1
/
5

「一生懸命さはきっと伝わる。」異動後半年足らずで月間賞連続二冠の偉業を成し遂げた、彼女の魅力とは。

こんにちは! auコマース&ライフ採用広報担当です。

今回は、記念すべき第一回目の社員インタビューとして、2018年に新卒入社し活躍するメンバーをご紹介いたします。
キュートな印象からは想像もつかないパワーの持ち主。彼女の仕事への情熱と活躍の秘訣に迫ります!

香川 みなみ(Minami kagawa)
2018年4月に旧株式会社LUXAに新卒入社。マーケティング職からECコンサルタントという型破りのステップにも柔軟に対応し、現在では営業本部ストアコンサルティング2部レジャーライフグループの第一線で活躍している。

マーケティング部門で得た知見を活かしたECコンサルタント

ー現在の具体的な仕事内容やミッションを教えてください。

 旧LUXAに入社後、プロモーション推進部に配属され、新卒ながらも販促企画のオーナーを担当していました。2年弱くらいで今のストアコンサルティング部(=ECコンサルタント。以下ECCと表記。)へ異動となり、現在はレジャーライフカテゴリの約80店舗の流通最大化・広告販売・店舗運営サポートを行っています。スポーツや音楽、おもちゃなど幅広い領域を担当していて、1店舗あたりの売り上げは100万~300万が多く、なかには1,000万以上の店舗様も。各店の課題や目標をヒアリングし、ご提案したイベントの広告枠へ掲載をいただき売り上げが伸びた時や、商材ごとの特徴と市場・モール内での特徴を捉えて、店舗様とのコミュニケーションへつなげられている時に面白味を感じます。

 ミッションとしては、部署内では流通向上・広告契約・月ごとのテーマアクションの3つで、グループ内では今後シーズナル企画の仕込みを学び、担当させてもらう予定です。また、異動して3カ月後くらいからは新卒の育成プロジェクトにも参加しているのですが、新卒と中途の間に立つのは、新卒第一号でECCに入った自分ならではのミッションなのかなと思っています。

ーどのような時にやりがいや難しさを感じますか?

 なかなか広告を買っていただけない店舗様が買ってくれた時や、「au PAY マーケット」へ期待していると言ってもらった時、そして売り上げが伸びたと喜んでもらえた時には、がんばってよかったなと思います。

 難しさでいうと、他社との比較をされてしまうことですね。どうしても「au PAY マーケット」は後発サービスなので、「より多く売れるモールの方に販促費を積みたい」などと言われてしまうこともあります。その中で“まだ成熟していないマーケットだからこそ伸びる余地があること”など、当社ならではの魅力をいかにお伝えできるかが重要。どこまで店舗様をやる気にさせられるか、向き合ってもらえるかを考えながらコミュニケーションをとるのは、難しくもありやりがいのある部分です。

他メンバーより経験が浅いからこそ、一生懸命さを武器に失敗を恐れずアタック

ー部内で2カ月連続の二冠を獲られたとか。若手ながらも活躍する秘訣は?

 ありがとうございます(笑)。実は7月と8月に流通と広告の実績で目標達成率一位を獲ったのですが、それはこれまでコツコツと積み上げてきた成果が出たというか。「この時期にこれを売るため、今はこれをしませんか?」など、店舗様へ積極的に連絡を取り、課題や要望などを伺いながらご提案し続けてきた結果、約40人ほどの部署で連続二冠を達成することができたのだと思います。
 私が営業するうえで最も大事にしていることは、“一生懸命さを伝える”こと。知識も経験も少ない中でいかに戦っていくかを考えた時、何事にも一生懸命に、そして誠実さを持って各店の課題や要望に真摯に向き合うことで、お客様から承諾を得たケースも多いです。

広告からWEBサービスへ業界変更。誰もがチャレンジできる環境に飛び込む

ー就職活動の開始時期や軸などを教えてください。また、auCLへの決め手は何ですか?

 就活を始めたのは3年の11月頃。元々は感動するCMとの出会いをきっかけに広告業界を志望していましたが、なぜかデジタル系に特化した広告会社ばかり選考に進めたので、WEBサービス業界も調べるようになりました。

また、軸としていた
 ①媒体を通して人に広く発信できること
 ②コンサルティング型(無形商材)の営業ができること
 ③人として成長できる環境であるかということ
の3つにもフィットしたので、業界は違ってもいいかなって。

 次第にECの今後の可能性、成長性に魅力を感じるようになり、当社の説明会に参加。大規模なサービスと独自サービスの2軸があること、そして新卒でもチャレンジできる環境にあることに惹かれていきました。それから選考が一番楽しかったのもauCL(当時のLUXA)でした! 面接が機械的だった大手企業に対し、当社は些細な質問にも丁寧に答えてくれて、素敵な人ばかりだったんです。面接ではいきなり「企画してみて」と言われ、他にはない感じがおもしろかったですね。回答にもディスカッション形式で真剣に対応してくれたり、がんばりを褒めたりしてくれて、ちゃんと見てくれていることに感動したのを覚えています。


ー入社後に感じたことやギャップはありましたか?

 新卒への注目度や期待値の高さがすごい! もちろん配属後の研修期間はメンターとの1on1があるなど手厚いフォロー体制がありますが、いざ独り立ちすると新卒・中途関係なく、一社会人としてしっかり仕事を任せてもらえます。私自身、1年目から部長クラスの方々とMTGをしたり企画を通したりと、配慮はありつつも現社員と同じレベルで扱ってもらえていたので、成長できる環境にあることはとっても魅力だと思います。
 ギャップを挙げると、WEBサービスって無機質なイメージでしたが、意外とサービス業っぽさが強いことですかね。店舗様からの相談やお客さまからのクレームなどもあり、人が近くにいるんだなと実感します。WEB広告のように完全なBtoBだと見えづらい部分だと思いますが、“ECといえど小売”なのでユーザーがそこにいる感じがあり、接客業と同じだと思っています。

目指すは新卒文化の発展と、さらなる社会人&営業スキルの習得

ー自身の今後の目標を教えてください。

 私、後輩が大好きなんです(笑)。ECC初の新卒として、20卒の子達と一緒に新卒文化を作って盛り上げていきたいです!
 あとは中途の方々のレベルに追いついて、さらに一人前になることですね。社会人歴では到底敵いませんが、膨大な仕事量をパッとこなして定時で帰られる皆さんを見ていると、私もこんな風に効率よく働きたいなと思います。
 また、ECCは仕事とプライベートをしっかり分けているので、料理教室に行ったり、資格を取ったりと趣味に時間を使いたいです。

ー会社へこれから期待していることは何ですか?

 まずは現状をいかに伸ばしていくか、ということですね。今はどうしても他社に追随している部分があるのですが、auCLとしてまだまだできることはたくさんあると思っています。どんどん認知度を高めていき、店舗様にとってもユーザーにとっても独自性を見出していきたいです。
 また、今後LUXAのコト商材がどうやって「au PAY マーケット」に組み込まれていくのかが楽しみです。

ー最後に新卒の方へメッセージをお願いします!

 私自身、就活はたくさん悩んで葛藤もあり、全てが分からなくなったこともありました。数カ月間、さまざまな感情と徹底的に向き合い、多くの人に助けてもらいながら感じたものを面接にぶつけて、最後まで諦めず納得のいく一社を決めてもらえるといいかなと思います。大手もベンチャーも含め、自分の価値観を照らし合わせたうえで、auCLがいいなと思ってもらえたら嬉しいです。
 そしてもしECCに入ってもらえたら、一緒に盛り上げていきたいです!

auコマース&ライフ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています!

8 いいね!
8 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう