This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

ドライブ好きエンジニア、CREWのiOSアプリ開発者になるまで🚙

初めまして。
株式会社AzitのプロダクトチームでiOSエンジニアをしています、りょうです。

AzitエンジニアでAzit Members Storyを初めて担当させていただきます。Azitエンジニアの一人が、どんな人なのか知っていただけたら、そしてAzitやCREWに興味を持っていただけたら嬉しいです。

(うちの子です。自宅で仕事している時いつもこんな感じで座っています。)

自作ゲームを作った中高時代

エンジニアリングに興味を持ったきっかけとして思いつくのは、中学の頃のフリーゲーム巡りがあります。

中学生の頃、パソコンに触り始めたのをきっかけに、いろんなサイトとゲーム巡りをしていました。ふりーむ!というダウンロードして遊べるフリーゲームがたくさん紹介されているサイトがあるのですが、紹介されているゲームが面白いものばかりで、そこをよく利用していました。

ゲーム巡りがしばらく続いていたある日、ふとゲームを作る側ってどうなっているんだ?作ってみたら面白いんじゃないか?と思うようになり、プログラミングの勉強を始めるきっかけとなりました。ただ当時はゲームを作ろうにもどのようにできているのか、どうやって作れば良いのか全くわからなかったので、図書館でプログラミングの参考書を借りてきて、参考書に掲載されているサンプルゲームのソースコードをひたすら打ち込んでいました。

結局1ヶ月くらいかかったのですが、初のゲーム作りとしてオンラインサッカーゲームを作って友達と遊んでました。オンラインサッカーゲームと言っても、バリバリ3Dを使ったものではなく、キャラクターもボールも何もかもテキストで表現したものでしたが、友人に楽しんでもらうことができたのがすごく嬉しかったのを今でも覚えています。


ゲームを作りたくて選んだ最初の会社

最初は自社のソーシャルゲーム(SNSなどでのオンラインゲーム)と受託開発を請け負う会社に入りました。

この会社を選んだ理由は、人に楽しんでもらえるようなゲームを作ってみたいという思いがあったのと、自分のスキルが活かせそうだな、と思ったからです。

入社したその日からいきなり自社サービスの運用を任されることになったのですが、自分の経験不足を思い知らされることになりました。

機能の実装はなんとか出来ても、Gitを使った経験がなかった為どうコミットしたら良いのかわからずめちゃくちゃ苦しみましたし、インフラやサーバーを触る経験が少なかったので、障害が発生した時の対応方法がわからず、メンテナンスが長引いてユーザーに迷惑をかけてしまうこともありました。

わからないことだらけでしたが、技術的にわからないところを気軽にCTOに相談できる環境だったので、新しい技術をどんどん触っていける楽しさがありました。

Azitには、1年の業務委託を経て、入社

とはいえ仕事としては基本サーバーサイドを割り振られていたので、クライアント側を触る機会はあまりありませんでした。そこで、iOSアプリの仕事を副業としてやろうと決めて副業先を探していたところ、Azitを見つけたのがきっかけで、この会社のことを知りました。

僕はもともと車が好きで、週末はよくレンタカーを借りて運転しています。CREWというサービスでは、そんな車を使ったサービスをやっており、自分の興味にあっていると思い、Azitが気になり始めました。

初めてAzitに訪れたとき、会社は都内のマンションの1室にあったのですが、すごかったです。卓球台の上でミーティングをするメンバー、生活感のある部屋、… 当時スタートアップという事情を知らなかった僕は、「ここ、会社なのか????」という気持ちではありました。

そんなAzitには、「ビジョン」「メンバーの雰囲気」が気に入り、興味を持ちました。

オフィス訪問当日、吉兼にAzitの目指しているビジョン、CREWの世界観について話を伺った第一印象が、とても面白そうと思いました。またメンバー全員が和気藹々と働いていて、雰囲気がとても良かったです。そしてその結果、2017年8月から業務委託としてコミット、その後1年後に正社員として入社しました。

業務委託をしている期間は上述の通り1年で、依頼された機能開発だけを行なっていました。その後正社員になってからは開発するだけでなく、プロダクトについて改善した方が良いところを見つけては自分で直していくということができるようになり、今はそこが一番の楽しさでもあります。

業務委託から正社員になろうと決めたのは、純粋に楽しかったからというのが大きいです。そして業務委託の期間がそこそこあったということもあって、本格的にプロダクト開発に携わってみたいという気持ちが強くなっていくところでもあったためです

そんな僕は、現在はiOSアプリの開発をしています。

(ポイント周りの画面の実装)


業務以外の面でいうと、Azitのメンバーは皆本当に仲が良いです
特にプロダクトチームではほとんど毎日メンバーの誰かとご飯に行きますし、定期的にコンビニに行こうぜの誘いがあります。あとAzit全体に関して言うと、ユーモア溢れる人がほんとうに多く、楽しみながら仕事できる環境は最高ですね。

(笑顔あふれるプロダクトチームのメンバーたち。右からPM倉知、PM小田、PO山口)

Azitでの、今後のチャレンジ

今後は、技術カンファレンスでの登壇に挑戦してみたいです。

知見を共有することでコミュニティに貢献できたらな、と思っています。また、個人レベルの話で言うと、僕が話し下手でこの手の発表系が致命的に苦手というのを克服したいという背景があったりなかったり。

ちなみにAzitでは、DroidKaigiに協賛・出展したり、定期的にBFF Meetupというエンジニアやデザイナーなど向けのイベントをオフィスで開催もしています。そういった機会を含め、様々なカンファレンスで登壇をしていきたいです!


こんな人と働きたい

そんな僕は、

技術に興味がある、好きな人と一緒に働きたいです。

僕含めエンジニアはみんな技術が好きで、新しい技術の話で盛り上がったりしてます。また新しい技術が良いものであれば積極的に取り込んでいきたいと考えてます。

こういった想いがある人がAzitのメンバーとして入ってくだされば嬉しく思います。Azitオフィスでお待ちしております!



Azitでは全職種で積極採用中です!気軽にオフィスに遊びに来てください!

Androidエンジニア
移動における格差を埋める!モビリティサービスを創るAndroidエンジニア
『すべてのクルマで移動できるとしたら、な未来を目指して』 Azitはモビリティプラットフォーム「CREW」を開発するスタートアップです。 CREWは、クルマを社会全体で所有する時代に向けて、「信頼関係が育まれるコミュニティ」と「最適な需給バランス」を提供する、モビリティプラットフォームです。 ▼代表吉兼のインタビュー記事 運賃は自由に決める。平成生まれベンチャーが進める「モビリティ革命」 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56473 ▼メディア露出 〈日経新聞〉配車サービスのAzit、9億円調達 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34904780T00C18A9000000/ 〈bouncy〉新しい移動の形? 誰かのマイカーを呼び出せるスマート送迎アプリ「CREW(クルー)」 https://bouncy.news/38305 〈日経X TREND〉「C2Cのピュアな関係」が支える“相乗り”サービスのCREW https://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/contents/casestudy/00009/00010/?i_cid=nbpnxr_index
株式会社Azit(CREW)
オープンポジション
オープンポジション/日本独自のドライブシェアサービスを共に創る仲間募集!
『すべてのクルマで移動できるとしたら、な未来を目指して』 Azitはモビリティプラットフォーム「CREW」を開発するスタートアップです。 CREWは、クルマを社会全体で所有する時代に向けて、「信頼関係が育まれるコミュニティ」と「最適な需給バランス」を提供する、モビリティプラットフォームです。 ▼代表吉兼のインタビュー記事 運賃は自由に決める。平成生まれベンチャーが進める「モビリティ革命」 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56473 ▼メディア露出 〈日経新聞〉配車サービスのAzit、9億円調達 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34904780T00C18A9000000/ 〈bouncy〉新しい移動の形? 誰かのマイカーを呼び出せるスマート送迎アプリ「CREW(クルー)」 https://bouncy.news/38305 〈日経X TREND〉「C2Cのピュアな関係」が支える“相乗り”サービスのCREW https://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/contents/casestudy/00009/00010/?i_cid=nbpnxr_index
株式会社Azit(CREW)
株式会社Azit(CREW)では一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる