1
/
5

全社横断プロジェクトを担う3年目若手社員。常に泥臭く全力で取り組む、彼が見据えるその先とは。

こんにちは! auコマース&ライフ採用広報担当です。
今回は前回に引き続き、2018年に新卒入社し活躍するメンバーをご紹介いたします。
「とにかく泥臭く。」がモットーの彼が語る入社後から現在の熱い仕事ぶりをぜひご覧ください!

東野 賢人(Kento Higashino)
2018年4月に旧株式会社LUXAに新卒入社。奈良県出身。大学時代は関西の某テレビ局で4年間アルバイトを経験。就職活動でもエンタメ業界を見ていたが、ふと出会った当社に惹かれ入社を決意。現在では営業本部MD戦略部戦略推進グループにて物流コストや既存業務コストの分析/改善を担う。

求められる「巻き込み力」、奮闘する日々

ーまずは現在担当している業務・ミッションについて教えてください

 その時々によってミッションは変わりますが、基本的に数字を見ていることが多く、『分析する・傾向を見つける・改善案を生み出す』ということを一貫して行っています。例えば、自社販売商品の物流コストの最適化や、社内の既存業務の運用フロー改善などがその一部ですね。
 さらに詳しく例を挙げると、これは前の下期のミッションでもあったんですが、各地にある自社倉庫の中でも一番物流量が多かった倉庫のデータを、アクセスツールなどを駆使してシステム化する、といったことをしていました。これまでは基幹システムと各地の委託倉庫のシステムが連携されておらず、手作業で反映していたんです。この取り組みを経て、より正確に安全にお客様のもとに商品を届けるということができるようになりました。

ー全社横断ミッションとも呼べる難しい領域だと思いますが、どう感じていますか?

 確かに難しい領域ですが、とても貴重な経験ができていると感じています。プロジェクト推進を中心になって行うので関わる部署が非常に多く、MD、ロジティクス、営業、カスタマーサポート、マーケティングなど自社販売に携わる全ての部署を横断的に見ており、その中でも各部署のリーダーや部長、プロジェクトによっては役員陣と日々コミュニケーションを取っています。ただ関わる人が広く多いほど、少しの認識のズレが大きな亀裂を生んでいくので、全てにおいて共通言語を作ることが難しいなと感じたりもします。ただ私の上長が「いち早く活躍したい、市場価値を高めたい」という自分の意思を理解してアサインしてくださった、与えられたチャンスだと思っているので、その大変さも願ったり叶ったりですね。笑

点と点が線になった、入社後配属されたロジティクスでの経験

ーこれまで一番大変だったことはなんですか?

 先ほどお話しさせていただいた、主力倉庫のデータ連携を安定した運用に持っていくプロジェクトですかね。実は去年の10月に異動してきたんですが、その後すぐに着手したのがこのプロジェクトでした。物量が多いと少しの事故も大事故に繋がるので、その緊張感の中でデータを触るということがこれまでにない経験でした。手探りの状態で、もちろん辛いこともありましたが日々自分で成長を感じることが嬉しくもありました。その中で自分を支えてくれたのは、異動前の経験でしたね。

ー異動前は何をしていましたか?

 新卒で入社して配属された先はロジティクスでした。『入荷から出荷まで、物流の全工程を理解する』というミッションのもと現場の運用も経験し続け、気づけば1年経っていました。正直このミッションの意味を当時は本当の意味で理解しきれてはいなかったんですが、今になって身にしみてこの経験の価値を感じています。
 物流に関するデータの分析を行っているという話がありましたが、僕にはそのデータ1つ1つが倉庫の動きとして読み取れてしまうんです。これは実際に現場のフローを全て見て、経験してきたからこそ理解できるものだと思います。現在の部署ではロジティクス経験者がいない中、この経験は僕の強みにもなっています。過去の経験が今自分の糧となっている、点と点が線になる面白い感覚ですね。今でも商品が入荷してからお客さまの手元に届くまで、何が起こっているか全部説明することができます!

より高く、広い視野で働き続けたい

ーそもそもどうしてこの会社に入ろうと思ったんですか?

 実はあまり人に話したことがないんですが、就職活動ではほぼエンタメ業界しか見てなかったんですよね。大学4年間、関西の某テレビ局でアルバイトをしていたんですけど、色々な番組でADなども経験していく中で、もうTV業界しかないだろうとさえ思ってました。ただ結果的に、なかなかエンタメ業界とはご縁がなく……。最後小さな制作会社やフリーランスでも頑張ろうと思っていた最中、ふと友達に勧められた就活情報サイトを見ていたら合併前の株式会社LUXAと出会ったんです。そこで『こんな会社もあるんだ。』とエンタメ業界以外にも就活を広げるようになったんですが、最終的にLUXAに決めました。
 決め手は『風通しの良さ』でした。若手社員、中には自分と2つしか変わらない先輩が活躍されているお話を聞いたり、まだまだ成長フェーズな会社の様子を見ると、ここでなら自分もいち早く活躍し、広い視野で色んなことに挑戦し続けられるのではないかと思えました。

ーこれからの目標は?

 全社的なプロジェクトのPM、POをもっと経験したいと思っています。プロジェクトを推進できる人材とは、『周囲の人と円滑にコミュニケーションが取れて、巻き込んでいける人』だと思っているのですが、この力はどの業界、どの職種になっても生きる力だと思うので、今後の経験を通して身に付けていきたいですね。まさに、今の自分の上司がそんな人材なので、その人たちのようになりたいと思っています。
別視点の目標としては、私生活の面で未来の家族が楽しく暮らしていけるくらい稼げるといいなと思います。

ー最後に未来の後輩、22卒の皆さんに向けてメッセージをお願いします!

 1番伝えたいのは、『何事も泥臭くやってみるのが大切』ということです。要領が良いと、少しの情報でなんとなく分かって、なんとなくできてしまうことってあると思います。ただ小手先だけで物事を理解した気になっていると、本当の全体像を理解するまでに何度もつまずいて、少し学んでを繰り返さないといけません。僕はロジティクスにいた頃も今も、常に物事の構造を理解しようと努めてきたからこそ、今があると思っています。最初はなぜやるのかわからないことも、泥臭く吸収する時間だと割り切って、全てを理解することに集中することで、より早くステップアップしていけると思います。

auコマース&ライフ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています!

9 いいね!
9 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング