1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「私、失敗したことないんで。」19新卒内定第1号平井三智がBEを選んだ理由|BE人事ネサキングのメンバーインタビュー

こんにちは、BE人事のネサキングです。
2017年10月末の採用イベントで出会った瞬間、私はこれからこの子と一緒にBEをもっとおもしろくしていくんだろうなと確信し、ひとめぼれをしました☆
翌週には初めて来社し、その場で内定承諾をして九州に帰っていくという、「これぞまさしく運命!」という出会いとなったBEの19新卒内定第1号のサメちゃんこと平井三智さん(以下:サメちゃん)に、今回はインタビューしてみました!


ネサキング:まずは自己紹介から始めてもらおうかな。

サメちゃん:九州大学21世紀プログラム(以下、2プロ)の4年生。九州大学システム生命科学府の研究室に所属し脳科学を勉強しつつ、水族館に通うサメオタク。人生を直観で突き進み、自分の選んだ道を大正解に導く天才です(笑)

高卒での就職か九大かの2択

ネサキング:初めて会った時も自分のこと「天才」って言いきってたよね(笑)
今までどんな道を選んできたの?

サメちゃん:私、“普通だったらこうするよね”といった常識・あたりまえ文化が大嫌いなんです。ついつい違った見方をしようとしてしまう癖があるんですよね。
なので高校も進学クラスに所属していましたが、別に大学にいく必要はないと思っていました。

ネサキング:おぉ!大学に行く必要がないとは、どんな理由からそう思っていたの?

サメちゃん:理由は3つです。
・興味があることが多すぎて、その時点で大学や学部を絞ることができない
・大学で4年間かけて学びたい“学問”が見つからない
・1秒でも早く社会に出て、実践を通して様々な力をつけたい

当たり前のように大学に行くのではなく、高卒就職を含めて進路を考えはじめました。
実際に私の考えを面白いと興味をもっていただいた企業の方にお声がけしてもらったりもしていて、高卒就職にだいぶ傾いていました。

傾いてはいるもののなんだか決めきれなかったので、決断するためにもっと深く進路について思考してみました。
今、自分に必要なことや、今の自分だからこそできる選択は何かを考えたとき、もっとたくさんの面白い考えができる人に出会い、自分の思考の枠を広げることが重要だと思いました。
その時タイミング良く知ったのが九州大学の2プロでした。
同世代の面白い考えができる人がたくさん集まる場所に身を置けるなんて今しかできない!たくさんの面白い考えに出会うためには最高の場だと思ったので、ここに進学を決めました!

この時もBEと同じように出会うべくして出会い、直観で即決しました。



好奇心の塊だけど、、、「私失敗したことないんで」

ネサキング:正直私、九州大学の2プロって知らなかったんだけど、話を聞く限り本当に自由に自分の好きな分野を追求できるみたいだね。変人の集まりなんでしょ?(笑)
そんな中で何をしてきたの?

サメちゃん:やってきたことというと、、、私、宮崎出身で、地方創生にも興味があり、地元の宮崎を活性化する人材になるために、色々な知識や経験を積みたい!会社でインターンしてみたい!海外に行ってみたい!等とやってみたいことばかりでした。
様々なベクトルの好奇心が合わさった結果の一つが、大学二年時に、文部科学省が展開する「官民協働海外留学支援制度 ~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム~」への参加です。その年の留学プログラムの地域人材コースに宮崎が採択されたことを運良く知り、「私のために作られたのか!?」と思い、すぐに申し込み、選考に進みました。

ネサキング:なんか大学もそうだけど、色々とタイミングに恵まれているよね!

サメちゃん:参加するにあたって色々と宮崎について調べてみたのですが、、、なんと!台湾で販売されている九州周遊ツアーに宮崎が入ってない。。。

「一度宮崎に訪れたら間違いなく好きになる」自信があり、台湾から宮崎も含む九州周遊ツアーを企画し提案するという留学計画を掲げました。留学プログラム選考の際にも、台湾のインターン先の旅行会社でも「知識や経験もないのに、ツアー作成なんて無理だ」と言われました。まぁ普通そう思いますよね。
しかし、なんの根拠もなく「いえ、やってきます。」と選考の場で宣言したのを鮮明に覚えています。
どっからその自信がでてくるのか…(笑)

結果として、新しい九州周遊ツアーを作成するだけでなく実際に販売し、さらに宮崎の認知度を上げるため、名産を台湾で販売するフェアのお手伝いをしたりと、宣言以上の成果を残すことができました。

ネサキング:さすがだね、行動力も実現力もピカイチだね。

サメちゃん:「やってみたい」が星の数ほどある私がそれらを実行し、たくさんの学びを得ることができているのは、私を自由に遊ばせ、受け入れてくれる周りの人と場があるからだと本当に感謝しています。
おかげさまで、失敗したことはあるのかもしれませんが、失敗だと思ったことはありません。

ネサキング:そういう場でBEがあれるように私たちも頑張らなきゃいけないなと改めて思った。
それはそうと私たちの出会いは電撃的だったよね。(笑)

「出た!型破り!」すべては。

サメちゃん:はじめての出会いは「逆求人」というイベントでした。学生が個別面談時間に企業へプレゼンをするイベントなのですが、なんと根崎さんは「プレゼンいいからお話しよう!」と言いはじめ「出た!型破り!」と思いましたね。 あの場でBEから来ていた方たちが、ずば抜けて私と波長が合った気がします(笑)

ネサキング:ごめん、ごめん、、せっかくプレゼン用意しているのにサメちゃんと話したい気持ちが先走り、進行を妨害したよね(笑)
今さら聞くけど、、、なぜBEを選んでくれたの??

サメちゃん:直観。

どれだけ時間を使って迷っても、最終的にここに行くんだろうなと思ったので、即決でした。
最終的な決断は、はじめに直観でビビッときたかどうか。
それに加え、私は、自身の所属する2プロのような仲間と職場で働きたいと思っていたため、その二点は重視していました。一人ひとりがスペシャリストでありながらも、全員が集まった時、掛け算以上の力を発揮する、そして一人ひとりの個性を認め高め合う。そんな場がBEにもあり、私の働く場所はここだと思いました。



天才はまだまだ進化する

ネサキング:そういってもらえると本当に嬉しい♪
入社までまだまだ時間があるけど、どんなことに取り組むつもりなの?

サメちゃん:一つは現在行っている脳科学の研究です。
一度は院進学を迷ったほど、凄く興味をもって取り組んでいる学問分野です。中でも洗脳や集中、情動といった人間の潜在的な部分に脳科学の側面から切り込んでいき、新しいシステムの開発と検証を行っています。大学だからできる研究に全力で取り組みたいと思っています。

もう一つ、私がBEと出会うきっかけともなったイベント“逆求人”のメンターと団体運営です。
九州の代表を務めさせていただくことになり、とてもワクワクしています。
就職活動の期間は、特に、就職するために説明会やインターンシップに行くだけでなく、自分自身と向き合って人生を考えることのできる貴重な期間だと思っています。だからこそ、20卒のみんなのその期間を一緒に最高のものにしていきたいです。

あと個人的に音楽がものすごく好きで、ミュージカルやりたいなと思っているところです!それと、まだ行っていない水族館に行きたいし、エジプトにも行きたい…。相変わらず欲張りです(笑)




株式会社Branding Engineerでは一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング