1
/
5

案件も人材も惹きつけちゃう♡アジアクエストQiitaチームの実態

おはみである!アジアクエストそのぴぃです🐓

最近気分でカラオケアプリを入れてみました🎤

「最近夜中に大声で歌っている人がいる👹気ぃつけなはれ」というマンションの貼り紙が以前からあったのですが、カラオケ人口が高いマンションなのかもしれないです。
私の美声で新たに貼り紙を増やさないのが当面の目標ですかね。(?)


アジアクエストにはWantedlyの記事を書くチームがあるのですが、

実は、Qiitaを書いているチームもあるんです📝



しかもQiitaをのぞいてみると、なんかランクインしてるぞ……⁈👀

月間ランキング5位やとぉ!?🏆(※「初心者」タグ内)

同じライター同士どんな活動しているのか気になる!

ということで、Qiitaチームを取りまとめている菊池さんに聞いてみました🔍

インドネシアからインタビューに答えてくれました!
ちなみにインタビュー途中、上↑の素敵な笑顔で画面が固まったので、そのままキャプチャして使わせていただきました🌞笑

菊池さんのQiitaページはこちら↓↓↓


■AQのQiita Organizationができた経緯は?

個人でQiitaを書いている人が元々何人かいてたんですよね。
QiitaやほかのSNS経由で案件をもらったりしている同期(すごい😳)もいるので、個人で活動しているだけになっている状況がもったいないと感じていました。

一方、他社では個人的なブログ活動を会社の取り組みとして評価している仕組みがあるのを知ったんです。
Qiita上で個人アカウントと会社を紐づけることで、個人にあまり弊害が出ることなく、個人の活動が会社に還元でき、会社からも評価される仕組みができてWin-Winなのでは?
ということで、2021年から個人アカウントと会社の紐づけ(Organization)を始めました。


■参加者はどういう人が多い?

始める前から一緒にやってくれそうな人2~3人に声をかけていました。
その後アジアクエストのSlack上で仲間を募集したところ、21年5月時点で17人が紐づけてくれました。
入社したばかりの21卒や営業メンバーも書いてくれています!


■Qiitaに載せている記事はどのくらいのレベル感が多い?

書く内容やノルマは特に定めていないので、各個人に任せていますね。
初心者寄りの記事も多めではありますが、基本最近自身が業務でやった内容をまとめているケースが1番多い印象です。


■投稿頻度は?

特に決めていないのですが、大体週1くらいで誰かしらはあげてくれていますね…。
あるメンバーは火がつくと一気に何本も投稿したりしています🔥(笑)


■Qiita書いててなんか良い影響があったという噂を聞きましたが……

中途採用のカジュアル面談時に「社員のQiitaを見て応募しました!」と言ってくれた候補者の方がいました。

僕自身も紐づける前と比べてPV数は増えたように感じます。
例えば僕が書いたとある記事では27000PVあるんですが、単純に計算してもアジアクエストのロゴを27000回も人の脳裏に焼き付けてるってことですよね。
影響力すごくないですか?(笑)


■今後どういう風にしていきたい?

アジアクエストの技術力が証明できる場所の1つになれば良いなと思っています。
Qiita経由で案件の依頼が来ると、競合の心配も少ないですし。

あとは「アジアクエストは学べる環境がありそうだな」「Qiitaを書いているこの人と働きたい!」といった人が出てきて、転職の志望動機になってくれるのも期待しています。

直近の目標でいうとタグごとにランキングがあるので、色んなタグでランキング入りができるようにしていきたいですね🏆

とはいえまだ始めたばかりですし戦略的に狙って行っているわけではないので、今まで通り皆でお互いを刺激し合いながらコツコツと積み上げていければと思っています。

ガッツリ力入れてやってます!というよりかは、割と各個人に任せて伸び伸びアウトプットしている様子が伝わってきました。

Wantedlyは会社の雰囲気や社員の様子(社内カルチャー)が伝わる媒体だとしたら、QiitaのOrganizationは会社の技術力が伝わる媒体になるんですね!

これからも社内カルチャー技術力それぞれの面で皆さんに情報発信をしていこうと思います💪✨

ぜひ、Qiitaのアジアクエストページものぞいてみてくださいね!!↓↓↓

アジアクエスト株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう