1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【対談インタビュー】みんなから慕われる2人のマネージャ―。メンバーに対する想いが、人を、組織を変化させていた

こんにちは! Attackの志摩です。今回はメンバーのマネジメントを担当する、コーディネーターの山本 奈緒(やまもと なお)と、プランナーの池田 麻理(いけだ まり)にインタビュー。マネジメント業務のやりがいや厳しさ、今後の目標、候補者の方へのメッセージなどをお届けします。ぜひ最後までお楽しみください!

▼2人の単独インタビューはこちら

Q.学生時代や前職でマネジメント経験はありましたか?

山本:学生時代のアルバイト先で、チーフとしてスタッフ教育やシフト作成、面接、売上管理など幅広く経験しました。特に印象に残っているのは、業務日誌を通じて交換日記のようなやり取りをしたこと。スタッフ同士が何でも話せる関係性になり、職場に活気が湧いてきたんです。この経験からコミュニケーションの大切さを学びました。

また、前職のコールセンターや人材紹介会社でも新人教育を担当していました。コールセンターは人数が多かったので、サービスに関する説明会を開催することも。人材紹介会社では、マンツーマンで業務をレクチャーしたり、必要に応じてマニュアルを作成したりしました。

池田:同じく過去にマネジメント経験があります。前職では新卒メンバーのメンターや、メンターを束ねるアドバイザーも担当していました。また、新卒入社した食品メーカーで初めて新卒のメンターを担当しましたが、当時私も2年目と経験が浅く、イチから物事を教える難しさに直面しながらも、良い経験をさせてもらったと思います。

Q.現在、どのようなマネジメント業務を担当していますか?

山本:Attackの事業拡大や増員に伴い、徐々にマネジメントの担当領域が広がっていき、現在はメンバーとの週に一度の1on1MTGや、コーディネーターMTGの主導、オペレーター業務の振り分け、クラウドワーカーさんのマネジメントなど幅広く担っています。1on1MTGは、コーディネーターメンバー(谷合澤井藤井髙山)と行い、現状把握や困っていることなどをヒアリングし、必要に応じて改善策をアドバイスしています。

池田:私も同様に、プランナーの髙橋近江、行光、プランナーとコーディネーターを兼務している加納と、毎週1on1MTGを実施し、各プロジェクトの状況を把握したり、何か問題があれば一緒に改善策を考えたりしています。また、プランナーMTGも主導しているのですが、私が入社した当初は、それぞれがプロジェクトの振り返りや共有を行うことがメインになっており、活発に発言するメンバーも少なく、ミーティングよりも報告会のような印象でした。そこで、メンバーみんなが本音を言いやすいように、愚痴や悩みをフランクに発言するディスカッションタイムを設けました。さらに最近では、主に社内プロジェクト(マーケティングや業務改善)や営業を担当するメンバーから、進捗報告や相談を受ける時間も設けています。少しでもプランナー同士の連携に繋がっていたら嬉しいですね。

ちなみにプランナーMTGは、毎週2時間実施しているのですが、そのうち30分~1時間いただき、私主催のエンジニア勉強会を開いています。前職はITフリーランス専門のエージェントなので、そこで培った知見をみんなに共有できればと考えたのがきっかけです。約1か月間毎週実施したところ、メンバーから個人的に「エンジニアの言語について教えてください」「この専門用語ってどういう意味ですか?」などと質問されることが増え、以前よりも興味を持ってくれているようでとても嬉しいです。

Q.マネジメント業務のやりがいを教えてください

山本:1on1MTGなどで仕事の相談を聞いた時や、メンバーにとって必要なことを適切にアドバイスできた時、それを実際に業務に取り入れてもらえた時にやりがいを感じます。具体的には、メンバーから「業務量が多く目の前の業務をこなすことで精一杯なんです」といった相談を受けた際には、業務を適切に素早く遂行するために、タスク管理方法や業務の優先順位のつけ方、効率の良い進め方をアドバイスしました。その結果、メンバーから仕事を進めやすくなったと感謝してもらえて、嬉しい気持ちになりました。

また、マネジメント業務以外に担当しているコーディネーター業務や、業務改善プロジェクトに伴うマニュアル作成などの通常業務では、関わるメンバーが限られているので、マネジメント業務を通してみんなとコミュニケーションを取れることは、とても楽しく、やりがいに繋がっています。

池田:メンバーの変化を実感したり、感謝の言葉をもらったりすると、頑張りが報われますよね。私はマネジメントをする上で、メンバーを一歩でも前進させて、本人が自信を持てたり、周囲からの評価が上がったりと、少しでも良い影響を与えられるように意識しています。そして最終的に、組織全体の成長にも繋げることがミッションだと捉えています。そのため、メンバーから「課題が明確になって具体的な目標ができました」「自分でできることが増えて前向きな気持ちになりました」などと、変化が起きたことを報告してもらうと、自分の言葉や行動が役立ったのだと嬉しく思いますね。

Q.反対に、マネジメント業務の厳しさは何ですか?

山本:マネージャ―として求められていることを実現できない場面が多々あることです。自分のスキル不足から、メンバーの成長に繋がる具体的なアドバイスができず、苦戦することも多いです。今後もメンバーと組織に貢献できるように、努力していきたいと考えています。

池田:上手くいかないこともありますよね。私はマネジメントにおいて、相手の気持ちを汲み取って、同じ立場で物事を考えることが、何よりも大切だと考えています。しかしそれは、決して簡単なことではありません。メンバーは経験やスキル、性格、入社時期など全て異なるため、自分の経験則だけで対応することは難しいです。それぞれの立場で課題に向き合い、相手に合わせて言葉を選んだり、改善策を練ったりする必要があります。この厳しさは前職から感じていたので、これから少しずつ乗り越えていければと思います。

また、メンバーに対して、考え方そのものを教える必要もあると感じています。事実を正確に捉え、論理的に課題解決する手法である『ピラミッド・ストラクチャー』や『なぜなぜ分析』などを、一緒に取り組みながら教えているところです。私もロジカルシンキングは苦手分野ですが、仕事に役立つ場面が多いと感じているので、今後も積極的に取り入れていければと考えています。

Q.今後の目標を教えてください

山本:まずは、常にみんなの見本となるようなコーディネーターでいることを心がけたいです。プロジェクトによってお客様の業界や担当職種、進め方など全く異なるので、今でも知らない領域はたくさんあります。もっと知識を深め、メンバーのどんな相談にも応えられるようになりたいです。また、マネジメントに関しては、池田さんに様々なことを教わっています。私も池田さんのように、困った時に相談したいと思える存在になりたいですね。

池田:ありがとうございます…! 先ほどもお話ししましたが、まずはメンバーみんなが、一歩でも前に進んだことを実感し、自信を持てるようにサポートすることを目指しています。そして将来的には、それぞれが明確な目標を持ち、自分の力で成長できるメンバーを増やしていきたいですね。それに伴い、Attackという組織そのものも飛躍していくと考えています。そのために、私自身も成長しながら、1on1での課題解決を徹底するなど、メンバーや組織に貢献していければと思います。

Q.最後に候補者の方へメッセージをお願いします

山本:Attackは何か困ったことがあっても、質問しやすく、お互いに支え合う雰囲気があります。まだまだこれからの会社なので、既に決められたフローに沿って進めていくよりも、積極性を持って、組織と一緒に成長していきたいという方が向いていると思います。

池田:山本さんのおっしゃる通り、会社自体も成長段階にあります。自ら提案できる方や、チャレンジ精神旺盛な方にピッタリです。変化の多い組織でもあるので、臨機応変な対応が得意な方にも向いていると思います。少しでも当てはまる方は、ぜひお気軽にご応募ください!

最後までお読みいただきありがとうございます。ぜひ他の社員インタビューもご覧いただき、少しでも興味をお持ちでしたら、ご応募いただけると幸いです。ご一緒できることを楽しみにしています!

Attack株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう