Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【お誘い】行動認識AI「アノラ」を世界一のテクノロジーにしませんか?

はじめまして、株式会社アジラで代表を務めさせて頂いております、木村と申します。

本日は当社の技術「行動認識AI」を世界一にするために、Wantedlyにご登録されているシニアクラスの皆さまをお誘いしたいと思います。ぜひご覧頂いて、我こそはと思われる方はお声がけください。

それでは、さっそくご紹介から始めたいと思います。

行動認識AI「アノラ」とは

公式サイトの中段に、このようなブロックがあります。私、いま海外なのでこの番宣ビデオ(Youtube)に視聴制限がかかっていて見れないのですが、ご覧頂くとだいたいどのようなものかご理解頂けると思います。簡単に言うと「映像にうつる人の行動を認識する」しくみです。

広すぎる用途

「人の視覚野の代替」と謳っているだけあり、非常に広い範囲で利用が模索されています。

これまで「こんな事できないか?」と、ご相談頂いた企業様は、9業界34社にのぼります。現在は、防犯セキュリティ、自動車、農業を含むファシリティの業界に絞って製品開発に向けてプロジェクトを進めております。

2020年、いよいよ今年、その実用化が本格化すると多くの皆さんが判断した契機になったのは、商用のエッジAIデバイスが各社様から販売開始となったことです。このプロジェクトに携わると、社会へのAI実装が着実に進んでいる空気が感じらます。

コア・テクノロジー

行動認識AIを実現させるためのコア技術は大きく4つあり、行動認識の認識率(F1score etc)を高めるため、エッジAIに搭載するために、それぞれのアルゴリズムを相互に最適化しています。それぞれがアジラ社のオリジナル技術であり、100%熟知していることで相互最適化を可能にしています。

世界を見据えた知財戦略

行動認識技術に関しては国内で先行していたこともあり、かなり広範な特許を取得させて頂いております。こちらの詳細につきましては、日本工業出版様の画像系専門誌「画像ラボ」の2020年4月号を是非御覧ください。木村、渾身の記事が掲載される予定です。(※現時点ではまだ未発売)

また、今年の1月に国内特許の取得が完了した「不審体・異常体検出装置」に関しては、国際特許出願済みです。こちらは空間内の異常を検知する自律学習を搭載したプロトタイプを開発中で、以前JETROさん経由で米国の自動車業界から問い合わせが来たこともあり、国際特許の出願と踏み切りました。

なぜアジラは「行動認識AI」と「AI-OCR」の異なる2つの事業をしているのか?

よく聞かれる質問なので、お答えします。ベース技術が同じだからです(下図参照)。

2015年、当社は「行動認識AI」の企業として創業しましたが、ビジネスとしてスケールすさせるためには、前述の商用エッジAIデバイスを待たねばなりませんでした。推論モデルの性能や圧縮技術を粛々と研鑽しつつ、開発用のエッジAIデバイスに搭載して顧客にデモしに行く日々でした。

取引先にデモに行って、その当時から行動認識AIの評価は高かったのですが、「それはさておき、御社にAI-OCRはないのか?いまあるものは値段が高いし、そんなに精度が高くない。御社の技術なら高い精度のAI-OCRが作れるのでは?」と複数のお客様から言われていました。調べてみたところ、行動認識AIと比較して、技術的な難易度が低かったため、このニーズにお応えする形でAI-OCR市場に参入しました。

お誘いしたい方

当該テクノロジーで世界一を目指していく上で、下記の職位の方を募集させて頂きます。

職位:プロジェクトマネージャー

・国内外の大学/大学院卒業
・ビジネスレベルでの日本語と英語(SlackやZoomなどでビジネスコミュニケーション可能)
・ビジネスインパクトを考慮して優先順位をつけ、効率よく複数のプロジェクトを同時に手がけることができる方
・デジタル業界においてプロジェクト・マネージメント経験が3年以上(PMP保持者尚可)
・デジタル業界における、フロントエンド/バックエンド/エッジデバイスの技術的な理解がある方
・かつて無い新しいソリューションをゼロから推進した経験がある方
・曖昧な状況からも自身で複数のステークホルダーと調整・折衝を行い物事を解決に導いた経験がある方
・業務効率化、生産性向上のためにプロセスやワークフローを構築できる方
・ベトナム拠点に定期的に足を運べる方

ディープラーニング、機械学習、エッジデバイスの深い知識についてはゼロベースでも構いません。上記のスキルがお有りであれば当社のカリキュラムですぐにキャッチアップできると考えています。

私はプロジェクトマネージャーこそ、スタートアップで躍動する人材だと信じています。
ご参考:「スタートアップで躍動する人物像」の考察(1)プロジェクトマネジメント能力

更新履歴

・2020/03/01に meetupを設定させて頂きました。ぜひご応募ください!大手町でお会いしましょう!

株式会社アジラでは一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう