1
/
5

【社員インタビュー】楽しそう!という直感が決め手 メンバーの満足と納得が自分の成長の証

こんにちは、広報の岩本です(^o^)/


2019年に入社し、現在開発メンバーをまとめる
VP of Engineeringとして活躍中のマネージャーにインタビュー!

優秀な人に囲まれて仕事できるのがとても楽しい!と語る彼のインタビューをどうぞ✨


独学で学びITエンジニアの道へ

大学生の頃からITに興味を持ち始めて独学で勉強し、クラウドソーシングを活用して個人で仕事を受注したりしていました。大学卒業後はその仕事で知り合った社長の会社にエンジニアとして入社し、約4年在籍していました。ちなみに大学の専攻は総合情報、ゼミでは経営学を勉強していました。
入社した会社はシステムの受託開発をやってる会社で、最初はプログラムを作ったりしていましたが、半年くらいでプロジェクトリーダーを任されコードをあまり書かなくなり、そのままマネージャー的な仕事をするようになって、事業部のリーダーとして各メンバーの案件管理や品質担保、クライアントとのやりとりや仕事の継続受注など、コミュニケーション力を要する営業的な仕事もしていました。



楽しくないと続かない

偶然アクシスモーションの役員の方と知り合う機会があって名刺交換したんですが、その時は転職のことは全く考えていなくて、今考えるとまさかその後自分が入社することになるとはって感じです笑
それから半年くらい経って転職を考え出したタイミングでは、他の会社からも数社お声がけいただいててかなり選択肢は多かったんですが、やっぱり楽しそうじゃないとキツイかな、続かないかなっていう思いがあって。役員の方々がスーツを着ずに客先に向かっているのを見たり、フレックス制度もありますし、縛られてる感じがなくて自由で楽しそうだなぁと。この「楽しそう!」という直感が、最終決断の決め手でしたね。



役割に応じてモード切り替え

入社直後はアプリの開発をしていましたが、開発チームの組織作りをしないといけないというタイミングが来て、半年くらいでマネジメントをするようになりました。今はもちろんコードも書いていますが、"VP of Engineering"という役割でクリエイター全員のマネジメントをしている時間の方が長いです。
エンジニアモードは自分がやりたいようにやるというか。でもマネジメントしてる時は自分のこだわりよりも、メンバーのやりたいこと、向かっているところにどうやってうまく行けるようにするか応援するっていうスタイルです。疲れた時は単にコード書いてる方が楽だったりもしますけど、どっちのモードも好きですね。IT業界自体がそもそもマネージャー不足ですけど、前職でも現職でもマネジメントしていることを考えると、消去法的な感じだけど僕は他の人より感情を抑えたり、モード切り替えが早いのかなと思います。



マネジメントしながら共に成長していく

アクシスモーションでマネジメントするようになった時、前の会社でもやってたから大丈夫かな〜と漠然と考えてましたけど、最初本当にダメで。前の会社では4年在籍してたし、入社歴が自分より長い先輩が部下にいることも少なくて立場的に有利だったりで色々とやりやすかったけど、アクシスモーションでは後から入ってきた僕がある日突然上司です!みたいな。お互い気を遣ったり遠慮したりで、全然うまく行かなかったですね。だけど積極的に話しかけたりしてコミュニケーションを取るようにしていくと、徐々に思ってることとか言ってくれるようになって。やっぱりそもそもの信頼関係ができてないと、マネジメントってできないですよね。
今はメンバーと1on1とかやってると、基本OKRの進捗とかがメインですけど、こういうことで困ってるんですよねって相談してくれるようになったり、プライベートな話もするようになりました。「連休何してた?」「山行ってました〜」「〇〇が外出てないっていうから今度連れてったってよー」みたいな笑

会社は、すごく仕事熱心な人が多いと思いますね。自分からこれお願いしたいとか、逆にこうしたいんだけどできるかなって言われたり、チーム間での相談もしやすいと思います。今はリモートだからできないですけど、出社してる頃は毎週火曜日にエンジニア全員でランチに行ってましたね。
開発チームを大きくしていきたいという思いがあるので、もちろん採用計画とリンクしてますけど、チームが大きくなっても大丈夫な仕組みだったり、組織づくりに取り組んで行きたいと思っています。そのためにも、採用、頑張ってます!もちろん採用だけじゃなくて、開発チームのメンバーが満足して、納得して仕事できる環境を提供してあげられるように。それが僕の仕事ですね!
チームもだけど会社全体が新しいことに寛容だから、新しい技術にチャレンジしたいとか、何か新しいことに挑戦したいっていう人にはすごくいい環境だと思います。単純に優秀な人がいっぱいいて楽しいですし、優秀な人から色々学べて勉強できる、成長できるのが楽しいですね。


ギグベース株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング