This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

≪19新卒紹介 vol.9≫最高の環境で好きなプログラミングを好きなだけ

第9回目の新卒紹介は山口 雅俊(やまぐち まさとし)さん。

webソリューション1課に配属された山口さんにインタビューしてみました!


19卒 デジタルインテグレーション部webソリューション1課 山口雅俊
大阪府出身。ビジネス・ブレークスルー大学 経営学部 グローバル経営学科卒業。
大学の授業で「時代はIT」と聞いたことをキッカケに、プログラミングの勉強を独学ではじめた。
現在はwebエンジニアとしてアジアクエストで活躍している。


自分に合う業種を探していた大学時代

Q. これまでの経歴について教えてください

あまり耳馴染みがないと思うのですが、ビジネス・ブレークスルー大学というオンラインの大学に通っていました。実務的なビジネスの知識が欲しかったので、一番良い大学はどこだろうと探した結果
この大学にしましたね。在学中はとにかく意識を高く持って、1学年目からインターンとして様々な企業に行っていました。日本だけにとどまらずベトナムにもビジネスインターンをしに行ったこともあります。
当時は「将来どの業種に就こうかな」ということをずっと考えていたので、まずは業種にこだわったりせずに " 営業 " や " ライター " や " ITエンジニア " といった、多種多様のインターンをしていましたね(笑)

IT系に進むと意志が固まった後は、中高生にゲーム制作を中心にプログラミングを教えるバイトに精を出しました。自分はずっと独学でプログラミングの勉強をしていたので、そこで初めて「バイト研修」として他の人からプログラミングを教えてもらえたのを覚えています。

最近はAtCoder(アットコーダー)という競技プログラミングをやっています。
競技プログラミングを簡単に言うと、プログラミングの問題を早く正しく書く競技です。
制限時間等はコンテストによりますが、AtCoderのコンテストは2時間程度なので気軽で楽しいですよ!



良いのは雰囲気だけじゃなかった

Q. アジアクエストへの入社の決め手はなんですか?

アジアクエストは、サマーインターンに行ったことがキッカケで知りました。
元々 堅苦しい雰囲気が得意じゃないのもあって自由な雰囲気のアジアクエストは良いなと感じたのと
インターン中にメンターとして教育をしてくれた社員さん達の技術力がすごく高かったことで
良い環境だし自分に合っているなと思い入社を決めました。


自分にとって最高の環境

Q. アジアクエストの社員さんにはどのような特徴がありますか

学習欲が高いな という印象があります。会社全体で技術力を高めようとしているのが伝ってくるので
自分にとってはこの環境がすごく良いですし頼もしいです。学習欲が高い人が多いのは「自分は将来こうなりたい」という目標を持っている人が多いからなのかもしれないですね。

あと、自分の直属の上長が優しいです。とにかく話しやすいですし、ちゃんと話を聞いてくれることもあってもうプライベートの悩みから仕事の悩みまで全部話しています(笑)


プライベートで大阪の山に行った時の写真


常に意識している言葉

Q. 座右の銘を教えてください

座右の銘みたいなものはないのですが、「習慣化」という言葉は常に意識しています。
習慣って絶対強いんですよ。

最近は筋トレを習慣化していて、始めてから約9kgくらい体重が増えましたね。
この調子でベンチプレスを100kg上げることが出来るように頑張りたいです。
あと、プログラミングをするにあたって作業スピードがどうやったら上がるのかなということを
考えるのが最近は習慣になっていますね。取りたい資格などもあるので、これらの勉強も
引き続き「習慣化」できるよう意識していきます。

ガンバレ!

Q. 今後入社してくる後輩に一言お願いします

頑張れしか言えない……(笑)
でも後輩は好きなので、もし自分の下に来ることになったら親身になって相談も乗るし
分からないことがあったら絶対に解決するので是非一緒に働きましょう。


~インタビューを終えて~

19卒のムードメーカー的存在の山口君にインタビューをしました!
技術力もさることながらコミュニケーション能力も高いため、
みんなから信頼を得ている理由が分かりました。
興味があることや任された仕事をストイックにやりきるところを私も見習いたいと思います!

アジアクエスト株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう