も多かったので、顔と名前を覚えるのには打ってつけでした!

ーそんな中で、どのように同期との距離を縮めていったのでしょう?何か工夫をされたのですか?

(深津)私の場合は、チームで課題に取り組んだ時に、あえて打ち合わせの最後に、5分程度ですが雑談の時間を設けて、会話する機会を増やしました。そこからグッと距離が縮まりましたね!

(佐川)同期でLINEグループも作っていたのですが、距離が縮まったきっかけは、講習外での勉強を一緒にやり始めてからですね。私自身一人で勉強するのが得意では無かったので、「今日の講義分からなかった人!」と呼び掛けて一緒に勉強をしていました。時々息抜きにゲームをしたりして、、そこから一気に仲が深まりました。ずっとリモートだったので、緊急事態宣言が解除になってみんなに会えた時は、一緒に過ごせる時間を大切にしようと思えました。


ーそれぞれ工夫をしながら同期とコミュニケーションを取ってこられたんですね。研修も終わり、現場での業務がスタートして早一年。今頑張っていることは何ですか?

(佐川)今の現場ではSQLを使っていて、実はSQLには苦手意識があったのですが、毎日勉強して、できることも増えてきて、、、しっかりと学んでいけば身に着く!という手ごたえを感じたので、次は資格取得にもチャレンジしようと思っています‼

(深津)私も初めは分からないことばかりで、都度質問をしながら業務を進めていましたが、自分で調べれば分かること、できることも増えてきて、自分の成長が達成感につながっていますね。今は、資格取得にも力を入れていて、先日Java Silverの資格も取得しましたし、次の目標も立てて、日々勉強しています!!

ーお二人とも勉強熱心ですが、プライベートな時間は取れていますか?

(佐川)はい!私はゲームが大好きで、今はあまり外出もできないので室内で楽しんでいます。充分に趣味の時間も取れているので、仕事にも集中できますし、リモートでもメリハリのある生活が送れています!

(深津)私もしっかり取れてます。残業もほとんどないですし、土日もきちんと休めているので、好きなことに時間を使っています。私は映画が大好きなので、映画館に行ったり、最近は家の音響設備を整えて、いくつかのサブスクリプションを活用しながら、趣味の時間を充実させています‼

ー仕事にも趣味にも全力ですね!そんなお二人の今後の目標や、チャレンジしたいことを聞かせてください!

(佐川)プログラミング教育が小学校で必修化されたこともあって、今後さらにプログラミングを学びたい子供たちが増えてくると思います。そういった学ぶ環境を整えたり、プログラミングを教えたり、何らかの形で子供たちのプログラミング教育に関わりたいと思っています!!!

(深津)今はチーム内で一番後輩の立場ですが、今後部下を持つ立場を経験できたらと思っています。これから後輩や部下ができたときに、どんな課題があるか、どんな風にアプローチをしていくのかなど、今の自分の経験を活かした指導ができるようになりたいです!!!

ー挑戦し続けるお二人のこれからが楽しみです!
  深津さん、佐川さん、お忙しいところ本日はありがとうございました!!!


株式会社ビジネス・インフォメーション・テクノロジーでは一緒に働く仲間を募集しています

株式会社ビジネス・インフォメーション・テクノロジーでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう